ニュース

シャネルやディオールのオートクチュールドレス集結、仏展覧会が上陸

『PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服』が、3月4日から東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催される。

19世紀後半のパリで生まれたオートクチュールは、パリ・クチュール組合の承認するブランドが顧客の注文にあわせて仕立てる高級服。ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長の監修のもとで2013年にフランス・パリ市庁舎で開催された展覧会を再構成する同展では、オートクチュールの始まりから現代までの歴史が紹介される。

会場では、シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、イヴ・サンローランといったブランドのドレスや小物、デザイン画、写真など約130点を展示。時代ごとのシルエットの変遷や、刺繍、羽根細工、コサージュなどに表れた職人技を見ることができる。

イベント情報

『PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服』

2016年3月4日(金)~5月22日(日)
会場:東京都 丸の内 三菱一号館美術館

時間:10:00~18:00(祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日、5月2日、5月16日は開館)
料金:一般1,700円 高校・大学生1,000円 小・中学生500円

クリスチャン・ラクロワ イヴニング・アンサンブル『クー・ド・ルーリ』 1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
クリスチャン・ラクロワ イヴニング・アンサンブル『クー・ド・ルーリ』 1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
ウォルト イヴニング・ケープ 1898-1900年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
ウォルト イヴニング・ケープ 1898-1900年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
スキャパレリ イヴニング・グローブ『爪』 1936年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
スキャパレリ イヴニング・グローブ『爪』 1936年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
バレンシアガ イヴニング・ドレス 1951年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
バレンシアガ イヴニング・ドレス 1951年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵 ©Katerina Jebb @ mfilomeno.com
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

インターネット世代代表 - グラフィックデザイナー GraphersRock / THE CREATION

今年4月よりスタートしたスマホ視聴推奨の縦動画メディア『THE PUBLIQ』。全6種のプレイリストのうち、「THE CREATION」から今回取り上げたのはGraphersRockのインタビュー。彼の作る作品が挟み込まれながら、テンポ良くサクっと見られる3分間。リアルな今のユースカルチャーを知りたいならうってつけのメディアになりそう。今後も楽しみ。(宮原)