ニュース

星野源がNHK大河ドラマ初出演、『真田丸』で徳川秀忠役

星野源
星野源

星野源が現在放送中のNHK大河ドラマ『真田丸』に出演することがわかった。

NHK大河ドラマ初出演を果たす星野が演じるのは、徳川幕府2代将軍・徳川秀忠役。内野聖陽演じる家康の嫡男で、真田の策略によって関ヶ原の戦いに遅参するという失態を犯すが、堺雅人演じる真田信繁と激突する「大坂の陣」での雪辱を期するという役どころだ。星野の出演時期は後日発表される。

星野の出演は、脚本を手掛ける三谷幸喜の指名によって実現したという。星野は「本当に飛び上がるほど嬉しく、今から楽しみで仕方ありません」と喜びを語っている。

星野源のコメント

数々の先輩方が演じてこられた徳川秀忠を演じられるということ。三谷さんから直々にご指名を頂けたこと。本当に飛び上がるほど嬉しく、今から楽しみで仕方ありません。初めての大河ドラマ出演、何卒よろしくお願いします。

番組情報

NHK大河ドラマ
『真田丸』

毎週日曜20:00~20:45にNHK総合、18:00~18:45にNHK BSプレミアムで放送

NHK大河ドラマ『真田丸』メインビジュアル
NHK大河ドラマ『真田丸』メインビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)