ニュース

ポンピドゥー主催の映像祭『オールピスト東京』、ボルタンスキー初期作も

クリスチャン・ボルタンスキー『L'homme qui tousse / 咳をする男』1969, Courtesy of the artist
クリスチャン・ボルタンスキー『L'homme qui tousse / 咳をする男』1969, Courtesy of the artist

上映イベント『オールピスト東京2016』が9月16日から東京・渋谷のアップリンクファクトリー、六本木のSuperDeluxeにて開催される。

『オールピスト東京』は、フランス・パリの美術館ポンピドゥー・センターが主催する国際映像祭『オール・ピスト』の日本版。日本、フランス、アジアの前衛的な映像作品を中心としたプログラムを2011年から展開している。

今回のテーマは「COMMOTION:コモーション~ざわめきの彼方に」。クリスチャン・ボルタンスキーによる初期の実験映画や、ジャン・コクトーも賛辞を贈ったというイジドール・イズー監督作『涎と永遠についての概論』、ヨーゼフ・ボイス、ダグラス・デイヴィス、ナム・ジュン・パイクによるサテライトアートの記録映像などが上映される。

さらに、若手アーティストによる映像パフォーマンスやパリ本祭とアジアで公募された作品のセレクション上映も実施。各プログラムのスケジュールはオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『オールピスト東京2016』

2016年9月16日(金)~9月24日(土)
会場:東京都 渋谷 アップリンク ファクトリー、六本木 スーパーデラックスほか

参加作家:
クリスチャン・ボルタンスキー
黒田アキ
ジュスティーヌ・エマール
渋谷慶一郎
ジャン・リュック・ヴィルムート
イジドール・イズー
ヨーゼフ・ボイス
ダグラス・デイヴィス
ナム・ジュン・パイク
LoVid
HouxoQue
山形一生
大和田俊
永田康祐
西山修平
西原尚
梅田哲也
山内祥太
南俊輔
河合政之
浜崎亮太
アジア公募作品セレクションアーティスト
オールピスト・パリセレクションアーティスト

イジドール・イズー『Traite de bave et d‘eternite』1951, Courtesy of RE:VOIR
イジドール・イズー『Traite de bave et d‘eternite』1951, Courtesy of RE:VOIR
ヨーゼフ・ボイス、ダグラス・デイヴィス、ナム・ジュン・パイク『 A Conversation』1974, Courtesy of Electronic Arts Intermix (EAI), New York
ヨーゼフ・ボイス、ダグラス・デイヴィス、ナム・ジュン・パイク『 A Conversation』1974, Courtesy of Electronic Arts Intermix (EAI), New York
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)