ニュース

『下北沢映画祭』で岩井俊二、橋口亮輔、シシヤマザキ作品など上映

『第八回下北沢映画祭』が10月8日から東京・下北沢のトリウッド、しもきた空間リバティで開催される。

2009年から開催されている『下北沢映画祭』。8回目の開催となる今回は「ニュートーキョー、ニューシモキタザワ」をテーマに掲げ、全5プログラムを用意する。

上映作品には、岩井俊二監督『花とアリス殺人事件』や橋口亮輔監督『恋人たち』、広島・尾道のCDショップに密着したドキュメンタリー『スーパーローカルヒーロー』、大橋裕之原作の映画『音楽』制作過程の映像、シシヤマザキによる短編作品などがラインナップ。プログラムごとにゲストによるトークを開催するほか、コンペティション部門では若手監督によるノミネート作品9本を大森立嗣監督らが審査する。

チケットは現在販売中。料金やスケジュール、ゲストの詳細などは『下北沢映画祭』のオフィシャルサイトでチェックしよう。

イベント情報

『第八回下北沢映画祭』

2016年10月8日(土)~10月10日(月・祝)
会場:東京都 下北沢 トリウッド、しもきた空間リバティ

上映作品:
[Aプログラム]
『スーパーローカルヒーロー』(監督:田中トシノリ)
[Bプログラム]
『花とアリス殺人事件』(監督:岩井俊二)
『音楽』制作過程映像
シシヤマザキ6作品
[Cプログラム]
『化粧師 KEWAISHI』(監督:田中光敏)
[Dプログラム]
『恋人たち』(監督:橋口亮輔)
[Eプログラム]
『I CAN SEE YOU』(監督:顧傑)
『こんぷれっくす×コンプレックス』(監督:ふくだみゆき)
『おもかげたゆた』(監督:大寶ひとみ)
『世界の終わりの、そのあとで』(監督:上田浄介)
『より道』(監督:たかひろや)
『サヨナラ、いっさい』(監督:渡邉高章)
『お姉ちゃんは鯨』(監督:村上由季)
『I think you're a little confused』(監督:小川育)
『加賀谷だけが好き』(監督:首藤凛)

『花とアリス殺人事件』 ©「花とアリス殺人事件」製作委員会
『花とアリス殺人事件』 ©「花とアリス殺人事件」製作委員会
『恋人たち』 ©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
『恋人たち』 ©松竹ブロードキャスティング/アーク・フィルムズ
『音楽』
『音楽』
『スーパーローカルヒーロー』 ©2014映画「れいこう堂」製作委員会
『スーパーローカルヒーロー』 ©2014映画「れいこう堂」製作委員会
『化粧師 KEWAISHI』 ©「化粧師」製作委員会
『化粧師 KEWAISHI』 ©「化粧師」製作委員会
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)