ニュース

渋谷慶一郎と嶋浩一郎が「すぐには役に立たない知識」語る新ラジオ番組

渋谷慶一郎と嶋浩一郎(博報堂ケトル)によるラジオ番組『渋谷慶一郎と嶋浩一郎のラジオ第二外国語』が、10月21日からラジオNIKKEI第2「RN2」で放送される。

「すぐには役に立たない知識」をサブタイトルに掲げる同番組では、「ミシェル・ウエルベック」「松本隆」「ソクラテスとプラトン」など、音楽を中心に、文学や社会、文化について、渋谷と嶋が興味を持っているテーマについて語り合う。番組のテーマ曲は渋谷が書き下ろす。なお番組への意見、質問はハガキのみで受け付けるとのこと。

放送はラジオでのオンエアとradiko.jpでの配信に加えて、番組オフィシャルサイトでオンデマンド配信される。

番組情報

『渋谷慶一郎と嶋浩一郎のラジオ第二外国語』

2016年10月21日(金)から毎月第3金曜21:00~21:30までラジオNIKKEI第2「RN2」で放送

出演:
渋谷慶一郎
嶋浩一郎

渋谷慶一郎
渋谷慶一郎
嶋浩一郎
嶋浩一郎
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)