ニュース

WEG率いるVirgin Babylon Recordsのアートワーク展、12作家が参加

『Virgin Babylon Art Works Exhibition』メインビジュアル
『Virgin Babylon Art Works Exhibition』メインビジュアル

展覧会『Virgin Babylon Art Works Exhibition』が、11月26日から東京・池ノ上のQUIET NOISE arts and breakで開催される。

world's end girlfriendによって2010年に発足したレーベル・Virgin Babylon Records。同展では、同レーベルに関わりのあるアーティストの作品やアートワークを展示する。

参加アーティストには、world's end girlfriendの新作『LAST WALTZ』のジャケットを手掛けた中国の現代美術作家ジャン・ジー、matryoshkaの全ての作品でジャケットを担当する吉本彩子をはじめ、青木裕(downy)、Vampillia、Lyら12作家が名を連ねている。来場者には同レーベルのサンプラー音源をダウンロードできるコードが配布されるほか、会場にはポップアップショップも設けられる。

なお会期初日の11月26日にはworld's end girlfriend『LAST WALTZ』がリリースされる。

matryoshka『pseudepigrapha』ジャケット
matryoshka『pseudepigrapha』ジャケット
N-qia『Fringe Popcical』ジャケット
N-qia『Fringe Popcical』ジャケット
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)