ニュース

「最高に気持ちいい邦画」語る『東京グラフィティ』に蒼井優、西野亮廣ら

特集記事「最高に気持ちいい邦画BEST75!!」が、11月23日刊行の『東京グラフィティ 12月号』に掲載されている。

映画監督やアーティスト、女優らが「○○が気持ちいい」というテーマのもと、「最高に気持ちいい邦画」について語る同特集。巻頭インタビューでは蒼井優が「最高に気持ちいい邦画」として岩井俊二監督『スワロウテイル』など3本を挙げ、各作品について語っている。また松居大悟が『菊次郎の夏』、西野亮廣(キングコング)が『ザ・マジックアワー』、志磨遼平(ドレスコーズ)が『台風クラブ』を「気持ちいい邦画」に挙げているほか、ケンゴマツモト(THE NOVEMBERS)、森達也、入江悠、チョーヒカル、東佳苗、MICO(SHE IS SUMMER)、カンパニー松尾も登場する。

『東京グラフィティ 12月号』表紙
『東京グラフィティ 12月号』表紙
西野亮廣(キングコング) 『東京グラフィティ 12月号』より
西野亮廣(キングコング) 『東京グラフィティ 12月号』より
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Teen Daze“First Rain with S. Carey”

今年2月に発表されたアルバム『Themes for Dying Earth』より新たなPVが公開。Bon IverのバンドメンバーS・キャリーをフィーチャーした同曲。自然が発する壮大なエネルギーと、見知らぬ男女が出会い、互いの心に触れようとする様子が美しく紡ぎ出されている。(飯嶋)