ニュース

伊藤淳史の家が「猫まみれ」に 映画『ねこあつめの家』予告編公開

『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会

映画『ねこあつめの家』の予告編が公開された。

予告編では、伊藤淳史演じる小説家の佐久本がスランプに悩む姿や、多数の猫が佐久本の家の庭で遊んでいる様子、忽那汐里演じる編集者のミチルが「私の人生の分岐点にはいつも先生がいたんです」と佐久本に告げるシーン、木村多江演じるペットショップの店員が佐久本に「猫って追うと逃げるよ、女と一緒」と話す様子などが確認できる。

4月8日から公開される『ねこあつめの家』は、スマートフォン向けゲームアプリ『ねこあつめ』をもとにした実写映画。のどかな土地に移住したスランプ中の小説家・佐久本勝と、佐久本の家に集まる猫たちの姿が描かれる。

 

『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』 ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』に出演しているドロップ ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』に出演しているドロップ ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』に出演しているがんも ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
『ねこあつめの家』に出演しているがんも ©2017 Hit-Point/『映画ねこあつめ』製作委員会
画像を拡大する(20枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)