ニュース

スチャダラパー責任編集『余談』最新号にのん、中原昌也ら 野音公演で販売

スチャダラパーによる雑誌『余談セブンティーン』がライブ会場限定で販売される。

スチャダラパーの公演にあわせて、彼らの責任編集のもと自費出版で刊行される雑誌『余談』。今回は4月15日に東京・日比谷野外大音楽堂で行なわれる『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』の会場で販売される。

『余談セブンティーン』に登場するのは、のん、小籔千豊、TOWA TEI、中原昌也、かせきさいだぁ、シャシャミン、高木完、ローリング内沢ら。TOWA TEIにはニューヨーク時代から現在までの話を聞いているほか、小籔とはスチャダラパーも出演した『コヤブソニック』のエピソードを語り合う。『スチャダラパーライブ 2017年 野音の旅』のチケットは現在販売中だ。

あわせてスチャダラパーのオフィシャルInstagramが開設。のんと撮影した別カットも公開されるという。

スチャダラパー、のん
スチャダラパー、のん
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

cero“ロープウェー”

「この曲を最初に聞いた時になぜか、じっと佇む飴屋法水さんとメンバーの姿が浮かび上がってきて離れなかった」と語るのは監督を務めた仲原達彦。モノクロの8mmフィルムで撮られた何気ない風景やロープウェーの映像のはずが、なぜか現実離れした幻想的な感覚へと連れていく。昨年末にリリースされ、すでに耳に馴染んだはずの楽曲の世界がさらに広がり深まるような映像世界。(宮原)