ニュース

『ラ・フォル・ジュルネ』今年は舞曲に注目 渋さ知らズが今回も出演

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017』ビジュアル
『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017』ビジュアル

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017』が、5月4日から3日間にわたって東京・有楽町の東京国際フォーラムほかで開催される。

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』はクラシック音楽のイベント。東京では2005年に初開催された。今回は「ラ・ダンス 舞曲の祭典」をテーマに据え、舞曲や民族舞踊、バレエ音楽などを中心にした約350公演を実施する。

出演アーティストには、国内外の管弦楽団をはじめ、アルゼンチン出身のピアニストであるネルソン・ゲルナー、和太鼓奏者の林英哲、パーカッショニストのシモーネ・ルビノ、バロック音楽と中南米の民族音楽を融合させるグループ・Tembembe、ジャズ作曲家の挾間美帆、これまでにも同イベントに出演している渋さ知らズオーケストラらが名を連ねている。

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』ロゴ
『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』ロゴ
ネルソン・ゲルナー
ネルソン・ゲルナー
シモーネ・ルビノ
シモーネ・ルビノ
Tembembe
Tembembe
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)