ニュース

柳本浩市の遺品から思想と活動に迫る展覧会 収集品や資料ファイルを公開

無印良品 池袋西武 企画展『STOCK展』展示風景 Photo:Gottingham
無印良品 池袋西武 企画展『STOCK展』展示風景 Photo:Gottingham

展覧会『柳本浩市展“アーキヴィスト―柳本さんが残してくれたもの”』が、4月29日から東京・自由が丘のsix factoryで開催される。

1969年に生まれたデザインディレクターの柳本浩市。商品開発やブランド戦略のアドバイザー、代官山蔦屋書店をはじめとするショップの監修などを手掛けたほか、様々な分野のプロダクトや印刷物などを収集するコレクターとしても知られていた。2016年に46歳で虚血性心不全のため死去した。

同展では、柳本が自宅に保管していた資料ファイルを公開。多様な領域の記事やグラフィック、印刷物などを手にとって見ることができるほか、柳本が世界各地のスーパーマーケットで入手した食品パッケージ、日用品の容器、郵便局の配送用ボックスなどが展示される。また開催にあわせた冊子『YANAGIMOTO KOICHI - ARCHIVIST'S VISION』が制作される。

現在、同展の制作と柳本のコレクションを保管・運用するための資金募集が、クラウドファンディングプラットフォーム「MotionGallery」上で実施中だ。

無印良品 池袋西武 企画展『STOCK展』展示風景 Photo:Gottingham
無印良品 池袋西武 企画展『STOCK展』展示風景 Photo:Gottingham
柳本浩市
柳本浩市
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)