ニュース

村上春樹『パン屋再襲撃』が漫画化 仏アーティストが手掛ける連作第1弾

村上春樹原作の漫画シリーズ『HARUKI MURAKAMI 9 STORIES』が、6月20日から順次刊行される。

『HARUKI MURAKAMI 9 STORIES』は、村上春樹の短編小説9作品をフランス人アーティストが漫画化するシリーズ。なおフランスの漫画「バンドデシネ」はオールカラーのアーティスティックな内容や、日本の漫画より大きなサイズで出版される。ルーヴル美術館が2005年からバンドデシネを取り上げる「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を実施しているなど、アート界からも注目されているジャンルだ。

第1弾作品は6月20日に刊行される『パン屋再襲撃』となり、翻案を1977年生まれのJcドゥヴニ、漫画を1980年生まれのPMGLが担当。28ページのB5変形版で製本される。今後の漫画化作品には『シェエラザード』『かえるくん、東京を救う』などがラインナップされており、第2弾は10月に刊行を予定している。

『HARUKI MURAKAMI 9 STORIES パン屋再襲撃』
『HARUKI MURAKAMI 9 STORIES パン屋再襲撃』
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

RYOHEI KUBOTA “RISING”

ぼくのりりっくのぼうよみ、小山薫堂らからも注目される19歳のハンドパン奏者・久保田リョウヘイの“RISING”のPV。自然に溶け込むような佇まいから生み出される、まるみのある幽玄的なサウンドと情熱的なビートに身をもたげたくなる。演奏はYouTubeを見て独学で学んだらしい。圧巻です。(飯嶋)