SWEET INNOVATION

石川直樹「長い時間軸で考える」 - SWEET INNOVATION Vol.2

コロナ禍という、誰もが意識や行動を変化せざるを得ない状況のなか、最先端テクノロジーといったハード面ではなく、想像力といったソフト面から「小さなイノベーション=SWEET INNOVATION」を起こすヒントを得ることができたなら?

想像力からモノをつくり出すアーティストなら、誰しもが「SWEET INNOVATION」を何度も起こしてきたはず。そんなアーティストの「着想法」「ものづくりのコツ」を紹介するために、それぞれの制作の現場に迫る映像企画。

GoogleやAppleもガレージから生まれたように、最初のイノベーションは、一人ひとりの作業場から生まれるかもしれない。どんなに困難な時代においても、新しい作品を生み出していくアーティストへのリスペクトとファン(楽しみ)を込めて。

ウェブサイト情報
プロフィール
石川直樹 (いしかわ なおき)

1977年東京生まれ。写真家。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。近著に『地上に星座をつくる』『シェルパの友だちに会いに行く』、写真集『東京 ぼくの生まれた街』など。



フィードバック 6

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • 石川直樹「長い時間軸で考える」 - SWEET INNOVATION Vol.2

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて