Songs We Dance To

ネバヤン、Pussy Riotら。今週のおすすめ楽曲をレビュー #SongsWeDanceTo

毎週更新のCINRAプレイリスト「Songs We Dance To」。ロック / ポップ、インディ、ヒップホップをはじめ、実験的なエレクトロニックミュージックからK-POPまで、ジャンルレスに選曲したプレイリスト(2022年7月11日週更新)から、編集部員が特におすすめしたい楽曲を紹介します。

never young beach“Hey Hey My My”

never young beach“Hey Hey My My [A Version]”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

『サイダーのように言葉が湧き上がる』(2020年)以来、およそ2年ぶりとなるnever young beachの新曲。昨年発表したスチャダラパーとのコラボからも約1年ぶり。「好きなときに好きな場所で好きなほうを聴いてほしい」という想いから、メロディーとラインの異なるAとBの2バージョンが配信されている。2バージョンを聴き比べながらこの原稿を書いているが、Bのほうが筆が進む気がする。

昨年末のメンバー脱退を経て、サポートメンバーに岡田拓郎(Gt)、下中洋介(Gt)、香田悠真(Key)を迎えた新体制となる新曲のMVは、みんなでドライブする様子がタイムラプス的に録画されたもの。狭い車中でどんな話をしているのか、楽しそうで微笑ましい。(川浦慧)

Pussy Riot ft iLoveMakonnen“PLASTIC”

Pussy Riot ft iLoveMakonnen“PLASTIC”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

ロシアのフェミニストアートコレクティブPussy Riotが8月にミックステープ『Matriarchy Now』をリリースすることを発表。iLoveMakonnenをフィーチャーした新曲“PLASTIC”では、トリッピーなビートにのせて<I don't shit, I don't eat, I don't even fucking breathe>とプラスチック人形に自分を重ねたラップが展開。社会が女性に向ける非現実的な期待や抑圧をパロディーしている。Pussy Riotは先月、アメリカにおける「リプロダクティブライツに対する攻撃」への抗議として、テキサス州議事堂にアルバムタイトルと同じ「Matriarchy Now」と書かれた巨大バナーを掲げるアクションを行なっていた。ナスにナイフを突き刺したアルバムジャケットからもその痛烈なメッセージが伝わる。(後藤美波)

Elle Teresa“Wifey (Feat. Lil Keed)”

Elle Teresa“Wifey(Feat. Lil Keed)”を聴く(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

昨年avexよりメジャーデビューを飾ったElle Teresaが、メジャー1stアルバム『Sweet My Life』の先行シングルとしてリリースした新曲。彼女の近作のなかでもストレートなトラップチューンに仕上がった“Wifey”はビートをMarii BeatzとGo Grizzlyが手掛け、先日24歳という若さで急逝したYoung Stoner Life所属のLil Keedがフィーチャリングで参加。USの最先端を走っていたラッパーにも引けを取らない存在感と進化したフロウには、世界を射程に入れんとするElle Teresaの気合いが全面に現れている。(山本輝洋)

Wu-Lu“Night Pill Feat. Asha Lorenz”

Wu-Lu“Night Pill Feat. Asha Lorenz”を聴く(Apple Musicはこちら

かのジャイルス・ピーターソンが「偉大な人物」とまで評するサウス・ロンドンを拠点に活動するWu-Luことマイルス・ロマンス・ホップクラフト。「Warp」からリリースされたデビュー作『LOGGERHEAD』に収録された“Night Pill”は、午前3時に集まってスケートボードを楽しむ様子を表現している楽曲だそうで、「ele-king」のインタビューによるとマイルス自身の音楽的なルーツとスケボーは実際に深く関わっているようだ。

ダブのような音響、ヒップホップ的なビート感覚にジャズのフィーリング、トリップホップのようなアトモスフィアなどを感じさせる一方で、ふつふつと煮えたぎるエモーションはロック的ともいえるだろうし、さまざまな音楽的要素を取り込みながらひとつのビートミュージックとして成立させる手腕が素晴らしい。なお本作には、10代のころに出会ったというblack midiのモーガン・シンプソン(Dr)も参加している。(山元翔一)

このほかにも、今週はPUNPEE、aespa、The1975、ISSUGI、オリヴァー・シム、Special Interest、AAAMYYYなどの新曲30曲を追加。CINRA編集部がいま聴いている曲をセレクトするプレイリスト「Songs We Dance To」は、Apple Musicで毎週水曜に更新中。



フィードバック 3

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • ネバヤン、Pussy Riotら。今週のおすすめ楽曲をレビュー #SongsWeDanceTo

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて