BTS、最年長のJINが兵役へ。ほかのメンバーも順次履行、「2025年あたりにグループ活動の再開を希望」と声明

BTSが所属するBIGHIT MUSICは10月17日、最長メンバーのJINが兵役に就く予定であることを発表した。入隊延期の取り消しを10月末に申請し、兵務庁の入隊手続きに従うという。ほかのメンバーも順次兵役を履行する予定と発表し、近年取り沙汰されていたBTSメンバーの兵役問題に答えが示されたかたちだ。

兵役義務を30歳まで延期できる「BTS法」も施行。BTSの兵役問題とは

グローバルな成功をおさめたBTSの兵役問題は、韓国内外で多くの関心を集めるトピックの一つだった。

徴兵制を設ける韓国では、男性は28歳の誕生日を迎えるまでに陸軍、海兵隊などの軍に入隊しなければならない。兵役期間は18か月からから約2年だ(*1)。

スポーツや芸術の分野で高い成果を挙げている場合に兵役免除となる特例制度もあるが、K-POPアーティストは対象外だった。2021年6月、大衆文化や芸術の分野で活躍している場合は兵役を30歳まで延期できるとする改正法が施行。「BTS法」と呼ばれるこの兵役法改正案で、最年長メンバーであるJINの兵役は先送りされていた。

JINは1992年生まれで、12月に30歳の誕生日を迎える。入隊期限を前に大きな注目が集まっており、10月15日に韓国・釜山で開催された無料コンサートは「兵役前にメンバー7人全員が揃う最後の公演になるのでは」と噂され、5万人以上もの人が参加した(*2)。

事務所が声明、「2025年あたりにはBTSが7名でのグループ活動を再開することを希望」

そして17日、BIGHIT MUSICは公式サイトやSNSに声明を公開。10月末にJINの入隊延期の取り消しを申請し、入隊手続きを行なうことを発表した。ほかのメンバーについても、「各自の計画に沿って、順次兵役を履行する予定」という。

グループの活動について、当分のあいだは個別の活動に集中するという。「2025年あたりにはBTSが7名でのグループ活動を再開することを希望」しているとし、「現時点で正確な時期を特定するのは困難でありますことをご理解いただけましたら幸いです」と呼びかけている。

HYBE JAPANの声明全文

この度、BTSが兵役の義務を履行するための具体的な準備に着手しましたことをお知らせいたします。

まずはじめに、まもなく個人活動を開始するメンバーJINは、10月末に入隊延期の取り消しを申請する予定です。その後、兵務庁の入隊関連プロセスに従うことになります。他のメンバーも各自の計画に沿って、順次兵役を履行する予定です。

当社は、アーティストとともにこれまで兵役履行計画を進めてまいりました。決定した事項をお知らせする時期についても熟慮と協議を重ね、2030万博誘致を支援するための釜山コンサートを終えた今が、本件に関してお知らせするのに最も適した時期であると判断いたしました。

当社とメンバーは、2025年あたりにはBTSが7名でのグループ活動を再開することを希望しておりますが、現時点で正確な時期を特定するのは困難でありますことをご理解いただけましたら幸いです。

つきましては、BTSは各メンバーの兵役履行計画に合わせ、当分の間個別の活動に集中することになります。今後のBTSの歩みにも多くのご関心とご声援を賜りますようお願い申し上げます。



フィードバック 25

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • BTS、最年長のJINが兵役へ。ほかのメンバーも順次履行、「2025年あたりにグループ活動の再開を希望」と声明

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて