櫻坂46の土生瑞穂と山﨑天が『装苑』で「モードの中のフェティッシュな記憶」を表現

メイン画像:写真:池満広大(ビーナチュラル)

櫻坂46の土生瑞穂と山﨑天が表紙を飾る『装苑』1月号が11月28日に刊行される。

同号では「フェティシズム ファッションに夢中な、自分に恋して。」と題する特集を展開。『装苑』初登場となる土生瑞穂と山﨑天は「モードの中のフェティッシュな記憶」を表現するほか、アイドル、モデルとして活動する2人が表現について感じることや、衣装に対する思いを語る。

また『装苑』モデルのSUMIREとモトーラ世理奈が「6つの黒」を着こなす企画や、「フェティッシュ」な魅力を放つブランドをフィーチャーする企画、「ミニの女王」マリー・クワント紹介、コルセットの歴史を辿る物語を掲載。12月23日公開の映画『かがみの孤城』で主人公こころの声を演じる當真あみも初登場する。

連載「装苑男子」6ページ拡大版には髙橋海人(King & Prince)が登場。芝居に向かう覚悟と表現者としての思いを語るほか、「ピュアでロマンティックな白」「ざっくりニット」「たっぷりプリーツ」「小粋なチェック×チェック」をテーマにしたビジュアルが掲載される。

増田貴久(NEWS)の連載「MFBB」ではコラージュ作家、映像作家の五反田和樹とコラボ。吉田ユニの連載「PLAY A SENSATION」にはデビュー35周年のユニコーンが登場する。

櫻坂46の土生瑞穂さんと山﨑 天さんが表紙を飾る『装苑』1月号の特集は「フェティシズム ファッションに夢中な、自分に恋して。」 – 装苑ONLINE


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Fashion
  • 櫻坂46の土生瑞穂と山﨑天が『装苑』で「モードの中のフェティッシュな記憶」を表現

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて