音楽ZINE『痙攣』第3号が来年1月一般発売。プログレ/ニューウェーブ特集に、BUCK-TICK論など掲載

音楽ZINE『痙攣』の第3号が2023年1月15日に一般発売される。

『痙攣』は「ネットメディアに対するオルタナティブな紙媒体のメディア」として構想された音楽ZINEで、第3号では「ロックの過剰」と題してプログレ/ニューウェーブを特集。

編集長によるBUCK-TICK論、樋口恭介の小説などを掲載

本誌には、編集長・李氏によるBUCK-TICK論をはじめ、社会学者の南田勝也のインタビューや樋口恭介による小説「分裂者たち」、今月ele-king booksより刊行される『現代メタルガイドブック』の監修を手がけたs.h.i.による論考、ダニー・エルフマン『Big Mess』やTHE SPELLBOUNDのクロスレビューなどが掲載される。

ダニー・エルフマン『Big Mess』(2021年)収録曲(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

THE SPELLBOUND『THE SPELLBOUND』(2022年)収録曲(Apple Musicで聴く / Spotifyで聴く

今夏にはクラウドファンディングも行なわれており、出資者に対しての本号の発送は12月中旬ごろを予定しているとのこと。なお、『痙攣 Vol.3 ロックの過剰 プログレ/ニューウェイヴ 特集』の目次は下記のとおり。

【目次】

序文 李氏

[巻頭言]

ロックの過剰について ―技術・歴史・共同体の視点から― 李氏

[プログレ編]

1. 極東奇想音楽絵巻 妖怪みたまん

2. 分裂者たち 樋口恭介

3. ダニー・エルフマン『Big Mess』クロスレビュー

・「みんな」に置き去りにされた人物が背後から投げつける圧倒的なゴミの塊 永田希

・参照される存在としてのプログレッシヴロック 高橋祐希

・汚れと流れ 灰街令

4. わからないものをわからないまま理解するために:ジョン・ゾーンが取り組む「プログレッシヴメタル」の在り方と、そこに伴う「ジャンル」の話 s.h.i.

[インタールード]

ロックを語ることの現在地点 南田勝也インタビュー 取材:李氏

[ニューウェイヴ編]

1. ニューウェイヴとヘヴィメタルの融和の旅路~ゴシックメタルを介して俯瞰するHR/HMとニューウェイヴの蜜月~ tkhr _gother

2. THE SPELLBOUNDクロスレビュー

・希望を演算する漆黒のモノリス 北出栞

・不在からエーテルへ 李氏

3. BUCK-TICK論、あるいは二つの撹乱について 李氏

音楽ZINE『痙攣』


フィードバック 3

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • 音楽ZINE『痙攣』第3号が来年1月一般発売。プログレ/ニューウェーブ特集に、BUCK-TICK論など掲載

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて