『文化庁メディア芸術祭』の25年の歩みを振り返る企画展が2月4日から寺田倉庫で開催

『文化庁メディア芸術祭25周年企画展』が2月4日から寺田倉庫B & C HALL / E HALLで開催される。

文化庁はメディア芸術の創造とその発展を図るため、「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門で優れた作品を顕彰すると共に、受賞作品の鑑賞機会を提供する『文化庁メディア芸術祭』を1997年度から開催。

『文化庁メディア芸術祭』の25年の歩みを振り返る同展では、歴代受賞作品の中から社会やテクノロジーの変化、メディア芸術の表現の多様性を感じられる作品群を展示。会場では今年度メディア芸術クリエイター育成支援事業に採択された7組の新作プロジェクトと、海外に派遣された次世代の文化プロデューサーの活動報告を行なう成果プレゼンテーション『ENCOUNTERS』も同時開催される。

25周年企画展 - 文化庁メディア芸術祭 - JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL


フィードバック 2

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • 『文化庁メディア芸術祭』の25年の歩みを振り返る企画展が2月4日から寺田倉庫で開催

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて