『M-1グランプリ2022』決勝進出者にヨネダ2000、キュウ、カベポスター、男性ブランコら9組

メイン画像:©M-1グランプリ事務局

『M-1グランプリ2022』決勝に進む9組が発表された。

第18代王者を決める『M-1グランプリ2022』にはプロ、アマ合わせて過去最多となる7261組がエントリー。決勝戦が12月18日18:34、敗者復活戦が同日14:55からABCテレビ、テレビ朝日系列24局で生放送される。

11月30日に竹芝NEW PIER HALLで開催された準決勝を勝ち抜いたのは、真空ジェシカ、ダイヤモンド、ヨネダ2000、男性ブランコ、さや香、ウエストランド、キュウ、カベポスター、ロングコートダディの9組。

ダイヤモンド、ヨネダ2000、男性ブランコ、カベポスター、キュウの5組は初の決勝進出となった。今回発表された9組に加えて、敗者復活戦で選ばれた1組が決勝戦に出場する。

準決勝に進出していたのは下記の28組。

真空ジェシカ、シンクロニシティ、ママタルト、ヤーレンズ、令和ロマン、ななまがり、ハイツ友の会、THIS IS パン、カゲヤマ、ダイヤモンド、ダンビラムーチョ、ケビンス、ヨネダ2000、男性ブランコ、ストレッチーズ、さや香、オズワルド、ウエストランド、キュウ、ミキ、からし蓮根、かもめんたる、カベポスター、コウテイ、マユリカ、ロングコートダディ、ビスケットブラザーズの27組と、ワイルドカードで出場した金属バット。

M-1グランプリ 公式サイト


フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Stage
  • 『M-1グランプリ2022』決勝進出者にヨネダ2000、キュウ、カベポスター、男性ブランコら9組

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて