パルコの広告表現を通覧する展覧会『パルコを広告する』が12月4日まで開催中

『「パルコを広告する」 1969 - 2023 PARCO 広告展』が12月4日まで渋谷PARCO 4F PARCO MUSEUM TOKYOで開催されている。

渋谷PARCO開業50周年を記念して開催される同展は、1969年から続くパルコの広告クリエイティブの歴史を現在の視点で再解釈し、一望できる展覧会。会場は「2000年代以降」「1990年代」「1980年代」「1970年代」の4つの年代を遡行してパルコの広告の原点が垣間見える構成となっており、エリアごとに時代精神の遷移に対応した「2000年代以降〜/アート」「1990年代/渋谷」「1980年代/広告」「1970年代/予言」といったキーワードが仮説的に設定されている。入場無料。

展示するポスターとCM作品は、エリアごとにそれぞれ2人のゲストキュレーターを招き対談形式で選定。対談内容は展示会場内で上映されるほか、会場で販売する公式リーフレットにも掲載される。

ゲストキュレーターとして「1970年代『予言』」を上野千鶴子とはらだ有彩、「1980年代『広告』」を椹木野衣と菅付雅信、「1990年代『渋谷』」を野宮真貴と千葉雅也、「2000年代以降『アート』」を布施琳太郎と野村由芽が担当。

「パルコを広告する」 1969 - 2023 PARCO広告展 | PARCO MUSEUM TOKYO | PARCO ART


フィードバック 1

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • パルコの広告表現を通覧する展覧会『パルコを広告する』が12月4日まで開催中

Special Feature

Crossing??

CINRAメディア20周年を節目に考える、カルチャーシーンの「これまで」と「これから」。過去と未来の「交差点」、そしてカルチャーとソーシャルの「交差点」に立ち、これまでの20年を振り返りながら、未来をよりよくしていくために何ができるのか?

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて