元KOHH・千葉雄喜が『文學界』で連載開始。引退から2年、いま何を考えているのか綴る

元KOHHの千葉雄喜が『文學界』で連載「千葉雄喜の雑談」をスタートした。

千葉はKOHH名義でラッパーとして活動していたが、2020年1月にKOHHとしての引退を表明。2021年12月から音楽活動を停止している。

同連載は本日12月7日刊行の『文學界1月号』より開始。KOHHを引退して2年、いま千葉が何を考え、何をしているのかが綴られる。第1回は「引退後の音楽との関わり合い方、母について、そして新しい家族について」。

『文學界 2024年1月号』文學界編集部 | 雑誌・ムック・臨時増刊 - 文藝春秋BOOKS


フィードバック 3

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Book
  • 元KOHH・千葉雄喜が『文學界』で連載開始。引退から2年、いま何を考えているのか綴る

Special Feature

Crossing??

CINRAメディア20周年を節目に考える、カルチャーシーンの「これまで」と「これから」。過去と未来の「交差点」、そしてカルチャーとソーシャルの「交差点」に立ち、これまでの20年を振り返りながら、未来をよりよくしていくために何ができるのか?

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて