ジョン・ガリアーノの栄光と転落、贖罪と復帰に迫るドキュメンタリー映画が9月公開

メイン画像:© 2023 KGB Films JG Ltd

ドキュメンタリー映画『ジョン・ガリアーノ 世界一愚かな天才デザイナー』が9月20日から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかで公開。メインビジュアル、予告編、場面写真が到着した。

同作は、2011年に反ユダヤ主義的暴言を吐く動画が拡散、その後有罪となり、クリスチャン・ディオールから解雇されたジョン・ガリアーノの栄光と転落、贖罪と復帰に迫るもの。事件から13年たった今、ガリアーノの暴言の背景に何があったのかに斬りこんでいく。監督は『ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実』で『アカデミー賞』長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したケヴィン・マクドナルド。

映画ではデビューから各ブランド時代のコレクションを収めたアーカイブ映像とともにガリアーノの栄光の道程を振り返りながら、ガリアーノを診断した精神科医、今も心の傷が癒えないという事件の被害者にもカメラを向ける。

予告編は「ジョンが現れてファッションは突然、ロック化した」というイギリス版『VOGUE』編集長エドワード・エニンフルのセリフからスタート。ケイト・モス、ナオミ・キャンベル、ペネロペ・クルス、シャーリーズ・セロン、『VOGUE』編集長アナ・ウィンター、アンドレ・レオン・タリーらがステージの裏側を語るほか、ガリアーノが「すべてを話す」と語る様子が映し出されている。

メインビジュアルは、2014年、ガリアーノのメゾン・マルジェラへの復帰後初のショー『2015春夏オートクチュール・コレクション』で披露されたドレスを捉えたもの。

映画『ジョン・ガリアーノ 世界一愚かな天才デザイナー』公式サイト


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジョン・ガリアーノの栄光と転落、贖罪と復帰に迫るドキュメンタリー映画が9月公開

Special Feature

Crossing??

CINRAメディア20周年を節目に考える、カルチャーシーンの「これまで」と「これから」。過去と未来の「交差点」、そしてカルチャーとソーシャルの「交差点」に立ち、これまでの20年を振り返りながら、未来をよりよくしていくために何ができるのか?

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて