ギターが凄いだけではない。Reiが伝えるメッセージとアートへの愛

あらゆるジャンルの音楽と、アートの感性を研ぎ続ける表現者

Reiが「CD + MUSIC FILM」という形式のコンセプチュアルな新作『FLY』を2月21日に発表。それに先駆けて、2月16日に『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』が六本木のYouTube Space Tokyoで開催され、MUSIC FILMの先行上映とトーク、ミニライブが行われた。

Reiといえば、ブルースを基調としたテクニカルかつ味のあるギタープレイと、ジャンル横断的なスタイルが持ち味。昨年はペトロールズ(長岡亮介はReiのデビュー作『BLU』を共同プロデュース)のトリビュート盤『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』に参加し、NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)、ROY(THE BAWDIES)と共に、それぞれのイニシャルを合わせたユニット・R'N'Rとして“表現”をカバーするなど、活躍の場を広げている。

『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?』リリースパーティーの模様

その一方、デビュー作から一貫してジャケットのアートワークを自ら手掛け、昨年発表した『CRY』も「CD + MUSIC BOOK」という仕様で、フォトグラファーの信岡麻美が撮り下ろした写真や、自身によるイラストなどが掲載されていた。こうしたアートに対する開かれた姿勢も、Reiが支持される大きな要因となっている。

1stミニアルバム『BLU』ジャケット。Reiによるイラスト。
1stミニアルバム『BLU』ジャケット。Reiによるイラスト。

3rdミニアルバム『ORB』ジャケット。切り絵で自身のポートレートを表現。
3rdミニアルバム『ORB』ジャケット。切り絵で自身のポートレートを表現。

Reiが伝える、「CRY=涙」があって「FLY=羽ばたける」ということ

先日の『SPECIAL SHOWCASE』で、Reiは『FLY』についてこう語っている。

Rei:『CRY』と『FLY』は二部作になっています。成功とか羽ばたくこと、「自分が行きたいところに行く」っていう、希望的側面だけを描いたら、リアリティーに欠けるなと思ったんです。実際に羽ばたいて、活躍されてる方は、私たちの目には触れないところですごい努力を重ねいらっしゃるからこそ、輝く姿がある。そういう努力とか経過の部分も描くという意味で『CRY』があって、その上での『FLY』なんです。

『CRY』に比べると、『FLY』はより明るいというか、前向きな曲も入ってるんですけど、リアリティーを持たすために、「みんな心の葛藤を抱えてるんだよ」という部分も描いたので、彩り豊かな4曲になったと思います。

『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』トークパートの模様。左から:Rei、サッシャ、寺岡歩美(撮影:Kana Tarumi)
『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』トークパートの模様。左から:Rei、サッシャ、寺岡歩美(撮影:Kana Tarumi)

『FLY』の1曲目を飾るのは、「新しい日」を心待ちにしながら、理想と現実の狭間で葛藤する心情を、ブルージーなロックンロールに乗せた“New Days”。1回目のサビ前のフレーズや、後半で弾き倒されるソロなど、Reiのギタープレイの魅力が堪能できる至極の一曲だ。さらに、ダンサブルなトラックを基調とした、本作で最もアップリフティングなナンバー“Sky Girl”、「自分一人の力ではなく、みんながいるからこそ羽ばたける」という内に秘めた想いを表現した“we can fly,”と続き、ラストを飾るのは二部作のテーマソングというべき“Wings”。トラウマを乗り越え、涙を振り切って、いつの日か翼を羽ばたかせることを願う、ささやかな祈りのような一曲である。

『CRY』と『FLY』はジャケットも連作になっていて、『CRY』ではアルバート・キング(1923年生まれ、アメリカ・ミシシッピ州出身のブルースギタリスト)に憧れて買ったという赤のフライングVを、『FLY』ではニューヨークで買ったという白のフライングVを手に、同じ格好でポーズを決めている。『FLY』の方がより踵が上がっているのは意識的ではなかったそうだが、「ここから羽ばたきたい」というReiの想いが、こんなところにも表れていると言っていいかもしれない。

Rei『CRY』
Rei『CRY』

Rei『FLY』
Rei『FLY』(Amazonで見る

ミュージックビデオ集でも、ドキュメンタリー映像でもない、「MUSIC FILM」という作品

『FLY』に収録されている『How to Fly』というタイトルの付けられたMUSIC FILMは、「FLY」という言葉の意味を探して、Reiがジャカルタ、東京、ニューヨークの3都市を巡るというもの。これまでも海外でのライブを数多く経験し、自身のYouTubeチャンネルで動画をアップし続けていただけに、本作はその延長線上でもありつつ、さらに『FLY』収録曲のミュージックビデオを挟むことで、Reiの多彩な表情を記録した作品となっている。

フランスの街中で歌っている映像

印象的なのは、Reiが幼少期を過ごした場所でもあるニューヨークに行き、ジャケットで手にしている白のフライングVを探して、楽器屋を回る中での一コマ。Reiがギターの試奏を始めると、見た目とプレイのギャップに驚いたのか、現地のお客さんが目を丸くしてReiに近づき、知っている限りの日本語で話しかけてくるのだ。言語や肌の色は違っても、音楽に国境はなく、どこにだって飛んでいける。そんな当たり前のことを改めて感じさせる、素敵なシーンである。

果たして、「FLY」の意味は何なのか? 自由になること? 成功すること? 恋をすること? その答えは、ぜひとも実際にMUSIC FILMを見ていただきたい。

「天国」にいるかのような気分にさせられたライブ

『SPECIAL SHOWCASE』では、MCのサッシャとsugar meこと寺岡歩美とのトーク、MUSIC FILMの先行上映に続いて、ミニアコースティックライブを開催。ギブソンのLG-2を持ってステージに登場したReiは“MOSHI MOSHI”で挨拶代わりのソロを披露し、“Love Sick”ではトラックを流しながらの演奏で、徐々に会場を盛り上げていく。

Rei

『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』ミニライブの模様(撮影:Kana Tarumi)
『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』ミニライブの模様(撮影:Kana Tarumi)

そして、MCではMUSIC FILMに対する想いを次のように語った。

Rei:映像作品を作るということは、映像を見て、音楽に興味を持ってもらいたいのもありますが、音楽を目から感じることで、音楽の聴き方が変わってくることもあると思うんです。例えば、私もThe Beatlesの『Yellow Submarine』とか、The Whoの映画を見ることで、より音楽に深みが出てきて、より思い出深いものになる経験をしました。なので、自分の作品でもそれにトライできないかと思って、今回作ってみたんです。

ライブ後半ではオールスタンディングになって、六本木にちなみ、国道246号線について歌った“Route 246”から、ラストは大盛り上がりの“COCOA”。六本木ヒルズ・森タワーの29Fで、東京タワーを含む夜景をバックにしたステージというのは、“COCOA”の<ここはheaven>という歌詞通り、まさに天国にいるかのような気持ちにさせられた。

『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』ミニライブの模様(撮影:Kana Tarumi)
『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』ミニライブの模様(撮影:Kana Tarumi)

今やっと滑走路を走り終えて、ついにReiは飛び立っていく

2015年のデビューから、この3年間で3枚のミニアルバムと『CRY』、そして、『FLY』を発表。ミュージシャンとしての高い技量を考えれば、その広がり方はゆっくりしたものに見えなくもない。しかし、彼女は自分の現在地を冷静に見つめ、意志を持って、活動していくタイプのミュージシャンだ。長岡の手を借りたデビュー作以降、すべての作品がセルフプロデュースで作られているのも、そんな姿勢の表れだと言っていいだろう。

しかし、『CRY』と『FLY』という二部作を経て、Reiはいよいよ羽ばたく時期を迎えようとしている。まずは3月から始まる『FLYING R TOUR 2018』で、翼の生えたReiの姿を目撃してほしい。

『FLYING R TOUR 2018』メインビジュアル
『FLYING R TOUR 2018』メインビジュアル(ツアーの詳細を見る

イベント情報
『J-WAVE STEP ONE presents Rei SPECIAL SHOWCASE ~FLY ON SCREEN~』

2018年2月16日(金)
会場:東京都 六本木 YouTube Space Tokyo
出演:
Rei
サッシャ
寺岡歩美(sugar me)

リリース情報
Rei
『FLY』(CD+DVD)

2018年2月21日(水)発売
価格:2,000円(税込)
DDCB-12404

[CD]
1. New Days
2. Sky Girl
3. we can fly,
4. Wings

[DVD]
MUSIC FILM「How to Fly」

イベント情報
『FLYING R TOUR 2018』

2018年3月16日(金)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2018年3月17日(土)
会場:大阪府 Music Club JANUS

2018年3月29日(木)
会場:東京都 渋谷CLUB QUATTRO

2018年4月6日(金)
会場:北海道 札幌 BESSIE HALL

2018年4月8日(日)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2018年4月13日(金)
会場:福岡県 INSA

料金:各公演3,500円(ドリンク別)

プロフィール
Rei
Rei (れい)

1993年、兵庫県伊丹市生。卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガー・ソングライター / ギタリスト。幼少期をNYで過ごし、4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会い、ジャンルを超えた独自の音楽を作り始める。2015年2月、長岡亮介(ペトロールズ)を共同プロデュースに迎え、1st Mini Album『BLU』をリリース。FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FESTIVAL、SXSW Music Festival、JAVA JAZZ Festivalなどの国内外のフェスに多数出演。2017年7月、CD+MUSIC BOOK『CRY』をリリース。同月、フランス・ベルフォールで行われた『Les Eurockeennes』に出演、12月より初のソロ・アコースティックツアー『Rei Acoustic Tour "Mahogany Girl"』を開催。2018年2月、CD+DVD『FLY』のリリース、3月より全国7か所のリリース・ツアー『FLYING R TOUR 2018』も決定。

フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • ギターが凄いだけではない。Reiが伝えるメッセージとアートへの愛

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて