「文化庁メディア芸術祭 浜松展」徹底レポート

文化庁メディア芸術祭

2009年10月30日(金)から11月3日(火・祝)まで、静岡文化芸術大学(静岡県浜松市)にて、「文化庁メディア芸術祭 浜松展」が開催されました。展覧会のテーマは、ズバリ「音」。昨年のメディア芸術祭エンターテインメント部門大賞を受賞したウワサの作品『TENORI-ON』をはじめ、選りすぐりの歴代受賞作品が集められたこの話題のイベントを、フォトレポートにてお伝えします。また、11月3日に行われたシンポジウム『音楽がアニメーションをどう変えるか』(登壇者:菅野よう子、神山健治、渡辺信一郎)の模様もレポート掲載。「浜松はちょっと遠くて行けなかった」という方、ぜひたっぷりとメディア芸術祭の奥深い世界に触れてみてください。

文化庁メディア芸術祭

主催:文化庁
共催:第24回国民文化祭静岡県実行委員会、静岡文化芸術大学、CG-ARTS協会
お問い合わせ:CG-ARTS協会内「文化庁メディア芸術祭事務局」03-3535-3501


佐藤大のプラスマイナス0



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • 「文化庁メディア芸術祭 浜松展」徹底レポート

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて