特集 PR

「文化庁メディア芸術祭 浜松展」フォトレポート

「文化庁メディア芸術祭 浜松展」フォトレポート

CINRA編集部
撮影:井手聡太

「文化庁メディア芸術祭浜松展」フォトレポート

会場では、「音を奏でる」「音を読む」「音を観る」の3つのゾーンに、さまざまなジャンルの約70作品が展示された。このフォトレポートでは、このうち来場者が作品を用いて遊ぶことができる「音を奏でる」のコーナーを中心に、展示の模様をフォトレポートにてお伝えしてみたい。



静岡文化芸術大学の入り口外に設置された、「文化庁メディア芸術祭 浜松展」の掲示。

会場に入り、早速「音を奏でる」のコーナーへ。いずれも訪れるプレーヤーを楽しませてくれる、インタラクティブな作品が揃う。



『fragments 2/4』(渡邊淳)は、ディスプレイのカラーバーをクリックすると同じ色の輪が登場して漂いだし、ぶつかると音を出すというもの。色合いがとてもかわいらしく、見ていてほっとする作品だ。



続いて、それぞれ手持ちのパソコンを接続し、画面の音叉をクリックすることで他のプレイヤーと共に演奏を楽しめる『Net Rezonator』(伊藤幸治、高木和夫、寺岡宏彰、柄沢祐輔)。美しい音色が響き合うさまを楽しむことができる。

Net Rezonator
伊藤幸治/高木和夫/寺岡宏彰/柄沢祐輔
©1998 Net Rezonator Project



こちらは、パソコンでDJ気分を楽しめる『Technics 1210 simulator』(iggy)。まるでレコードショップにいるかのように、リストから気に入ったレコードを探し出し、プレーヤーにのせて針を落とす。このお手軽なゲームをきっかけに、DJの面白さに目覚めるかも。


Technics 1210 simulator
Iggy
©Neal Davis 2003



そしてゲームセンターでもおなじみの、曲のリズムに合わせて太鼓を叩き高得点を目指す『太鼓の達人 タタコンでドドンがドン』(太鼓の達人プロジェクト 大石益也)。慣れるまでは難しいが、友達と一緒にカラオケ気分で遊ぶうちに、自然と上達できるゲームだ。


太鼓の達人 タタコンでドドンがドン
太鼓の達人プロジェクト 大石 益也
©2000 2001 2002 NAMCO LIMITED., ALL RIGHTS RESERVED



続いて部屋の奥へと進むと、そこには『TENORI-ON』(岩井俊雄)を5台集めた空間が。人気の作品だけに、どの台も混雑している。



空きが出たブースにすかさず接近。係の方が遊び方を丁寧に説明してくださった。『TENORI-ON』はタテ16個、ヨコ16個の発光するボタンを使い作曲ができる、という作品。音の出方や発光の仕方の異なる演奏モードが6種類あるらしいが、その法則性をすぐに理解することは難しい。

『TENORI-ON』
岩井 俊雄
©岩井俊雄 / ヤマハ株式会社

ただ必ずしも、操作方法を覚えようと頑張る必要はない。モードを自由に切り替えながら様々にボタンを押していると、思いがけぬ音色が出来上がるのが楽しい。いつまでもいじっていたくなるインターフェースだ。



続いて、「音を奏でる」コーナーの別フロアに移動。入って右側には「音を読む」コーナーが設置されていた。

映画化もされたマンガ『プライド』(一条さゆり)、大人気マンガ『NANA』(矢沢あい)などが所狭しとならび、自由に閲覧できるようになっていた。



まずは話題の一作、『雨刀』(勝本雄一朗)から遊んでみる。パッと見ただけでは、内部が青く光っている単なるビニール傘でしかないが、振り下ろすと「ジャキーン!」という日本刀で斬っているかのような音が鳴る。大人も子どもも夢中になって振り回してしまう一作だ。



「文化庁メディア芸術祭 浜松展」フォトレポート

お次は、鉄琴をたたくと、上から文字が落ちてくる作品、『言琴』(宮田静子/宮田洋 with Design Meeting(土枝文乃/菊池正助))。単語が成立すると、その意味に応じた形で落下していくという秀逸な仕組みだ。例えば「たらたら」という単語ができあがった場合、まさに「たらたらと」その文字が落ちていくさまは、見ていてとても面白い。



こちら、一見なんの変哲もない水道。でも、蛇口をひねると…。

「はぁ〜〜〜」と胸の奥底から吐き出したような大きなため息が漏れてきた。『ためいきまじり』(坂本のどか)は、蛇口の栓をゆるませることで、気持ちもふっとゆるめてほしいというメッセージがこめられた、自然なユーモア感覚のある作品だ。



「文化庁メディア芸術祭 浜松展」フォトレポート

こちらは、片手で円盤状の作品を持ち、片手で隣の参加者と手をつなぐと微細な電流が走り、ドラムのような音を鳴らすことができる『Freqtric Project』(馬場哲晃)。手をつなぐと、恥ずかしがりながらも自然と笑顔になる参加者たち。お客さん同士が仲良くなれる、楽しいアイテムだ。



「文化庁メディア芸術祭 浜松展」フォトレポート

6つの穴にブロックを差し込み、五十音の点字の位置になると、その文字の音がスピーカーから発される作品、『音点字』(福森みか/ development team)。ブロックを差し替えながら「ア、イ、ウ、エ、オ」と順番に音を出していくのが楽しい。



以上、「音を奏でる」コーナーで展示されていた作品の一部をご紹介してきた。友達どうしでも家族連れでも楽しめる、良質なコンテンツが揃っていた今回の浜松展。今年度の文化庁メディア芸術祭の入選作には、どのような作品が登場してくるのか、期待して待ちたいところだ。



SONIC Floor
石橋 素 + 真鍋 大度
©DGN+Rhizomatiks
機材協賛:カラーキネティクス・ジャパン株式会社



記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで