音楽をやるのに、理由なんていらなかった

『音楽をやるのに、理由なんていらなかった』 第3回:変化や違いをこっそり楽しむ研究者 須藤俊明インタビュー

変化や違いをこっそり楽しむ研究者 須藤俊明インタビュー

インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作

大事なのは「悪ふざけ」、お茶碗以外でご飯を食べる?

須藤はuminecosoundsにとって重要なバランサーにもなっている。「基本的に、まとめ役をやってるつもりはない」と言うものの、年齢的にも中間で、古里&コテイスイとヤマジのつなぎ役であり、レコーディングではエンジニアも務めるなど、彼の存在がバンドをまとめていることは明白である。だからこそ、彼のベーシックにある考えが、そのままバンドのスタンスにもつながっている部分があるはずだ。

須藤俊明

須藤

みんな一生懸命やってるんですけど、一生懸命やるのがいいことかっていうと、そういうことでもないと思うんです。一生懸命やることによってマイナスがたくさん出てくるってこともわかってるんで、そのマイナスを出さないように、いい感じにやって、「思ってたより良かった」っていうのが一番いいんじゃないかなって。特にuminecosoundsっていうバンドはそうで、真剣にやり過ぎるとみんな疲れちゃって、いい音楽にならない気がしたんですよ。そもそも、コテくんは忙しいからスケジュール取りにくいし、ヤマジさんは大先輩だし、そういうことをいろいろ考えると、結果的にそうやってやるのが一番いい気がして。みんな僕より年下で、言うことをなんでも聞いてくれるんだったら全然やり方も変わってくるだろうけど、「この人間関係だとこれがちょうどいい」っていうやり方でやってると思います。

こうした実にプロデューサー的な視点を持つ一方で、冒頭の古里の言葉をもう一度使えば「一人で全然違うことをしてクスクス笑ってる」のもまた須藤である。今回のレコーディングで彼が最も意識したのは、「悪ふざけ」だったというのだ。

須藤俊明

須藤

音楽がどこまで適当でいいのか。リスナーの期待を裏切っても、いい音楽だと思ってもらえるものっていうのは、どこまで行っていいのか。それを試すことが「悪ふざけ」だと考えてるんです。例えば、(目の前にあるお盆を手に取って)「これをお茶碗の代わりにしてご飯を食べれるか?」みたいなことなんですけど(笑)。「ご飯は茶碗で食べる」っていう当たり前のことを、「紙コップでもいいじゃん、その方がバーベキュー感出るし」みたいな。ウミネコでできる面白さって、そういうことだと思うんですよ。

一見、突飛なようにも聞こえる須藤の発言だが、何度も書いてきたように、彼にはこれまで培ってきた豊富なキャリア・知識がある。その背景を持ったうえで、彼はこの考えをはっきりと「音楽的」だと言うのだ。しかし、彼にとって重要なのは「ゴール」ではないので、この考えがどのような形で音楽に落とし込まれているかを明言することはしない。

須藤俊明
須藤俊明

須藤

それを言っちゃうと面白くないと思うんですよ。「いい曲だと思ってずっと聴いてたけど、これおかしくない?」みたいな、そういう感じがいいと思って。それって、僕はすごく音楽的だと思うんです。音楽理論で説明できちゃうことって、「それは茶碗の一種じゃないか」っていうことで。それよりも、「これぐらいの深さがあればご飯は食べれる」っていうことが、音楽だと僕は思ってるんですよね。

須藤はこれからも様々な人の面白味を発見しながら、音楽を独自に探究し、クスクスと笑っているのだろう。そして、そんな彼の存在が、uminecosoundsに独特の可笑しみを与えていることも、また間違いないはずだ。いつか、彼の哲学を一冊の本にまとめて読んでみたいような気もするが……いや、彼の思考は常に変化し続けているのであり、様々な彼の活動を定点観測し続けることが、須藤を理解する一番の近道かもしれない。最後に、須藤が何気なく口にした一言が、また見事にuminecosoundsというバンドの本質を捉えていたので、それを紹介しておこう。

須藤俊明

須藤

でも、俺も含めて案外まともなんだよね。俺とかコテくんとかも、ちゃんとポップスを作ろうと思って作ってるわけじゃないと思うんだけど、意外に普通に聴けて、音楽的特徴もちゃんとあるっていう。それがまた、このバンドの面白いところだと思うんだよね。

information

『uminecosounds』ジャケット画像

uminecosounds
1st Album
『uminecosounds』

発売中
価格:2,500円(税込)
CNRR-007 / CINRA RECORDS

CINRA.STOREで購入する(CD)
CINRA.STOREで購入する(MP3)

  • 1. umineco
  • 2. Garden
  • 3. サルとバナナ
  • 4. イエロームーン
  • 5. ジリジリ
  • 6. イトシオ
  • 7. ネットサーファー
  • 8. 25000マイル
  • 9. まぶた
  • 10. 雪アソビ
  • 11. まちのあかり


『uminecosounds』ジャケット画像

uminecosounds
『まちのあかり』(12inchアナログ盤)

2012年12月17日発売
価格:1,575円(税込)
ROOM FULL OF RECORDS / RFOR004

  • [SIDE-A]まちのあかり
  • [SIDE-B]まちのあかり(Crystal Remix)


『uminecosounds』ジャケット画像

『第6回 ウミネコ集会』

2012年12月12日(水)OPEN 19:00 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 O-nest
出演:uminecosounds
ゲスト:百々和宏と見汐麻衣(デュオ)
フード:ウミネコカレー
料金:前売2,200円 当日2,500円(共にドリンク別)

PAGE 1 > 2

「音楽をやるのに、理由なんていらなかった」連載もくじへ



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Article
  • 『音楽をやるのに、理由なんていらなかった』 第3回:変化や違いをこっそり楽しむ研究者 須藤俊明インタビュー

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて