バンコクの隠れたカルチャースポット、ソイ・ナナとジャルンクルン通りのおすすめバー紹介

バンコクのフワランポーン駅は、「バンコク駅」とも呼ばれるタイ国有鉄道のターミナル駅。バンコク最大にして最古のこの駅は、移動に便利なのはもちろんのこと、周辺に見どころが多いことも特徴のひとつです。特に夜は駅がライトアップされ、周辺には露店も出ていたりと、飲み歩くにもぴったり。今回は駅の周辺エリアのうち、タイ最古の車道であるジャルンクルン通りと、今、隠れたカルチャースポットとも言われるソイ・ナナ(Soi Nana=ソイ通り)からオススメのバーをご紹介します。

※本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

インダストリアルな内装にも注目。クールなサンドイッチバー『2nd Yard Sandwich and Bar』

最初に紹介するのは、ジャルンクルン通りのバー『2nd Yard Sandwich and Bar(セカンド・ヤード・サンドウィッチ・アンド・バー)』。フワランポーン駅からは徒歩約8分と徒歩圏内で、同じくジャルンクルン通りにある『Soul Bar』と駅のほぼ中間に位置しています。

お店の目印はオレンジ色に光る「2nd Yard」の看板。中に入るとインダストリアルな雰囲気のコージーな空間が広がっており、席はカウンターとテーブルから人数や用途に応じて選ぶことができます。

オススメはなんといってもボリューム満点のサンドイッチ。その種類は多岐にわたっていて、ビーフサンドイッチやスモークサーモンサンドイッチなどの定番メニューから、うなぎサンドイッチやアイスクリームサンドイッチなどの変わり種も揃います。また、マッシュポテトやカルボナーラなどサンドイッチ以外のメニューもあるので、おなかに余裕があればぜひトライしてみてください。

ドリンクはクラフトビールやカクテルなどのほか、スムージーや果物フレーバーのタイティーなど、ノンアルコールドリンクも充実しているので、アルコールが苦手なかたも安心して楽しむことができます。お店は、16時から営業しているので、こちらで腹ごしらえをして夜の散歩に繰り出してみてはいかがでしょう。

2nd Yard Sandwich and Bar
住所:763 Charoenkrung Road,Talat Noi, Samphanthawong, Bangkok
Closest Station:MRT Hua Lamphong
営業時間:16:00-23:00
定休日:火曜日
電話番号:095-898-8070、086-515-9791
Webサイト:https://www.facebook.com/2ndyard/

お店から人が溢れることもある人気バー。ソウル・ファンクの生演奏とDJが楽しめる『Soul Bar』

同じくジャルンクルン通りから次に紹介するのは、生演奏が楽しめる贅沢なミュージックバー『Soul Bar(ソウル・バー)』。『2nd Yard Sandwich and Bar』からジャルンクルン通りを徒歩約5分進むと、ウィンドウに大きく「SOUL」の文字が描かれた、『Soul Bar』を見つけることができます。

お店は二階建てになっており、一階が演奏の会場でバーがある『Soul Bar』では、クラフトビールやカクテルなどのドリンクを提供しています。二階は吹き抜けになっていて、くつろげるスペースも用意されているので、音楽を聴きつつ余裕をもって会話も楽しみたいというかたはぜひ二階席へ。

訪れる際にチェックしておきたいのが、演奏のスケジュールやイベント。火曜日と日曜日はソウルを中心としたDJなので、ソウルやファンクなどの生演奏が楽しみたいかたは水曜日〜土曜日に訪れるのがオススメ。ちなみに店内では、音楽関係のイベントだけにとどまらず、写真展やオークションがひらかれることも。

イベントについての情報はフェイスブックインスタグラムからチェックすることができるので、ぜひ確認してから訪れてみてください。

Soul Bar
住所:945 Charoen Krung Rd, Khwaeng Talat Noi, Khet Samphanthawong, Bangkok
営業時間:
火〜木、日 19:00〜24:15
金、土 19:00〜25:00
定休日:月曜
電話番号:093-220-0441
最寄り駅:Hua Lumphong MRT 駅
Webサイト:https://www.facebook.com/livesoulbarbangkok/

音楽と食事とヤードンでタイの伝統を味わう。築約100年の建物をモダンに改装した『Tep Bar』

次に、ソイ・ナナ(Soi Nana=ソイ通り)からまずご紹介するのは、タイの伝統を食と音楽で楽しむことができるバー『Tep Bar(テップ・バー)』。フワランポーン駅からは徒歩約6分と近いものの、細い路地の奥にある、隠れ家的な雰囲気のスポットです。

お店の外観で特徴的なのは、大きな黒い扉。オーナーが見つけたという建物はなんと築約100年の歴史のあるものですが、改装された店内は天井が高くモダンな雰囲気。店の奥にはライブ演奏に使われるタイ楽器たちが並んでいます。

こちらでぜひ味わっていただきたいのが、タイの薬草酒であるヤードン。ラオカーオという焼酎に薬草やハーブを加えたもので、タイの養命酒ともいわれていますが、アルコール度数は高め。『Tep Bar』はこのヤードンを飲むことができることでも知られているバーで、ほかにも珍しいタイのお酒を味わうことができます。

ほかではなかなかお目にかかれないお酒と一緒に楽しみたいのが、伝統的なタイ料理をモダンにアレンジした目にもうれしい食事メニュー。19時半からはじまるタイの伝統音楽の生演奏を聞きながら、タイのお酒と食事をゆっくり味わって、このお店ならではの贅沢な時間を過ごしてみてください。

Tep Bar
住所:69-71, Soi Yi Sip Song Karakadakhom 4 Alley, Pom Prap, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok
営業時間:17:00〜24:00金、土 17:00〜25:00 
定休日:月曜
電話番号:098-467-2944
最寄り駅:MRT Hua Lamphong
Facebook:https://www.facebook.com/pg/TEPBARTH
Instagram:https://www.instagram.com/tep_bar/

ディープな魅力あふれるジン専門バー『Teens of Thailand』

最後にご紹介するのは、ソイ・ナナにあるジン専門バー『Teens of Thailand(ティーンズ・オブ・タイランド)』。フワランポーン駅から徒歩約7分、『Tep Bar』からは100メートルも離れておらず、徒歩約1分で行くことができます。

ソイ・ナナがあるのは「ヤワラート」というチャイナタウン。古い建物が残っていてどこか退廃的でありながら、クリエイティブなスペースやバー、ギャラリーなどのお店も多い、今若者たちに人気のエリア。

そんなソイ・ナナの魅力を詰め込んだようなお店がこの『Teens of Thailand』。入り口の木の扉は重厚で歴史を感じるデザインですが、そのまわりにはたくさんのステッカーが。煌々と光るポップでキッチュな看板とあいまって、バンコクの文化の新旧を感じられる佇まいです。

店内もまた、入り口のむき出しの壁を赤いライトが照らし、壁にはずらりと古いポスターが並べられていて、ストリートカルチャーとノスタルジックが混じったような独特のテイスト。

ドリンクメニューは印刷されておらず、黒板に書き出された中からオーダー。ジンにあまり馴染みがないというかたも、バーテンダーと相談してお気に入りの一杯を見つけられるはずです。

Teens of Thailand
住所:76 Soi Nana, Pomprab, Bangkok
最寄駅:MRT Hua Lamphong
営業時間:
日曜〜木曜日 19:00〜24:00
金・土曜日 19:00〜25:00
定休日:無休
電話番号:096-846-0506
その他:Cash Only
Webサイト:https://www.facebook.com/teensofthailand/

ジャルンクルン通りとソイ・ナナは、ディープなバンコクの魅力を肌で感じることができるエリア。そして、新しい尖ったお店が増えてきている勢いのあるエリアでもあります。古い建物が並ぶどこかノスタルジックな街を活かしながら、新しいものをどんどん取り入れていく、バンコクの寛容さと開拓精神を感じられる、バンコクの今を感じてみてください。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • バンコクの隠れたカルチャースポット、ソイ・ナナとジャルンクルン通りのおすすめバー紹介

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて