クラブは今、渋谷がアツい! 音楽を本気で楽しみたい人のための渋谷のクラブ・ライブスペース

東京で、ナイトライフやクラブ遊びといえばまずは六本木、その次に想起するのは渋谷では? 規模の大小はもちろん、渋谷には多様なクラブが存在します。特にここ数年で、良質なサウンドシステムをもち、世界のトップアーティストが多数プレイしにやってくるクラブが続々オープンしました。今回、渋谷でクリエイティビティの高いクラブ・ライブスペースを紹介します。

本記事は『HereNow』にて過去に掲載された記事です。

事前登録を忘れずに。ストイックに音を楽しみたい人向けのクラブ『Contact』

2016年4月道玄坂にオープンしたミュージックラバーのためのクラブが『Contact』。これまでにもJEFF MILLSやKenji Takimiなど、国内外の敏腕DJやトップアーティストが出演し、週末に限らず、毎晩のようにイベントが開催されています。

駐車場の奥にあるエントランスから地下に降りると、広々としたラウンジスペースが現れます。隣接するバーカウンターとバーフロア“contact”が一体となり、スタイリッシュな装飾とライティングは、ヨーロッパの繁華街を彷彿とさせる雰囲気。

ここで一晩中お酒を飲みながら、恋人や仲間と過ごしている人たちもちらほらいるようです。初めてだと見逃してしまいそうな扉で隔離されたメインフロア“Studio”は、キャパシティー約300名という広さで、アルコールの持ち込みは禁止。抜群のサウンドシステムとゆったりとしたスペースはお目当てのアーティストのプレイをしっかりと拝みながらストイックに踊れるフロア環境となっています。

ジャンルは主にテクノ&ハウスで、四つ打ち・電子音好きにはたまらないイベントが目白押し。客層も30代以上が多く落ち着いた印象。週末は外国人率も高く、クールでおしゃれな大人のたまり場です。純粋に音楽を楽しみたい、しっかりと踊りたい人には必ずおさえておきたいクラブのひとつ。ちなみに『Contact』に入場するには、事前にWEBから会員登録を済ませておく必要があるのでご注意を。

contact
住所:東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F
営業時間:イベントにより異なる
最寄り駅:渋谷駅
URL:http://www.contacttokyo.com

ミニマルなデザインと世界屈指の音質。クオリティを求める人にオススメのクラブ『VENT』

音楽レーベル、メディア、PR関係者など、感度の高い業界人たちが集う南青山のクラブ『VENT』。キャパシティー約400名の規模で、毎週末、テクノ&ハウスを中心に世界から厳選したアーティストが出演します。8月に行われた1周年イベントでは、ルーマニア・ミニマル・ハウスの草分け的存在であるLivio&Robyとベルリンをメインに活躍する大御所DANDY JACKがプレイし、遊び慣れたクラバーたちを踊り狂わせました。

突出すべきは、そのサウンドシステム。世界初となる新機構のSRスピーカーは、従来表現しきれなかった高い解像度と耳に優しい自然なサウンドを再現。また、そのスピーカーのポテンシャルを最大限に引き出すため、適度に残響を抑えるように設計された空間の音響により、フロアを異次元の音響空間へと誘います。

体をゆらすのに少し疲れたら、大きな植物をぐるりと囲むラウンジスペースで一休み。ミニマルなデザインと草木の融合は現代的で、『VENT』のクリエイティビティを象徴しているかのよう。アーティストのブッキング、サウンドシステム、そして空間。クオリティを重視し、全てにこだわりを持つ人にぜひ訪れてほしいクラブです。

VENT
住所:東京都港区南青山3-18-19フェスタ表参道ビルB1
営業時間:金・土・祝前日 23:00~
最寄駅:表参道駅
URL:http://vent-tokyo.net

渋谷のミックスカルチャー発信地『WWW X』

スペイン坂の映画館、旧シネマライズの地下に誕生したライブスペース『WWW』の2号店として、同ビル2階に2016年9月オープンした『WWW X』。元映画館の客席を生かした段差のあるフロアが特徴の『WWW』に比べ、2号店はフラットな構造でキャパシティー約600名と一回り大きく、ワイドな作りになっています。どちらもステージ背面に投影される、VJなど迫力のある映像演出が可能で、音×映像にこだわるアーティストのパフォーマンスを堪能することができます。

ジャンルはオルタナティブ、ポップス、エレクトロニック、ダンスミュージックと幅広く、こけら落とし公演には、ceroが出演。最近ではゲスの極み乙女。から、ゆるふわギャング、KID FRESINOがライブをするなど、渋谷の「今」を発信するべく、多彩なアーティストのライブがデイリーで行われている、貴重なスポット。

『WWW X』はフラットなフロアと優れた音響システムから、稀にオールナイトイベントが開催されることも。シネマティックな映像と音楽に触れ、シブヤカルチャーの波を浴びにぜひ足を運んでみてください。

WWW X
住所:東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル2F
営業時間:公演日により異なる(詳細はWWW / WWW Xオフィシャルサイトをご確認ください)
最寄り駅:渋谷駅
URL:http://www-shibuya.jp

オールジャンルに楽しみたいなら。新南口のアットホームなクラブ『CIRCUS TOKYO』

大阪のアパレル業界人が集う名所として知られるクラブ『CIRCUS』が、渋谷の新南口、並木橋近くに『CIRCUS TOKYO』として2015年10月にオープン。クラブ/ライブイベントはもちろんのこと、展示会やファッションショー、レセプションパーティーなど、様々な用途で使われ、20代〜30代のアクティブな若者に支持されるエンターテイメントスペースです。

平日も多くのDaytime(夕方〜深夜)イベントが組まれており、週末は国内外の個性豊かなアーティストによるオールナイトイベントで盛り上がります。

1階に室内喫煙所があり、地下のメインフロア、1階のラウンジフロアは全面禁煙でクリーンな環境。バーカウンターに隣接したラウンジフロアはたまり場として仲間とのチルアウトに最適。地下のメインフロアはキャパシティー150名ほどですが天井が高く抜け感があり、アーティストと適度な距離感でマイペースに踊ることができます。

音楽はダンスミミュージックを中心にオールジャンル。渋谷の繁華街から少し離れた、やや小規模なハコでありながら、Daddy G, The Black Madonna, Machinedrumらなどの出演実績があり、本家・大阪に負けない発信力はお墨付き。それでいて居心地の良さは抜群なので、アットホームなクラブを求める方にもオススメのスポットです。

CIRCUS TOKYO
住所:東京都渋谷区渋谷3丁目26−16 第五叶ビル
営業時間:day time: 12時ころ〜 ※イベントにより異なる / night time: 22時ころ〜 ※イベントにより異なる
最寄り駅:渋谷駅
URL:http://circus-tokyo.jp

渋谷のクラブといえば! 圧倒的な規模を誇る大型クラブ『VISION』

『Contact』同系列で、ここ近年の渋谷の定番大型クラブといえば『SOUND MUSEUM VISION』こと『VISION』。道玄坂沿いという好立地にも関わらず、4フロアーと5つのバーカウンター、ギャラリー、独自のサウンドシステムがあり、キャパシティー約1000名という圧倒的な規模を誇る人気のクラブです。

フロアーはそれぞれに個性が分かれ、メインフロアの「GAIA」には広いステージが設置されており、派手なダンスパフォーマンスやバンドセットのライブなどで熱気を帯びます。

「DEEP SPACE」は渋くハイセンスなラインナップで、アダルトな香り。その他に「GAIA」に隣接する「WHITE」、個室の「D LOUNGE」があるなど、それぞれにオリジナリティ溢れるDJ陣がフロアを彩ります。

ジャンルはヒップホップなどのブラックミュージックからテクノ/ ハウス、ロックまで、イベントによって客層がガラリと変わるのも特徴。世代も幅広く、渋谷でこれだけのエンターテイメント性を持つクラブは他にありません。大人数で騒ぐのが好きな人なら、いつ行っても楽しめること間違いなしの人気のクラブです。

SOUND MUSEUM VISION
住所:東京都渋谷区 道玄坂2−10−7 新大宗ビルB1F
営業時間:イベントにより異なる
最寄り駅:渋谷駅
URL:http://www.vision-tokyo.com


フィードバック 6

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Travel
  • クラブは今、渋谷がアツい! 音楽を本気で楽しみたい人のための渋谷のクラブ・ライブスペース

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて