メジャーを選んだラブリーサマーちゃん。その理由と背景を語る

ラブリーサマーちゃんのメジャーデビューアルバム『LSC』の魅力は、何よりその「普遍性」の高さだと言えよう。「ネット発の宅録女子」というキャッチコピーや、バラエティー豊かなサウンドには時代感がはっきりと刻まれている。

しかし、真っ青なジャケットが印象的な『LSC』で描かれているのは、誰もが経験する「青の時代」の無敵感とメランコリー。エバーグリーンなメロディーと幼さの中に大人びた表情を垣間見せる歌声とが組み合わさることで、その「普遍性」により磨きがかかっている。そんな意味では、スーパーカーやWEEZERとも並びうる、「新たなブルーアルバムの金字塔」なんて言い方をしてもいいだろう。

現在21歳とまだまだ青春の途上にあると言えるラブサマちゃんだが、メジャーデビューにあたり、ここに至るまでの「青の時代」を改めて振り返ってもらった。

青臭いものっていいですよね。すれてない感じというか、若い人たちが一生懸命にやっている感じが好きなんです。

―『LSC』にはこれまでに発表した過去の代表曲が網羅されていて、ジャケットにも表れているように、ラブサマちゃんの「青の時代」が凝縮された作品になりましたね。

ラブサマ:私、すごく「青」に憧れがあって。実際、今作は自分の青い時代を切り取ったものにしたいっていう想いもあったので、そういう感想をいただけるのは嬉しいです。アタマから尻尾まで聴いて、いい意味でも悪い意味でも、すごく青いなって自分でも思いました。

ラブリーサマーちゃん
ラブリーサマーちゃん

―「青への憧れ」というのはどういうことですか?

ラブサマ:青臭いものっていいですよね。すれてない感じというか、若い人たちが一生懸命にやっている感じが好きなんです。あとは、好きなCDのジャケットがだいたい青とか(笑)。

―『LSC』のジャケットを見て連想したのは、スーパーカーのデビューアルバム『スリーアウトチェンジ』(1998年)でした。

ラブリーサマーちゃん『LSC』ジャケット
ラブリーサマーちゃん『LSC』ジャケット(Amazonで見る

ラブサマ:『スリーアウトチェンジ』はめっちゃ聴いたので、ああいうみんなから愛される作品になったらいいなっていう想いもありました。あとは中村一義さんの『100s』(2002年)とか、くるりの『TEAM ROCK』(2001年)とかも真っ青じゃないですか? 青いアルバムはいいですよね。

―特に『スリーアウトチェンジ』は『LSC』と同じくメジャーデビューアルバムだから、スーパーカーの青の時代の魅力が詰まっていて、すごくいいですよね。

ラブサマ:そうですよね。今回のアルバムには、自分でもすでに恥ずかしいって思う曲も入っているんです。でも制作しているときに、「自分では恥ずかしいくらいの方が人には届きやすいんだよ」って言われて、そういう歌詞をあえて選んだところもあります。

―1曲目の“あなたは煙草 私はシャボン”は、2014年に発表された古い曲ですよね。だから振り返ると恥ずかしい部分もあるかもしれないけど、ある意味自分の原点みたいな意味で、これを1曲目にしたわけですか?

ラブサマ:実はそういうわけでもなくて。曲を作って、レコーディングして、チェックし終わったあと、ヘトヘトになって「もうアルバムのこと考えたくない!」っていう時期があったんです(笑)。そのとき、ディレクターさんに「こんな感じでどう?」って今の曲順を提案してもらったんです。

―「こういうアルバムにしたい」みたいな青写真はあったんですか?

ラブサマ:私、もともとSoundCloudで活動していたので楽曲単位で考えがちで、アルバムの構想みたいなのってあまり描けなくて。それは今後作品を出していく中で、考えられるようになれればなって思っています。今回は自分の好きな曲を作って、その中からいい曲を集めて、パッケージングしたっていう感じですね。

―さっき挙げてくれたようなアルバムに対する憧れはありつつも、自分の作り方としてはあくまで一曲一曲だったと。

ラブサマ:そうですね。4月から6月にシングルを3枚(『LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)』『PART-TIME ROBOT』『青い瞬きの途中で』)、9月に7インチのシングル(『202 feat.泉まくら』)を出したんですけど、そのシングルの反響によって、アルバムがどれくらい聴かれるか変わってくると思ったんです。

なので、シングルでいろんな人を巻き込みたくて、エレポップ、USロック、ブリットポップ、最後はアーバンなヒップホップみたいな感じでサウンドのふり幅を大きくしました。そうなるとコンセプチュアルに「こういうアルバム」みたいな方向性は決められないですよね。逆に言うと、「いろんな私を見てもらいたい」っていう気持ちがあって、だから、“水星”(tofubeatsのカバー)もバンドアレンジにしないで、弾き語りにしました。

初回限定盤ボーナスディスク『ETC』収録

―まさに、そのいろんなサウンド、ジャンルみたいなことがコンセプトに映りました。さっきの三枚で言うと、『TEAM ROCK』はそういうアルバムですよね。

ラブサマ:(スマホを見ながら)“カレーの歌”とかも入ってるじゃないですか! “愛なき世界”も入ってるし、最高だなあ、このアルバム……。

―あとは、“ワンダーフォーゲル”“ばらの花”“リバー”とかも入ってますし。だから、『LSC』っていうアルバムは「青さ」っていう意味では『スリーアウトチェンジ』で、「バラエティー」っていう意味では『TEAM ROCK』だって言えるかも。

「青春とか別になかったけど、それはそれでいいかもね」っていう折り合いの付け方もアリだなって。

―曲順はディレクターさん側から提案されたという話でしたが、1曲目が“あなたは煙草 私はシャボン”なのは、ラブサマちゃん的にもしっくりきたわけですよね?

ラブサマ:私の代表曲って、今でもこの曲だと思うんです。この曲は人を選ばないというか、クラブカルチャーに浸っている人も気に入ってくれたし、普通の女子高生が「いい曲!」って思ってくれたり、この曲の力ってすごいなって思います。なので、この曲を1曲目に持ってくるというのはいい掴みになるのではないかなと。

―“あなたは煙草 私はシャボン”には<青春は終わった訳じゃない>という歌詞があって、インディーズからのラストシングルになった“202 feat. 泉まくら”には<青い日々がいつまででも続くなんて思っていた>という歌詞がありますよね。ここには流れを感じることができるんですが、泉まくらさんの起用も含め、“202”はどのようにできた曲なんですか?

ラブサマ:私は客演した曲やリミックスが多くあって、今回、初回盤のボーナスディスクにそれらの曲を収録したんですけど、「いろんな人を巻き込んで音楽をやっている」ってイメージが、自分にもディレクターさんにもあったんです。これまで、客演やリミックスを通じて自分の力だけでは届かない人にも聴いてもらえるっていう体験をしてきたので、今度は自分の曲に誰か参加してもらおうと思って。

そのときパッと浮かんだのが泉まくらさんだったんです。曲としては、やけのはらさんと七尾旅人さん(“Rollin' Rollin'”)、tofubeatsさんとオノマトペ大臣(“水星”)みたいな、歌メロとラップがあって、二人の掛け合いがあるみたいなイメージで作りました。

―歌詞に関してはどうですか?

ラブサマ:私の中で泉さんの存在が大きかったので、引っ張られた部分はあるかなって思います。“あなたは煙草 私はシャボン”って、結局全然届かなかった恋のことを歌ってて。曲の中に男の人との接触が見えない、めちゃくちゃ処女感のある曲で世に出たので、そういう部分が求められているのかなっていうのもあって。だから今までは、曲の中に男の人の影を出すことに無意識的な抵抗があったんです。

でも泉さんって、「さみしくて 流されやすくて そしてちょっぴりエッチで。ラップをしちゃう普通の女の子」っていう紹介文のとおり、実際歌詞がちょっとエッチなんですよね。生活感があって、そこに男の人がいるってわかる歌詞を書くっていうのは、私としてはチャレンジでもあったんですけど、泉さんに引っ張られつつも、自然と書くことができたかなって思います。

―そこにはまさに、ラブサマちゃん自身のこの2年の変化が表れているようにも思いますが、この間出た泉さんのアルバム『アイデンティティー』に、“さよなら、青春”って曲が入っていたじゃないですか? 先日CINRA.NETで泉さんにインタビューをしたんですけど……(ポジティブを強要されがちな風潮はイヤ 泉まくら×大島智子対談)。

ラブサマ:読みました! あれよかったですねえ。

―“さよなら、青春”っていう曲は、「青春はかけがえのないものって言うけど、青春時代をよく思えない人もいるはずで、だから青春なんか終わらせて、今を何となく生きたっていいじゃん」っていうことを歌っているって、泉さんは言っていました。ラブサマちゃんは「青春」をどう捉えていますか?

ラブサマ:私はたぶん青春らしい青春をしたことがないんです。なので、今の私は「青春ってきっといいものなんだろう」と思ってて。だからこそ、青臭い曲を作りたがるのかなって思いますね。

でも、きっと青春って、30歳とか40歳くらいになったときに、「あの頃は青春だったな」って思うものなのかなとも思ってて。「私は青春したことがない」って言いましたけど、学校に行ったり、レコーディングしたり、いろんな人と話したりしているのって、今のところそんなに色鮮やかには見えてないですけど、振り返ったときに、青春と感じるのかもしれないですよね。

―客観的な目線もありつつ、でも最初に言っていたように、「青への憧れ」が今はあると。

ラブサマ:ありますね。でも、「いつか来るかも」って思い続けて、青春ゾンビ化しちゃう可能性もありますよね(笑)。だから、泉さんがインタビューで言っていたみたいに、「青春とか別になかったけど、それはそれでいいかもね」っていう折り合いの付け方もアリだなって思いました。音楽好きな人とかって過剰に青春を追いかけがちだけど、実際青春がなかった人もいるし、私もそうかもしれない。でも、「それも悪くないじゃん」って言ってくれたのは、ちょっと救われるような気がしましたね。

まずは自分の好きな曲を作る。そのうえで、人に聴いてほしい。

―ここまでいくつかアーティストの名前が出てきて、先日Twitterでアルバムの各曲の元ネタみたいなことも書いていましたけど、自分のソングライティングのアイデンティティーはどこにあると考えていますか?

ラブサマ:「わかりやすさ」「ポップさ」だと思います。さっきも言ったように、今回の収録曲ってバラバラでジャンルでは括れないと思うんです。“私の好きなもの”と“青い瞬きの途中で”って、「同じ人が作ってるの?」って感じじゃないですか?

なので、自分でも「私のアイデンティティーって何だろう?」って考えたんですけど、私っぽさは歌メロ、声、歌詞にあるんだと思います。私は、「人に聴いてもらいたい」っていう気持ちがすごく強いので、歌いやすさ、覚えやすさ、聴きやすさとかが大事かなって。

―ポップな曲を作るうえでの方法論みたいなものってありますか?

ラブサマ:パターンをいくつか作って、それを人に聴いてもらって判断することはよくあります。たとえば、「ラブリーサマーちゃん」名義で初めてCDをリリースした“ベッドルームの夢”っていう曲は、最初もっとスローテンポでサウンドもシューゲイザーっぽくてダウナーな歌詞だったんですけど、「単独名義で最初に出すにはちょっと……」って話になったんです(ラブリーサマーちゃんは「ラブリーサマーちゃんと芳川よしの」名義で2014年に1枚リリースを行っている)。

なので、「これから頑張ろう」っていう前向きな歌詞にして、曲調に関しても、BPM速くして、リヴァーブをちょっと消して、ギターソロを入れて。最初は「そんなことしたら普通のロックバンドと一緒になっちゃうじゃん」って思ったんですけど、私なりに着地点を見つけて作ったら、これはこれでいいなってものになりました。

―「自分がいいと思うものを作りたい」という想いと、「たくさんの人に聴いてほしい」という想いと、そこはいつもせめぎあいだと。

ラブサマ:たとえば、アンビエント(環境音楽とも呼ばれる音楽のジャンルのひとつ)とかをやっていたら、老若男女に愛されることって難しいと思うんです。でもラッキーなことに、私はもともとポップなものも好きだったので、私のやりたいことと世の中の人が求めているものって共通している部分があると思うんですね。なので、その中に自分のニッチな好みをどこまで詰め込んでいけるかの勝負かなって。

さっきお話した方に、「このアルバムはポップだけど、ポップだけじゃ語れない深みがあって、そこがいいアルバムでした」って言ってもらえたんですけど、そういう曲しか作りたくないと思っています。なので、まずは自分の好きな曲を作りたいというのが根本にあって、そのうえで「人に聴いてほしい」っていう気持ちがありますね。

自分の好きな音楽がどんなものだったか、忘れないでいよう。

―では、今回のアルバムの収録曲の中で、「一番自分らしい」と感じる曲を挙げるとしたら、どれになりますか?

ラブサマ:3年くらい前はインディーロックっぽいのが私らしいと思っていたんですけど、最近また自分の趣味趣向が変わってきている気がして。今はブリットポップ期だと自分で思っているんです。最近作った曲が全部そんな感じで、“青い瞬きの途中で”と“僕らなら”と、今作に入ってない新曲も、UKの香りがするものばっかりで(笑)。

―もともと、いわゆるUK的な湿っぽさや泣きメロっていうのは、ラブサマちゃんのアイデンティティーのひとつなんだろうなって思います。“僕らなら”は、まさにメジャーデビューに向けたラブサマちゃんの心境を書いた曲ですよね?

ラブサマ:そうですね。私もともとメジャーデビューに対する憧れってそんなになくて、逆にメジャーデビューして痛い目に遭った人をたくさん見てきたんです。だから、メジャーデビューして自分の好きな曲が作れなくなるなら、一人でネットにアップする方がいいやって思ってて。じゃあ、何でそう思っていた人が「SPEEDSTAR」からメジャーデビューすることになったのかというと、私と契約することを決めて、今までずっと一緒に作業をしてきたディレクターさんがすごくいい人なんです。

―今日の取材でも、ちょくちょくディレクターさんの話が出てますもんね(笑)。

ラブサマ:レーベルって、ちゃんとお金を儲けなくちゃいけないじゃないですか? なので、お金儲けのための音楽を強要されたら最悪だと思ってたんです。でもそのディレクターさんは、“天国はまだ遠い”みたいな絶対に売れ線ではないだろう曲を作っても、「俺これめっちゃ好き」って言ってくれたんですね。この人とならメジャーデビューしてもめげずにやっていけそうだと思ったんです。

私、グループワークとか苦手で、「一人最高!」って思っていたんですよ。でもそのディレクターさんと出会って、「この人となら引っ込み思案でできなかったこともできるんじゃないか」って思えるようになれたことが嬉しくて。“僕らなら”はそのディレクターさんのことを書きました。

―なるほどなあ。男女の話に受け止めることもできるし……。

ラブサマ:確かに! そう考えるといいですね。これ、結婚ソングとしてどうですか? 友達の結婚式で演奏したら泣けそうですよね。あ、でもディレクターさんに、「俺とラブサマちゃんの男女としての決意の曲」って思われてたら嫌だなあ。ただのビジネスパートナーとしての信頼なんで……。

―せっかくいい話だったのに(笑)。でも、この「僕ら」って、ディレクターさんのことでもあり、SPEEDSTARのチームのことでもあり、もっと言えば、聴いてくれる人のことでもあると思うんですよね。

ラブサマ:そうですねえ……つまり、今までのラブリーサマーちゃんの活動の周りにいてくれた人ですよね。泣けるなあ……ごめんなさい、自分の曲なのに(笑)。

―「一人最高!」って思っていた頃から今に至る変遷がそのままアルバムに入ってるってことですよね。

ラブサマ:なんか、ありがたいですね。いろんなことがあるもんだ。すげえなあ。そう考えると、“僕らなら”で終わるのいいですね。

―個人的には、“天国はまだ遠い”から“僕らなら”っていう並びも好きです。サイケな長尺の曲の後に、いい曲がきて終わるのって1stアルバムっぽい。

ラブサマ:そうなんですね。“天国はまだ遠い”は長いし、歌詞も抽象的ですごく尖っているじゃないですか? 私はあんまりメジャーデビューっぽくないと思ってたんですけど、そういう曲を1曲入れることで、いい違和感を与えられるかなって思ったんですよね。

―『スリーアウトチェンジ』は最後、長尺の“TRIP SKY”で終わるじゃないですか?

ラブサマ:でも、スーパーカーの時代と今の時代って違いますよね?(笑)

―スーパーカーって当時爆発的に売れたわけじゃないけど、今やみんなが大好きなバンドで、それって彼らが自分たちのやりたいことをやってきたからだと思うんですよね。なので、ラブサマちゃんにとってもこれからますます「やりたいことをやる」っていうのが重要で、今作に“天国はまだ遠い”みたいな曲が入っているのは、すごくいいことだと思う。

ラブサマ:そっか、自分の好きな音楽がどんなものだったか、忘れないでいよう。そうすれば、もっと好き勝手できるようになりますよね(笑)。

リリース情報
ラブリーサマーちゃん
『LSC』初回限定盤(2CD)

2016年11月2日(水)発売
価格:2,500円(税込)
VIZL-1023

[DISC 1]
1. あなたは煙草 私はシャボン
2. PART-TIME ROBOT
3. 青い瞬きの途中で
4. 202 feat. 泉まくら(New Mix)
5. 私の好きなもの(New Mix)
6. 月の光り方
7. 水星
8. わたしのうた
9. 魚の目シンパシー
10. ベッドルームの夢(New Recording)
11. 天国はまだ遠い
12. 僕らなら
[DISC 2]
1. LOVE♡でしょ?(Pro.by 無敵DEAD SNAKE)
2. Song 4 U
3. First Regrets
4. Another Sunny Daze
5. 最高の夜だぜ (歌:ラブリーサマーちゃん)
6. Divine Hammer
7. 私の好きなもの(Yunomi Remix)
8. 笑い話 (Lovely Club Mix)Remixed by USYN
9. あなたは煙草 わたしはシャボン(Herrokkin Remix)

ラブリーサマーちゃん
『LSC』通常盤(CD)

2016年10月26日(水)発売
価格:2,300円(税込)
VICL-64617

1. あなたは煙草 私はシャボン
2. PART-TIME ROBOT
3. 青い瞬きの途中で
4. 202 feat. 泉まくら(New Mix)
5. 私の好きなもの(New Mix)
6. 月の光り方
7. 水星
8. わたしのうた
9. 魚の目シンパシー
10. ベッドルームの夢(New Recording)
11. 天国はまだ遠い
12. 僕らなら

プロフィール
ラブリーサマーちゃん
ラブリーサマーちゃん

1995年生まれ 現役大学生21歳の女子。2013年の夏より自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。サウンドクラウドやツイッターを中心に話題を呼んだ。2015年11月11日には待望の1stアルバム「#ラブリーミュージック」を発売、好評を博す。2016年4月から完全限定生産シングルを3ヵ月連続でリリース。2016年11月2日には、待望のメジャーデビューアルバム「LSC」をリリースした。若くて多才で素直、可愛くて優しいピチピチロックギャル。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • メジャーを選んだラブリーサマーちゃん。その理由と背景を語る

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて