jizueが培ってきた「チーム力」。脱退の危機も軽やかに飛び越えた

京都発のインストバンド・jizueにとって、2019年は転機の年となった。2006年の結成以来、10年以上に渡って活動をともにしてきたドラマー・粉川心の脱退が8月に発表されたのである。バンドの中心人物である井上典政は、これまでの取材で「この4人で楽しく音楽を続けていきたい」と繰り返し語っていて、今回の決断が容易でなかったことは想像に難くない。しかし、バンドはすぐにサポートを迎え、ペースを緩めずに活動を続けている。

その活動のひとつが、10月から放送しているテレビアニメ『星合の空』のサウンドトラック。jizueが劇伴を手掛けるのはこれが初めてだが、インストバンドとしての力量を存分に発揮した素晴らしい仕上がりとなっている。井上は本作の制作に集中することで、困難な時期でも歩みを止めずに済んだという。

「ピンチはチャンス」と言葉にしてしまうのはあまりにも簡単だが、それでもバンドが危機を乗り越えることによって、新たな可能性を開花させていく事例というのは、これまでの音楽の歴史に何度もあったこと。「僕らは全然前向きですよ」という井上に、現在の率直な心境を語ってもらった。

たとえ一人になったとしても、僕は「jizue」としてやってると思う。

井上典政

―まずは8月に発表された粉川さん脱退の経緯について話していただけますか?

井上:音楽性の違いとかではまったくなくて、同じ方向を向いて、同じテンションでやってたんですけど、一ドラマーとして、もっと表現したい部分が出てきたというか。それをそのままjizueとしてやっちゃうと迷惑をかけるかもしれないし、だからといって、その欲求を抑えてバンドを続けるのも違う。だったら、それぞれの道で、それぞれの音楽を高めていった方がいいんじゃないかって。

だから、仲が悪くなったとかでもないんです。実際粉川は抜けたあとのjizueのライブに毎回のように来てくれて、一緒に打ち上げもして、「いいバンドやな」って言ってくれてるし、アドバイスをくれたりもしてます。

―仲の良さは相変わらずなんですね。

井上:なので、他のメンバーがどう思ってるかはわからないですけど、いつかそれぞれの気持ちが落ち着いて、もう一回「一緒にやろう」ってなったら、全然やったらいいと思ってます。「もう絶対一緒にやりたくない」とは誰も思ってないと思うので。

jizue(じずー)
2006年結成。これまで6枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCK FESTIVAL』『GREENROOM FESTIVAL』『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。2017年10月、ミニアルバム『grassroots』でビクターよりメジャーデビュー。2019年12月25日に、『TVアニメ「星合の空」ORIGINAL SOUNDTRACK』をリリースする。
粉川心が最後に参加したミュージックビデオ

―脱退はすぐに決まったわけではないと思うのですが、話自体はいつ頃からしていたんですか?

井上:2年前くらいから、いろんな想いをはっきり言うようにはなってきていて、メンバー間でぶつかることは増えましたね。打ち上げして、ホテル帰って、そのあとまた飲むことも多いんですけど、そこで言い合うことも増えて。ただ「楽しかったな」では終わらない。

僕らをサポートしてくれる人も多くなってきた中で、ただ自分たちがやりたいことをやってるだけだと誰もサポートしてくれへんし、かといって、やりたいくないことを我慢してやるのは嫌やし。そういうことをいろいろ話してきて、1年前くらいに、はっきりと「もうこのままでは続けていかれへんかもな」という話になりました。

―メジャーデビューが2017年なので、環境の変化があった中、それぞれの考え方にも少しずつ変化があったんでしょうね。ただ、井上さんはこれまでの取材でもずっと「この4人で楽しく音楽を続けていきたい」とおっしゃっていたので、話し合いを続ける中では、やはり相当な葛藤があったと思うんです。

井上:そうですね……「このメンバーでじいちゃんになっても続けたい」ってずっと言ってて、それは今のところ叶わずですけど……でも、また何年後かに叶うかもしれないとも思ってて。だから、jizueをなくすことだけは僕は絶対嫌で、今は今の体制でできることに全力を尽くしていこうと思っています。

―ずっと一緒に続けたいと思っていたメンバーの脱退が決まってしまっても、「解散」を考えることはなかった?

井上:1ミリもなかったです。たとえ一人になったとしても、僕は「jizue」としてやってると思う。だから、いざ脱退が決まったときは、僕はそこまで落ち込まなかったんですよ。逆に、落ち込んでダラダラやるのが一番よくないから、ある意味、開き直るしかないと思って、「次のこと、次のこと」って考えようと思って。それは今もそうなんで、そんなに落ち込む瞬間ってなかったんですよね。

fox capture planのつかっちゃん(井上司)が、「jizueの曲が好きだし、手伝えることあるんやったらなんでもやる」って言ってくれて。

―すぐにライブも決まってたし、サントラもあったし、まずは目の前のやるべきことに集中して、バンドの歩みを止めずに来たと。

井上:そうですね。止まってしまったら、それこそ一気に悲しみがやってきてしまうのかもしれないし、止まらんように動いていかなあかんっていうのはずっと思ってました。

―粉川さん脱退後のライブは、fox capture plan(以下、fcp)の井上司さんがサポートをされているそうですね。4人で培ってきたグルーヴに加わるのは容易ではないと思うけど、司さんならバンドに対する理解もあるだろうし、テクニックも申し分なさそうですね。

井上:fcpは一番仲良いインストバンドのひとつなので、つかっちゃん(井上司)に聞いてみたら、「jizueの曲が好きだし、手伝えることあるんやったらなんでもやる」って言ってくれて。

しかも、曲投げて、一回スタジオ入ったら、もう完璧にコピーしてくれてて、すごいクオリティだったんですよね。それこそ、つかっちゃんがおらんかったら止まってたかもしれないです。あともう一人、京都のpasteurというバンドの菱沼(大策)さんにも叩いてもらってるんですけど、二人とも個性的なドラマーで、感謝してますね。

―サポートと一緒に演奏することで、新たな可能性も芽生えるでしょうね。

井上:次の制作の話をすでにしていて、それを新しいドラムの人と一緒にできるのはすごく楽しみですね。きっと楽曲の幅がさらに広がると思いますし……まだなんにも作ってないんですけど(笑)、でも構想の時点で、すでに楽しみなんです。

9月23日『タワーレコード日本上陸40周年記念 ビクタージャズ祭り2019<SCENES>』にて。井上司がステージに登場した瞬間、大歓声が湧き上がった

アニメでjizueを知ってくれた人もたくさんいて、すごく広がりも出ましたし、本当にありがたいなと思いました。

―テレビアニメ『星合の空』はjizueにとって初のサントラですが、今回は井上さんが中心となって制作を進めたそうですね?

井上:(片木)希依ちゃん(Pf)はソロをやってたりもするし、今jizueに注ぐ時間を一番取れるのは僕なので、僕が引っ張っていかなという想いを勝手に強く持ってて。自分が「これをやりたい」って発信していかなあかんなって。

サントラなので結構な曲数を作らないといけないし、それをjizue全員で話し合いながら進めるのはちょっと難しいから、僕が主導権を握ってやりますという話は最初からしてました。とはいえ、僕一人で全部をやったわけではなくて、ピアノのフレーズは全部希依ちゃんに任せてますし、上手く振り分けて、jizueの色を出せたかなって思います。バンドサウンドの曲はまだ粉川が叩いてますしね。

―制作サイドからはなにかリクエストがありましたか?

井上:何回か打ち合わせをさせてもらって、「このシーンはこういうイメージで」って、細かくシートをいただいたんですけど、「いつもの感覚で作らせてもらっていいですか?」という話をした上でやらせてもらったので、曲作りでなにか制限をされることはなかったです。

なので、jizueのよさをちゃんと出した上で、アニメを引き立てるために、今まで使ってない楽器を使ってみたりして。そういうのは今後のjizueのエッセンスになればいいなという想いもありつつ、挑戦してみました。ダメって言われたら修正はするつもりでしたけど、それもほぼほぼなく、受け入れていただいてありがたかったですね。

―井上さんは作家としてのお仕事もされていますが、とはいえ、サントラのお仕事は初めてですし、シーンにあった曲をたくさん作る上での苦労はあったのかなと。

井上:普段は曲の核になるかっこいいフレーズができて、そこから広げていく作業が大変なんですけど、今回は各曲短いので結構サラッとできて、そこはインストをずっと作ってきたからこその強みかなって思いました。

もともと映像と絡んだなにかをしたいっていうのもずっと思ってたので、今回お話をいただけて、すごく楽しかったですし、実際にアニメを見るとアニメが曲のよさを引き立ててくれる部分もあって、本当にありがたいなと思いました。アニメでjizueを知ってくれた人もたくさんいて、すごく広がりも出ましたしね。

―曲によっては打ち込みもあったりしますが、逆に“W –星合の空-”はいかにもjizueらしい仕上がりですよね。この曲は“W”として、『gallery』(2019年7月リリースのコンセプトアルバム)にも収録されていましたが、どうやってできあがった曲なのでしょうか?

jizue“W”を聴く(Apple Musicはこちら

井上:もともと『星合の空』のテニスの試合をテーマに作った曲で、だからダブルスを意味する“W”が曲名になってるんです。

まさにjizueらしさを一番詰め込んだ曲で、攻められるだけ攻めた曲なので、メンバー内でも「プログレッシブ過ぎひん?」「激しすぎひん?」って話もあったんですけど、いざ録ってみたら、「めちゃくちゃええやん」ってなって。だからこそ「これは『gallery』にも入れたいね」という話になったんです。実際のアニメを見てもワクワクしますし、この緊張感は『星合の空』があったからこそなので、その意味でも感謝してますね。

ただフワッとやるだけじゃ意味ないし、ちゃんと話し合う時間が大切で、「チームプレイの大切さ」というのをいつも意識してます。

―『星合の空』は中学の男子ソフトテニス部のお話ですが、粉川さんも含めたjizueの男性メンバー三人はもともとサッカー好きの幼馴染だったことを考えると、アニメとバンドにリンクする部分もあったりしたのかなって思うのですが、いかがでしょうか?

井上:アニメを見てると、「わかるわあ」ってことはよくありますね。「男だけの集まりって、こうなりがちよな、さぼりがちよな」とか(笑)。でも、希依ちゃんはグループでなにかをやるってことはjizueが初めてらしくて、今まさに部活をしてるような感覚があって、それが『星合の空』ともマッチしてるって言ってましたね。

―井上さんも以前からバンドに対して、「楽しいこと、面白いことをやっていきたい」とよくおっしゃっていますが、それは部活の感覚とはまた別ですか?

井上:部活とはちょっと違うかな……でも、もともとサッカーをやってて、チームプレイは好きですし、仲間となにかをすることはすごく好きなんですよね。

三人になって、悩みながらやるのはしんどい部分もありますけど、でもそういうことがすごく大切だと思うんです。ただフワッとやるだけじゃ意味ないし、ちゃんと話し合う時間が大切で、部活とはまた違うけど「チームプレイの大切さ」というのを僕はいつも意識してますし、みんなもそう思ってるんじゃないかな。自分でピアノのフレーズを考えることはできても、希依ちゃんがおらんかったら弾けないし……ベースは俺も弾けますけどね(笑)。

―いやいや、山田(剛)さん(Ba)もチームの重要な一員じゃないですか(笑)。

井上:でもそれは本当にそうで。剛がおらんかったらバンド続けられへんかったかも、という場面が実はいっぱいあるんです。剛って、オモシロキャラになってるけど、根はしっかりしてて、大事なことをビシッと言うんですよ。その分粉川と衝突することも多かったけど、「剛がおったから」という部分はめちゃめちゃあって。幼馴染ですし、面と向かって言うのは恥ずかしいですけど、剛には本当に助けてもらってます。

―脱退話の最中の山田さんはどんな感じだったのでしょうか?

井上:三人とも小学校からサッカーやってたんですけど、僕は二人とは別のチームやったんで、粉川との付き合いが一番長いのは剛なんですよ。だから、粉川の性格もよく知ってて、わかってるからこそ、それを見抜いてズバッと言ったりもするんです。でも逆に、粉川が一度決めたら変わらへんっていうのも知ってて、最後の方は「そんなに強く止めへんねんな」という感じで。もちろん、お互いのことが嫌いになったわけではないので、剛も「またいつか一緒にできたら」ということは言ってますよ。

前列にいるのが山田剛。後ろにいるのは、(左から)片木希依、井上典政、粉川心

いい作品が作れなかったら、どんどんjizueがかっこ悪いバンドになってしまう。それは絶対に避けたかったんですよね。

―『星合の空』のサントラは、バンドの動きを止めないという意味でも、新たな可能性を開くという意味でも、すごく大事な作品になったと言えそうですね。

井上:jizueの次のステップに確実につながると思いますね。その分、作ってるときは「絶対いいものにせなあかん」という想いが強くて。みんなもちゃんとそれに応えてくれたなって思います。

やっぱり、メンバーが抜けることで不安に思ったファンの人もいたと思うんです。特に僕らは歌ものじゃなくインストで、それぞれの楽器で聴かせるバンドだから、その1/4が抜けるって、結構衝撃やと思うんですよ。そのタイミングで、いい作品が作れずにマイナスなことになってしまったら、どんどんjizueがかっこ悪いバンドになってしまう。それは絶対に避けたかったんですよね。

―だからこそ、ライブも休まずにやってきたし。

井上:サントラに関してはたまたまこのタイミングになったわけですけど、これで初めてjizueのことを知ってくれた人も多いと思いますし、いいタイミングだったというか、アニメのおかげでjizueがもう一歩先に進めたと思っていて。劇伴を作ること自体もすごく楽しかったですし、話があればまたぜひやりたいですね。

時間はあっという間に経ってしまうし、残せるものは残していきたい。最近はそういう気持ちが強いんです。

―井上さんはバンドマンであり、作家であり、エンジニアでもあるわけですが、この1~2年で、個人としての音楽に対する向き合い方になにか変化はありますか?

井上:個人としてはいろいろやりたいことが増えてます。僕はずっと「jizueをどうするか」を第一に考えてきて、それは今も変わってないんですけど、そうじゃないことも考えるようになって。

せっかく自分で曲作って、レコーディングして、CDまで作れる環境と技術があるんだから、例えば女性シンガーさんと歌もののバンドをやってみるとか、プロデュースをしてみるとか、そういうこともできるんじゃないかなって。それこそインスト界隈でこれまでつながったかっこいいミュージシャンいっぱいいますし、そういう人たちにも手伝ってもらいながら、そっちでも楽しく音楽できるんじゃないかなって思っているんですよね。

―その考え方の変化って、やはりこの1~2年に、バンドでいろいろ話し合いを続けてきた中で、少しずつ芽生えたものなのでしょうか?

井上:そうですね。jizueではあんまり歌ものはやってなくて、それは「インストバンドなんだから、インストで聴かせるものを作りたい」という想いが強くあったからなんです。ただ、オーケストラと一緒にやったり、他のアーティストが入ることで、自分たちの曲が広がったりしたので、他の人とやることに対する抵抗がなくなってきて。今ドラムがサポートになったのもあるだろうし、そういう流れもあって、自分一人でも他のメンバーとなにか一から作ってみたいと思うようになったのかもしれないです。

―「チームプレイを大切に」という部分は変わらず、それが今まではjizueで完結していたけど、より範囲が広がりつつあるということかもしれないですね。希依さんにしろ、粉川さんにしろ、ソロでもやられていて、刺激にもなってるだろうし。

井上:これまでは結構内に内にって感じやったのが、一個パンって開いたのかもしれないです。これまで実は希依ちゃんのソロ活動を僕はあんまり推してなくて、それは「jizueできひんくなるやん」って思ってたからなんですけど……今は「自分もなにかやりたい」って思ってますね。

片木希依のソロ曲(feat. 千葉広樹、石若駿)

―それによって、バンドにフィードバックできることもあるでしょうしね。

井上:時間はあっという間に経ってしまうし、残せるものは残していきたいなって、最近はそういう気持ちが強いんですよね。もうないとは思いますけど、でもまたいつメンバーが辞めなきゃいけないことになるかもわからないわけやし、今は三人でできることをどんどんやっていきたい。ちょっと焦ってしまってるのかもしれないけど……。

―それこそ、そういうときはチームプレイで、三人でバランスを取っていければいいのかなって。

井上:そうですね。粉川がおらんくなって、まだそんなに時間も経ってないし、まだそれぞれが思ってることをちゃんと話せてないとも思うんで、今度時間作って、ゆっくり話をしようと思っていて。ただ間違いなく言えるのは、次は絶対に前よりいいものを作らないとあかんし、作れる自信もあって……そういう気持ちは、ずっと変わらずですね。だから、メンバーが抜けてもちろん寂しい気持ちもありますけど、僕らは全然前向きですよ。

リリース情報
jizue
『TVアニメ「星合の空」ORIGINAL SOUNDTRACK』(CD)

2019年12月25日(水)発売
価格:2,750円(税込)
VTCL-60515

1. 水槽 TV size ver.(歌:中島 愛)
2. Ingenuity
3. W -星合の空-
4. ickle
5. slow and sure
6. heart rate
7. Tale
8. haimish
9. ice fog
10. spade
11. Moonbow
12. ungrid
13. sole male
14. ibis
15. cryptic
16. Whimsy
17. i am zany
18. Ludic
19. L.D
20. Misty color
21. about it
22. kewl
23. elf ear
24. Oath
25. temenos
26. hex
27. eclipse
28. relief
29. seaRay
30. Hail marys
31. axis
32. psychology
33. petal
34. yule log
35. Ignorance
36. nebulae
37. oxidize
38. until later
39. euphoria
40. 籠の中の僕らは TV size ver.(歌:AIKI from bless4)

プロフィール
jizue
jizue (じずー)

2006年結成。これまで6枚のフルアルバムを発表し、そのどれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、『FUJI ROCK FESTIVAL』『GREENROOM FESTIVAL』『朝霧JAM』といった大型フェスにも出演。国内に留まらず、カナダ、インドネシア、中国、台湾など、海外にも進出し、その圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。2017年10月、ミニアルバム『grassroots』でビクターよりメジャーデビュー。2018年7月、2年ぶりとなる6枚目のフルアルバム『ROOM』をリリース。2019年7月、コンセプトアルバム『gallery』をリリース。2019年10月には京都市交響楽団サポートによる初のオーケストラを開催。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • jizueが培ってきた「チーム力」。脱退の危機も軽やかに飛び越えた

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて