THA BLUE HERBが表す2020年 大きな未来よりも、確かな実感を

2枚組30曲というボリュームを誇ったセルフタイトルの5thアルバムからきっかり1年。驚くべき早さでTHA BLUE HERBの新作が到着した。『2020』と名付けられたミニアルバムは、長い時間をかけて己の見聞を注ぎ込んでいく通常のアルバムとは異なり、反射神経と経験値をフル回転させながら一筆書きにしたドキュメントのような内容だ。歌われるのは今現在の日本、いまだ解決策も見えないコロナ禍の世界、それをどう生きていくかの自問自答。怒りと混乱が悲しい分断を生む時代にあって、ILL-BOSSTINOの言葉はかつてなく優しく、誰を攻撃することもなく確かなエールを送り続けている。この作品から見えてくる彼の思想、愛国心、そして意外とも思える共感や共生の精神について。THA BLUE HERBの本質は、23年目の今、ますます確かなものになっている。

ヒップホップって世の中が狂えば狂うほどその声が大きくなるジャンルだと思う。ぶっ壊れてけばぶっ壊れていくほど、言うべきこと、言うべき対象はハッキリしてくる。

―この時期、CDという形で新作が出るとは思わなかったです。

ILL-BOSSTINO(以下BOSS):もともとコロナがなくても夏くらいに作品を出そうと思っていたので。ずっとツアーをやっていく予定だったし、ちょうど夏には『フジロック』もあったし、そこで鳴らせる新曲を創ろうっていうビジョンで。それで去年の11月から動き始めて。

―意外ですね。2枚組30曲の『THA BLUE HERB』を出して、もう性も根も尽き果てているのかと。

BOSS:いやいや全然。あれだけ作ったことでサイクルができちゃって。どんなトラックをもらってもすぐリリックを書けるところまで高めたものを、ゼロに戻すのも嫌だなと思ったし、このサイクルは維持したかった。ただ、やっていくうちに俺とO.N.Oが回転し始めちゃってアルバムくらいの楽曲を創れるんじゃないかってモードに入りかけたんだけど、今回はここらへんで止めておこうって。それで5曲にしました。

ILL-BOSSTINO
THA BLUE HERB(ざ ぶるーはーぶ)
1997年に北海道・札幌で結成。ラッパー・ILL-BOSSTINO、トラックメイカー・O.N.O、ライブDJ・DJ DYEからなる一個小隊。ヒップホップの矜持を保ちながら、あらゆるジャンルとクロスする音楽性・活動を展開。これまでに『STILLING, STILL DREAMING』『SELL OUR SOUL』『LIFE STORY』『TOTAL』『THA BLUE HERB』などをリリースし、2017年には結成20周年を記念して日比谷野外大音楽堂にて単独公演を開催。2枚組30曲となった『THA BLUE HERB』以来1年ぶりとなる作品『2020』を、7月2日にリリースした。

―じゃあコロナは最初関係なかったんですね。2月後半からはライブの中止が相次ぎましたけど、そこで落ち込んだりすることは?

BOSS:ダメならダメでしょうがない。あと、ライブをやりたい気持ちと曲を作りたい気持ちが自分の中でほんと半々で、ただその二つは同時進行できない。やっぱり、週末にライブやるたびに膨大なアウトプットをしちゃうんで。それでまた日曜に札幌に戻って月火水と曲を書いても、結局木曜日にまたリハーサル、金土にライブっていうのを延々繰り返してると自分の中に想いが溜まらないままどんどん出ていくだけになっちゃう。ライブがなくなってむしろ「これでまたゆっくり曲作れる日々がきたな」って思えたくらいで。

もちろん「コロナのおかげ」とは思ってないけど、何かが起きたから思うこと、それによってできる曲ってあるから。そこは逆に無駄にしたくない、全部作品に注ぎ込むって感じで生きてました。

―焦りとか虚無感みたいなものは……。

BOSS:まったくないですね。ただ、3.11のときはダメだったんですよね。やっぱりあれだけの死を見てしまうと、かける言葉が見当たらなかったから。乗り越えるのに時間がかかったんだけど。でも今回に関しては、自分なりに冷静に、乗り越えるべき思想っていうのを表現できた気がします。

『PRAYERS』(2013年)収録

―この作品を聴けばわかる話ですけど、今言った「乗り越えるべき思想」って、ここで言葉になりますか。

BOSS:コロナウイルスはただのきっかけであって、もう日本自体がいよいよ狂い始めてるんで。人口は減るし、俺らも含めて年寄りばっかりになって、社会保障を支える若者もどんどん少なくなってる。インフラだってこれから古くなっていって、それを補うお金ももうないし。かたや隣の国とかはどんどん人口が増えて経済も膨張してる。そのコントラストがまたいろんな軋轢を生んでいく。

そういうことはコロナウイルスが来る前からもうわかってた。で、さらにコロナウイルスでわかったのは、日本の政治や社会システムがほんとに硬直化してるってこと。それは俺にとって逆に上等っていうか、ヒップホップって世の中が狂えば狂うほどその声が大きくなるジャンルだと思う。パンクの人たちもきっとそうだと思うけど、ぶっ壊れてけばぶっ壊れていくほど、言うべきこと、言うべき対象はハッキリしてくるから。「それ余裕でぶっ壊していこうぜ、行くところまで行っちまおうぜ」っていうような思想は、俺にとっては簡単に辿り着くことができた感じですね。

『THA BLUE HERB』(2019年)収録

―ただ、この『2020』は破滅や破壊を煽るものではなくて。

BOSS:それはまったくないです。きっとこの国は実際に被害が出ないとわからないんだとは思う。原発のこともそうだし、戦争だってそうだったと思うんだけど、なんていうか、そこまで行かないと撤退することができない国に生きてるんだよ、俺たちは。なぜか撤退することがダサい、弱いっていうムードがあって、結局誰も止めることができないままで。ほんとはさ、ゴルゴ13に皆でカンパして秘密裏に――。

―はははははは!

BOSS:でも……「誰かをぶっ殺せ!」とか言うのは俺の価値観ではファンタジーだし、そもそも論外。じゃあ、って考えると、今の俺の心情が出たのがこういう曲ですね。<出来るだけゆっくり降りて行く><楽しんで降りて行こう>って言わざるを得なかった。真剣に考えれば考えるほどそうなっていった感じですね。

見ものだなと思う。とても厳しい状況になるのも覚悟の上だけど、この国の行く末を全部見てみたいね。それが俺の今現在の、屈折した未来への希望なのかなと思う。

―“STRONGER THAN PRIDE”も同じですよね。ライブハウスの話、クラブの現場の話のように見えて、今の日本の話をしてる。

BOSS:そうなんだよね。俺も作ってるときはライブハウスのとある状況を歌ったつもりだったけど、でもまさに、作ってみたらこれ今の世の中だよなって。やっぱり、何か想いがあるのに我慢して黙ってるのは絶対に美徳じゃない、黙ってるとYESになっちゃう、許容したことになっちゃうんだよ、っていうメッセージが自然とそこに浮き上がってきた。ちゃんとYESかNOかはっきりしないと、YESになっちゃうんだよ。それは選挙だけじゃなく、すべてに当てはまるんだけどね。

―はい。

BOSS:で、そう歌っときながら、自分のやってることってすごく遠回りだとも思う。そもそもCDだし、膨大な歌詞だし。今はほんと、音楽は早くて軽くて安ければいいような世界で、自分がやってることがどれくらい非効率なことか、世の中の流れに逆行したことか実感してるんだけど。本気で世の中をよくしたい、本気で影響力を持ちたいなら、やり方はもっとある。それはわかる。もっとMV作って、インスタとか使って世の中挑発して、どんどん人の目を集めていってさ。でもそれは違うと思っちゃう意識もあるんだよね。

いい世の中になればいいと思ってる反面、じゃあ自分の持てるものを本気でそこに注ぎ込んでるか、より大きな力を得たいのかって言うと、自分は自分のやりたいことをチョイスしてるだけだなと思うし。その狭間で苦しむことも当然あるんだけど、でも……そうだね、音楽のほうを取ってるなと思う。

―それは言い換えると、大きな理想より、確かな実感を選んでいる、ということになりますか。

BOSS:だと思うね。確かな実感を選んで、身の回りにいる人たちとの関係性をよくしていけば、その延長上に大きな理想が向こうからやってくる……そこは繋がってると思いたいけど。でも現実では、世の中が狂っていくスピードのほうが圧倒的に速い。自分の周りの人間関係をよくしてる間にも、どんどん世の中が狂っていくっていうか。政治のスキャンダルひとつ取っても、半年に一回出ればいいようなことが今はもう週単位で出てきて、みんな何に対して怒っていいかも麻痺してるくらいで。

―<確かに手の中に分け合った 未来ってやつが今日なんだ>って一節がありますよね。“未来は俺等の手の中“と歌うことは、理想をぶち上げることだったと思うんです。でも今は大きな理想よりも、体の中にある実感、確かに言えることだけで言葉を紡ごうとしている気がします。

BOSS:そうかもしれない。とても遠い場所に未来を設定して、というふうには今は思えない。今ほんと大変だし、来年のオリンピックがどうのって言うくらいがせいぜいの未来で、3年後、5年後、10年後に自分がどうなってるか考えられる人いないんじゃない? それくらいみんな目の前のことに忙殺されてるんで、その気分があるのかもしれないですね。

THA BLUE HERB“未来は俺等の中”(2003年)を聴く(Apple Musicはこちら

―日本の未来もよく見えないですよね。

BOSS:それが見ものだな、とは思う。<ゆっくり降りて行こう>っていうのはそこに繋がっているんだけど、できることならこの国の行く末を全部見てみたい。とても厳しい状況になるのも覚悟の上だけど、見てみたいね。俺らの世代、戦争が終わって高度経済成長が20~30年くらい続いて、めっちゃ調子いいときに生まれてるんで、日本はすごく豊かな国だと思ってたけど。

でも本当はその時期一瞬お金持ちになっただけで、あとは別にそうでもないんだよね。これからもともとのキャパに戻っていくんだとしたら、そういう日本で生きてみたいなとも思う。そりゃお金もなくなるし、社会的にもどんどん縮小していくんだろうけど、それでも見てみたいね。それが俺の今現在の、屈折した未来への希望なのかなと思う。

―それは、希望と名付けていいものなんですか。

BOSS:希望だと思うな。だって未来には希望しかないでしょ。もちろん最後は絶望だよ? 死ぬから。それはもうしょうがない契約。でもそこに行くまでは希望しかない。もちろん街でお年寄りを見ると「あぁ俺もこういうふうになるのかな」とか思うけど、それは絶望ではないんだよな。「俺、このくらいの爺さんになっても爆音で『Abbey Road』(The Beatles)聴いてやるぜ」とか思う。それは希望だし、全然楽しみなことで。死は望みが絶たれるという意味で絶望だけど、そこに行くまでは希望しかないね。楽しみしかない。根は楽観的なんだろうね。

―うーん、でも考えてしまいますね。明らかに貧困層が増えて、政治も機能していない、しかもそれを選挙で変えることもできない現状を。

BOSS:うん、ほとほと興味深いな、この国の仕組みって。戦争に負けて大勢の人が死んで、アメリカの属国になって、そこでマイホームを建てて幸せになるっていう図式をずっと続けてきた日本人、興味深い国民性だなぁと思う。今みたいな状況になっても、たぶん来年の選挙じゃ変わんないんだろうなぁって思うと……すごい話だよね。

今でも格好よくありたいと思ってる。でもリアルが一番重要だし、だからこうやってさらけ出していく。ラブソングではないんで。生活の歌なんで。

―たとえば、いっそこの国を捨ててどこかに移住しちゃうっていうのも考え方のひとつですよね。

BOSS:おおいに。世界中、たくさんいいところあるからね。

―よく旅をしているBOSSは、そういうこと考えません?

BOSS:考えて……でも、だとしたらずーっと後悔するんじゃないかなと思う。どっかの場所で生きながら、最後の10年間くらいは「日本に帰りたいなぁ」と思いながら……どこかの、スペインの田舎町とかでずっとそんなこと思ってるんだろうな。だから、その選択肢はやっぱりないかな。

ほんと自分は日本人なんだっていう感覚は海外に行くとより濃く出てくるし、日本を捨てちゃったりなんかしたら俺はずっと後悔するだろうなと思う。変な国だなぁってすごく思うけど、たぶん一番好きな国は日本だし。でも、なんでこうなるのかなっていう疑問もいっぱい持ってる。その愛憎が自分の中にある。そしてそれが愛国心だと思ってる。

―それって多くの人が感じていることだと思います。愛国の文字をわざわざ看板に掲げる人たちが一部いるけど、そうじゃない人々はもっと複雑な思い、相反するものを抱えながら、それでもこの国を愛そうとしてる。

BOSS:かもね。あと「ここまでヤバいか、この国の政治は!」ってわかったの、この3ヵ月くらいじゃん。だから意外と始まったばっかりかもしれない。今までもずっと「ダサい政治だなぁ」って普通に思ってたけど、この数ヵ月の出来事ってあまりにも強烈だったから。

―まぁ「マスク2枚か!」って愕然としましたよね。ここから選挙に行かないと言われ続けた我々の世代、さらに若い世代がようやく動くかもしれない……っていう見通しは甘いですかね。

BOSS:そこは見ものだよね。でも希望として、なんだけど、今回作った曲にしてもこれから作る曲にしても、自分たちがやってきた活動すべては、世の中平和で上手くいってるときにはあんま響かない。すっごい景気がいいときに「みんな選挙行かなきゃヤバいぞ!」って騒いでも「何言ってんのあいつ、何でも反対したいだけじゃん」って言われるけど。

でもいい加減みんなわかってきてるから。だから俺らはキープ・イン・タッチって感じ。そのまま、今のままメッセージを投げかけていく。当たり前のことなんだけど、自分の国は自分で考えて作っていくんだよっていう目覚めを促していく。そこはずっと変わらないと思う。

―わかりました。あと、ツアーの日々を綴った“バラッドを俺等に”は異色とも言えますが、これが生まれたのはなぜだったんでしょう?

BOSS:これはね、ちょうど今年のアタマくらいに書き始めてて。ライブやりながらメモってたんだけど、ツアーの移動中の、改札の情景が頭に残ってて。今発表すると、まるでかつての日常を振り返ってるみたいな印象になるけど、ほんの3ヵ月前は普通のことだったんで、それをそのまま歌った。ライブの曲は数あれど、「盛り上がろうぜ」って曲が多かったので、そうじゃない視点のライブの曲もいいかもなって気づいて。

―いろいろ意外でした。まず自分たちの曲に初めて「バラッド」という言葉を冠したこと。

BOSS:「バラッド」って最後は悲劇で終わるという定義があるんだけど、俺にとって<別れる事で完成する>のがライブのすべてで。札幌の仲間とだと、この気持ちにはなかなかならないんだよね。やっぱり札幌から外の街に行って、数時間を一緒に過ごす、そして最後に別れる、っていうことがあるからバラッドになりうる。そういう感覚だった。期せずして、人と人が会えない時期に誰かを思う歌になってて。「この曲で、気持ちも繋がりも切れないでいたい」、そういう曲になってくれたら結果的にいいのかなって思う。

―歌詞の具体性も、疲れて食べられないおにぎりがもったいないとか、そんなことまで書いちゃうんだって驚きます。

BOSS:だんだんそうなってるよね、俺が。日常に立ち戻っていく。23年やってるからね。最初の3年ぐらいは格好いいことを求めたし、今でも格好よくありたい、格好いい曲を作りたいと思ってるけど。でもリアルが一番重要だし、だからこうやってさらけ出していく。自分の生活を歌って共感を得られなかったら何で得られるんだろうって。ラブソングではないんで。生活の歌なんで。

いろんな人たちが2020を歌っていけばいい。そういうものがどんどん出てくれば、自分の居場所も明確化すると思う。「こんなに歌うべきことがある年って逆にないんじゃね?」と思うけどね。

―共感。BOSSの言う共感ってどんなものですか。

BOSS:暴力とセックスとカネみたいなものへの興味は19、20代くらいでとっくに終わってる。もう48なんで。どんどん素の生活に戻っていくし、何を歌にするのかって、俺はやっぱり自分の目線でしか歌ってないんだよね。19、20の人には彼ら彼女らなりの共感がある。彼らに対して言えるのは「あなたがたが僕の年に近くなったときに、こいつってこういうこと言ってたんだ、と思ってくれたら」って感じですね。

俺はMCバトルのチャンピオンでもないし、暴力でのし上がってきたわけでもないし、ファッションリーダーでもない。そういう共感を歌う人になりたかったし、そういう存在に憧れてた。俺は共感が一番好きだね。共感がお金に姿を変えると思ってる。共感してもらって、お金を払ってもらってる。

THA BLUE HERB『LIFE STORY』を聴く(Apple Musicはこちら

―「みんなで共感」みたいな言葉、私は苦手なんですけど。

BOSS:俺もそうだよ。

―今BOSSが言ったのは、自分と向き合うこと、自分の実感だけをさらけ出すこと、ですよね。

BOSS:そうそう。だってリキッドルームでライブして「1000人がひとつになろう」なんて、俺そんなこと恥ずかしくて言えない(笑)。むしろみんな自分と向き合って、俺のリリックと一対一になって、それぞれが自分の尺度で共感してくれればそれでいい。最小公倍数じゃなくて最大公約数って感じ。全員バラバラだし、一曲の中でその人が感じ入る箇所、「あ、これ俺のことだ」って思える箇所は絶対一緒なわけがない。っていうくらい膨大なリリックを俺は用意してるんで、それぞれの場所で「あ、これ俺のことじゃん」って思ってほしくて俺はやってる。見知らぬ人に「俺のこと歌ってたんですね」ってずっと言われてきたラッパー人生なんで。そこに共感は必ずあるよ。

―このEP、大きく言うなら共生と共感の精神で作られているんだろうなと思います。

BOSS:それが2020っていうこの年に生まれたフィーリングなのかもしれないね。この3ヵ月間に制作したからこそ、全体がこういうテーマになったのかもしれないけど。過程のルポとしての作品なんで。

―そうやってドキュメント的に作ったのも初めてのことですよね。

BOSS:そうかもしれないね。ただ、結局主観が入ってきちゃうから。自分の思想がどんどん入ってくるし、そこは排除しようがないから「これが2020年のルポルタージュだ」とは思わない。だから、いろんな人たちが2020を歌っていけばいい。今の政治を支持する人たちの2020もあるだろうし、たとえば19、20のラッパーが考える2020は全然違うものになるだろうし。そういうものがどんどん出てくれば、自分の居場所も明確化すると思う。

―みんな、どんどん今を歌えばいい、と?

BOSS:そう。「こんなに歌うべきことがある年って逆にないんじゃね?」と思うけどね。別に音楽だけじゃなく。どんどんどんどん勝手なことやっていけばいいんだよ。「今チャンスだぜ」って。

―そう思えるかどうかが大きい気がします。今はとりあえず静観というミュージシャンも多いし、インタビューも「今はちょっと確たることが言えない」って断られたりするから。

BOSS:あぁ、そっか……なるほどね。でも、そういう奴らばかりでは絶対ないはずなんだよね。で、やるなら140字の中で終わらせるなよって思う。今回CDにして出したのもやっぱりそれで、3月4月にSNS上でいろんなリレーが行われてた中、俺らはずっとスタジオ入ってたから。

そのときも思ってたけど、やっぱり今起こっていることを一過性のもので終わらせていくにはあまりにももったいない。もちろん、インスピレーションはタイムラインで流れている歌の中にもいっぱいあって、俺が興味を惹かれたとしても、翌日になったらもう探せないし、SNS上のあれは今となってはどこにあったのかもわかんない世界で。一方でこの作品は、今はもう暮らしに存在している。だから、みんなもっと作品にすればいい。2020、まだ半分あるから。

―ちなみに、今もふさぎ込んだまま「コロナが怖い、未来が見えない」って迷ってる人がいるとして、BOSSならどういう声をかけますか?

BOSS:それもいいんじゃない? さっき言ったように世の中を変える大きな力が何よりも必要とは思わないし、俺は俺のやりたいことをやっていくだけ。そんな感じかな。みんな、自分を解放して好きに生きるのがベストだと思う。

リリース情報
THA BLUE HERB
『2020』(CD)

2020年7月2日(木)発売
価格:1,760円(税込)
TBHR-CD-034

1. IF
2. STRONGER THAN PRIDE
3. PRISONER
4. 2020
5. バラッドを俺等に

プロフィール
THA BLUE HERB (ざ ぶるーはーぶ)

1997年に北海道・札幌で結成。ラッパー・ILL-BOSSTINO、トラックメイカー・O.N.O、ライブDJ・DJ DYEからなる一個小隊。ヒップホップの矜持を保ちながら、あらゆるジャンルとクロスする音楽性・活動を展開。これまでに『STILLING, STILL DREAMING』『SELL OUR SOUL』『LIFE STORY』『TOTAL』『THA BLUE HERB』 などをリリースし、2017年には結成20周年を記念して日比谷野外大音楽堂にて単独公演を開催。2枚組30曲となった『THA BLUE HERB』以来1年ぶりとなる作品『2020』を、7月2日にリリースした。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • THA BLUE HERBが表す2020年 大きな未来よりも、確かな実感を

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて