光る玉が線や物体の輪郭に反応し、音を奏でる「楽器」

『scoreLight』は端的に言うと、光る玉が線や物体の輪郭に反応し、音を奏でるという「楽器」作品だ。映像をご覧いただければ分かるとおり、玉がまるでダンスをするかのように動く視覚的な面白さと、それに連れて自在に変様する音を楽しむ聴覚的な面白さとが、同時に味わえるものとなっている。

また本作には、インタラクティブなアート作品にふさわしい「予測不可能性」があることもポイントだ。物体を新たに追加するたび、玉の動きや音が複雑さを増す様子が非常に面白く、いつまでも見飽きることがない。さらに、仕組みこそ難解なものの、子どもから大人まで誰もが楽しめる作品として成立している点も素晴らしく、作者の類まれなセンスが感じられる。「作品で遊ぶ」ことの楽しさを、これほどたっぷりと味わえる作品も、そうそうないだろう。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール
Alvaro Cassinelli / 真鍋大度

Alvaro Cassinelli 2001年、東京大学石川並木小室研究室にて特別研究員、助教。メディアアーティストとして、第9回文化庁メディア芸術祭アート部門大賞、第13回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞、アルスエレクトロニカ2006名誉表彰をはじめとして、いくつかの賞を受賞する。 Daito Manabe Artist/Sound designer/Programmer (Rhizomatiks/4nchor5 La6)



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 光る玉が線や物体の輪郭に反応し、音を奏でる「楽器」

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB