『SR(サイタマノラッパー)』の入江悠監督が2002年に制作した短編映画

この作品に、果たしてレビューが必要だろうか。『OBSESSION』――「妄想、強迫観念」。そうした想念の不気味さ、恐ろしさを、叙情をまじえつつ映像化する、その確かな手つき。この映画を理解するには、ただ真っ直ぐに画面を見つめるだけでいい。冒頭のニワトリを映した場面から、すぐに作品世界に引き込まれるだろう。誰もが感じる、10代の頃の鬱屈した気持ち。入江は終始、そうした気持ちを作品の基調に据えるが、ラストにはそれを打ち破る爽やかな可能性をも示唆した。監督自身、自らの気持ちに向き合って創ったことが、明瞭に伝わってくる作品である。それにしても、素敵な役者たちを集めたものですね…。

プロフィール
入江悠

1979年生まれ。大学在学中より映画や映像作品の制作を始め、短編『OBSESSION』(02)と短編『SEVEN DRIVES』(03)がゆうばり国際ファンタスティック映画祭のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門に2年連続入選。2006年に初の長編映画『JAPONICA VIRUS』が全国劇場公開。新作映画「SRサイタマノラッパー」が3月14日より劇場公開。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『SR(サイタマノラッパー)』の入江悠監督が2002年に制作した短編映画

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて