特集 PR

ゲイ映画が世界を変える? 映画『ミルク』レビュー

ゲイ映画が世界を変える? 映画『ミルク』レビュー

早川すみれ

ユーモアも感動もある本作の余韻にひたりながら、エンドロールが流れる中で「自分らしさ」とは何なのだろうかと考えていた。そんなことを考えながら街に出て、東京の雑踏を前に思った。この中に、もっと自分らしく生きたいと願う人がどれだけいるのだろうかと。

映画『ミルク』は、1970年代のアメリカで同性愛者として初めて公職に就いた、ハーヴィー・ミルクの最後の8年間を描いた実話である。彼は、自らがゲイであることを公表し、ゲイである仲間たちが差別を受けることなく自分らしく生きていける社会を目指して戦い続けた。それは、決して簡単なことではなく、あらゆる権力との命をかけた戦いであったことを映画は物語っている。

映画『ミルク』レビュー

社会の常識や権力に屈することなく、自由と権利を獲得するために戦い、鼓舞するその姿は観ていて気持ちがいい。何といっても、主演のショーン・ペンの演技は素晴らしく、「ショーン・ペンってゲイだっけ?」と思うほど恋人役の男性俳優とのラブシーンや、恋人同士の日常の風景を見事に演じている。また、その演技からはユーモアと優しさを備えたミルクの人柄が感じ取れて、きっと、たくさんの人に愛される人物だったのだろう想像がつく。事実、ミルクは人々に勇気と希望を与えた英雄であり、彼の活動は、同性愛者だけでなく高齢者や障害者、低賃金労働者といった社会的弱者の立場にある人々の心を結んで、大きなムーブメントとしてアメリカ社会を変えることになる。

この映画で、みんなが手をつなぎ始めたら・・・

映画を観て、まだ学生だった頃、男友達に同性愛者であることをカムアウトされたことを思い出した。その事実にも驚いたけれど、家族にも友人にも言えず自分を押し殺しながら生活をすることの苦労や、日本では性的マイノリティに対する理解が少ないこと、そのために社会的に不利な立場に追い込まれてしまう状況があることに驚いたのを覚えている。性的マイノリティだからといって、わざわざカムアウトしなければならない必要性は全くないのだが、本人が本当は言いたいけれど何かに恐れて隠すしかない状況なのだとしたら、それは考えものである。

映画『ミルク』レビュー

近年、日本においても政治活動家として性的マイノリティの方が活躍している。また、今年の1月にアメリカ初の黒人大統領が誕生するなど、これまでマイノリティゆえに社会的弱者の立場だった人々が立ち上がり、実際に世界を変える動きになりつつある。この映画の中でも出てくるが、差別を恐れてカムアウトできない性的マイノリティの人たちや、社会的弱者とされる高齢者や子ども、障害者や低賃金労働者が世界中にたくさん存在する。

もしかすると、大きな悩みもなく、好き勝手な毎日を送っている自分の「あたりまえ」の認識こそが、誰かを傷つけている原因なのかもしれない。今、「自分らしく」生きているこの世界は、誰にとっての「あたりまえ」の世界なのか。今一度、周りを見つめ直してみたい。そんなきっかけをこの作品は与えてくれる。

映画『ミルク』レビュー

この映画がきっかけとなり、もっと素敵な毎日を目指して皆が手を繋ぎ始めたら、それは世界を変える大きな動きになるかもしれない。脚本、監督、俳優、そして撮影の舞台となったサンフランシスコ。映画を作る要素すべてが最高の状態で一つになった『ミルク』。これから世界中のスクリーンで上映され、その度にハーヴィー・ミルクの遺した「希望」の種を蒔き続けていくのだろう。その花が咲くことを考えると、ドキドキする。人々に勇気と希望、そして将来の期待まで抱かせる、そんな本作に「出会えてよかった」と思う人が世界中に現れるだろう。

『ミルク』

映画『ミルク』オフィシャルサイト

2009年GW、シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9他にて全国ロードショー

監督:ガス・ヴァン・サント
脚本・製作総指揮:ダスティン・ランス・ブラック
音楽:ダニー・エルフマン

キャスト:
ショーン・ペン
エミール・ハーシュ
ジョシュ・ブローリン
ディエゴ・ルナ
アリソン・ピル
ヴィクター・ガーバー
デニス・オヘア
ジョセフ・クロス
スティーヴン・スピネラ
ルーカス・グラビール
ブランドン・ボイス
ハワード・ローゼンマン
ケルヴィン・ユー
ジェイムズ・フランコ

配給:ピックス

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー