特集 PR

Airbnbが変えた旅のあり方を福耳とAwesome City Clubが体験

Airbnbが変えた旅のあり方を福耳とAwesome City Clubが体験

Airbnb『THE LIVE HOUSE』
テキスト
冨手公嘉
編集:野村由芽、山元翔一

「定番の観光」ではなく、代替不可能な体験を手にすることができる旅の方法

日常の喧噪から離れて旅をする時、どんな旅行スタイルを選ぶだろうか。旅慣れた人は既に自然と実践しているかもしれないが、その旅を豊かに彩る秘訣は、その街に暮らしている人たちと関わり合いを持つということ。行きつけの小料理屋やお気に入りの場所など生活者の視点で捉えたその街の優れた場所を教えてもらうことができ、「定番の観光」では味わえない体験をすることができる。

例えば先日渋谷にできた「TRUNK(HOTEL)」というソーシャルホテルや東日本橋にあるオルタナティブな宿泊施設「CITAN」では、毎週末のようにイベントが催され、音楽を聴いたり、宿泊者がその街の情報を仕入れたりできるなど、情報交換や交流が活発に起こり、国と国、地域と地域を越えた触れ合いが行なわれている。ライブハウスやギャラリーといった通常のスペースとは異なるユニークな場所で開催されるインディペンデントな催し物は、アーティストと観客の両方に得難い経験やインスピレーションをもたらしている。時代は今、代替のきかない特別な体験を求めているのかもしれない。

何よりも人と人との触れ合いを大切にする「Airbnb」がもたらす記憶に残る旅体験

実際に旅行スタイルの新定番として浸透する、家を借りることができるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」を利用する人が増えてきていることも、その一例だと言えるだろう。「暮らすように旅しよう」をコンセプトに、従来の「観光」型の旅行から、よりディープでローカルな土地の魅力を楽しめる旅のあり方を提案する「Airbnb」において、人気の宿泊先は、数か月も前から予約が埋まることもある。旅先の人たちと交流を持つことで、知らない土地をまるで生活者のように滞在できる体験は、旅行者にとって記憶に残る経験につながる。

Airbnbが提供する宿泊先
Airbnbが提供する宿泊先

Airbnbでは、家の貸し借りだけでなく、自転車やホエールウォッチングなど「体験」も予約することができる
Airbnbでは、家の貸し借りだけでなく、自転車やホエールウォッチングなど「体験」も予約することができる(サイトを見る

そもそも「Airbnb」は、2008年にブライアン・チェスキー、ジョー・ゲビア、ネイサン・ブレチャージクの三人が、サンフランシスコの一室を旅行者に貸し出したところから始まった。デザイナーやエンジニアであった彼らのサービスは、今や3万4千都市、191国まで規模を拡大し、累計ゲスト数1.4億人を突破したわけだが、初めて泊まった3人のゲストの写真は今でもAirbnbの本社に大きく飾られているのだという。そこからも「Airbnb」がいかに人と人との出会いを大切にしているかが伝わるエピソードだ。

福耳とAwesome City Clubが旅をしながら音を奏でる

そんななか、この夏、Airbnbはさらに得難い経験を提供するべく『THE LIVE HOUSE』という企画を実施する。Airbnbが実際に提供している滞在場所を福耳とAwesome City Clubが訪れ、ホストとの交流を経て、スペシャルライブを行なうというものだ。

福耳のメンバーが滞在するのは長野県の古民家。流行のホテルにあるような派手な家具はなくとも、土地に根ざして自らの暮らしを豊かにしようと、丁寧に工夫を積み重ねられてきた古民家を基地として、杏子、スキマスイッチ、さかいゆう、松室政哉といったスペシャルなミュージシャンたちの音楽が振動する「るつぼ」に様変わりするであろう。「今回はインプットしたものをその場で形にしてライブができるということで、普段とはまた違う体験ができるんじゃないかと期待しています」(大橋卓弥 / スキマスイッチ)、「旅は、何と言っても人!」(杏子)とメンバーが語ったように、星、自然など情景が浮かぶ歌詞が多い福耳の生演奏が自然に囲まれた環境でホストとの交流を経て、どのような化学変化を起こすのか期待したい。8月20日に本ページでもライブ配信予定だ。

当日の福耳のライブ配信は、『THE LIVE HOUSE』の特設サイトでも見ることができる
当日の福耳のライブ配信は、『THE LIVE HOUSE』の特設サイトでも見ることができる(サイトを見る

Awesome City Clubは、窓一面から広大な瀬戸内海の景色が広がる香川の滞在場所をメンバー全員で訪れ、少人数限定のシークレットライブを実施。「自然に囲まれた景色に包まれると、忘れかけていた感覚を取り戻せます」とPORINが話せば、ユキエは「(旅行をすると)歌詞に使いたくなるワードや映像が生まれたりします。映像はその場で見た景色に自分の頭の中で非現実的な要素を織り混ぜて、脳内に貯金します」と話す。

かつてThe Bandが一軒家をスタジオとしてメンバー全員で借りて『Music From Big Pink』を完成させたように、東京を中心に活躍する2組のミュージシャンが旅先でホストと交流しながら時間を過ごし、その土地のものを食べ、遊び、そして音楽を奏でることは、彼らにどんなインスピレーションを与えるのだろうか。そして親密な空間から生まれる音楽は旅をする人たちとの間にどのような化学反応が生まれていくのか。「曲を作っているときって、知らない道を歩いているような感覚なんです。それは旅をしているドキドキと近いような気もします」(モリシー / Awesome City Club)、「(音楽と旅は)トリップ空間という意味でも似ている部分があると感じます」(常田真太郎 / スキマスイッチ)とそれぞれのバンドメンバーが語ったように、音楽と旅がまじわるこのエクスクルーシブなイベントに期待が高まる。

Page 1

キャンペーン情報

Airbnb×福耳×Awesome City Club『THE LIVE HOUSE』
Airbnb×福耳×Awesome City Club
『THE LIVE HOUSE』

おうちには、派手な照明も質のいい音響もないけれど、気取らずに歌える自由がある。寝っころがって聴く自由がある。いつもと違う景色を見て、地元の人とふれあって。旅をしたから生まれる音楽。この夏、Airbnbが新しい旅のカタチをお届けします。

プロフィール

福耳(ふくみみ)

杏子、山崎まさよし、スキマスイッチらオフィスオーガスタ所属アーティストからなるスペシャルユニット。シンガーソングライターのユニットならではの、確かな演奏力と歌声のハーモニーが魅力。前作から5年ぶりとなるファン待望のニューシングル「ブライト / Swing Swing Sing」を8月23日(水)にリリースする。

Awesome City Club(おーさむ してぃー くらぶ)

「架空の街 Awesome Cityのサウンドトラック」をテーマに、テン年代のシティ・ポップをRISOKYO からTOKYOに向けて発信する男女混成5人組。クラウドファンディングやVRなど最新のテクノロジーを積極的に駆使した活動が各所から注目を集めている。新曲入りベストアルバム「Awesome City Club BEST」を8月23日(水)リリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)