コラム

フジロック第1弾発表をおさらい ケンドリック・ラマーら登場

フジロック第1弾発表をおさらい ケンドリック・ラマーら登場

佐伯享介(CINRA.NET編集部)

『FUJI ROCK FESTIVAL '18』の第1弾出演アーティスト17組が、本日2月9日に発表された。

フェスの第1弾発表は、その年のラインナップのイメージを強く印象づける特別なもの。特に『フジロック』ではヘッドライナー級のアーティストを第1弾で発表するのが通例だ。この記事では本日発表されたラインナップを振り返ると共に、見どころを紹介していきたい。

第1弾で17組発表

発表されたアーティストは、ケンドリック・ラマー、N.E.R.D、SKRILLEX、CHVRCHES、VAMPIRE WEEKEND、ジャック・ジョンソン、MGMT、YEARS & YEARS、ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS、カーラ・トーマス、GREENSKY BLUEGRASS、HOTHOUSE FLOWERS、ジェイムス・ベイ、ODESZA、SUPERORGANISM、TUNE-YARDS、WESTERN CARAVANの17組。

なお昨年の第1弾発表ではAphex Twin、Bjork、The xxら23組、2016年はRED HOT CHILI PEPPERS、SIGUR ROS、DISCLOSUREら21組が発表されていた。2015年はFOO FIGHTERS、MUSE、椎名林檎ら9組とやや少ない第1弾発表だった。

ケンドリック・ラマーが5年ぶりに日本でライブ

ケンドリック・ラマー
ケンドリック・ラマー

アルバム『Damn』で米ビルボードの年間チャート1位を獲得したケンドリック・ラマー。『第60回グラミー賞』では7部門にノミネートし、「最優秀ラップアルバム賞」「最優秀ラップパフォーマンス賞」を受賞。名実共にアメリカを代表するアーティストの1人となった。

ケンドリックが日本でライブを行なうのは『FUJI ROCK FESTIVAL '13』以来。ヘッドライナーでの出演が期待される。

ファレル率いるN.E.R.Dは、フジ初出演

N.E.R.D
N.E.R.D

ファレル・ウィリアムスとチャド・ヒューゴによる伝説的なプロデュースチーム・The Neptunesを母体とするN.E.R.D。昨年末には、じつに7年ぶりのオリジナルアルバムとなった『No_One Ever Really Dies』をリリースした。

『フジロック』には今回が初出演。ファレル・ウィリアムスのソロ名義では『SUMMER SONIC 2015』に出演していたが、『フジロック』は初。

SKRILLEXも5年ぶりに登場

SKRILLEX
SKRILLEX

ダンスミュージック界のスーパースター・SKRILLEX。『フジロック』への出演はホワイトステージでヘッドライナーを務めた2013年以来となる。積極的にコラボレーションも試みており、最近はケンドリック・ラマー“Humble”のリミックスも話題になった。ケンドリックが来日する今年の『フジロック』では、どんなステージングを見せるのか注目だ。

今年は新作も?VAMPIRE WEEKEND再始動

2010年と2013年に『フジロック』に出演したVAMPIRE WEEKEND。今年は5年ぶりのニューアルバムのリリースも予想されており、バンドとしても久々にライブ活動を再開。8月末から開催されるイギリスのフェス『End of the Road Festival』でヘッドライナーを務めることも先日アナウンスされた。

「天才」ANDERSON .PAAKが自身のバンドを率いて登場

ANDERSON .PAAK
ANDERSON .PAAK

2015年にリリースされたDr. Dreのアルバム『Compton』に大フィーチャーされたことで脚光を浴びたラッパーでシンガーのANDERSON .PAAK。2016年には初来日を果たした。The Free Nationalsでは、ANDERSON .PAAKがドラムとボーカルを担当。『フジロック』の舞台でどんな化学反応を起こすのか楽しみだ。

『サマソニ』にはBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPER

1月17日に発表された『SUMMER SONIC 2018』『SONICMANIA 2018』の第1弾ラインナップでは、BECK、ノエル・ギャラガー、MY BLOODY VALENTINEといった『フジロック』常連のアーティストたちの出演がアナウンスされたことで話題を集めた。

さらにCHANCE THE RAPPERが『サマソニ』で初来日。『フジロック』でのケンドリック・ラマーのステージと合わせて、今年の日本の音楽界における最大のトピックの1つになりそうだ。2月1日の第2弾発表ではNINE INCH NAILS、St. Vincent、QUEENS OF THE STONE AGE、トム・ミッシュら20組が追加された。日本の音楽フェス界の「両横綱」とも言える『フジロック』と『サマソニ』。現時点では甲乙つけがたい魅力的なラインナップと言えるだろう。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Page 1

イベント情報

『FUJI ROCK FESTIVAL '18』

2018年7月27日(金)~7月29日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場br> 出演:
ケンドリック・ラマー
N.E.R.D
SKRILLEX
CHVRCHES
VAMPIRE WEEKEND
ジャック・ジョンソン
MGMT
YEARS & YEARS
ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS
カーラ・トーマス
GREENSKY BLUEGRASS
HOTHOUSE FLOWERS
ジェイムス・ベイ
ODESZA
SUPERORGANISM
TUNE-YARDS
WESTERN CARAVAN
and more
料金:3日通し券45,000円 2日券36,000円 1日券20,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」