コラム

『FUJI ROCK FESTIVAL '18』の第1弾出演アーティスト17組が、本日2月9日に発表された。

フェスの第1弾発表は、その年のラインナップのイメージを強く印象づける特別なもの。特に『フジロック』ではヘッドライナー級のアーティストを第1弾で発表するのが通例だ。この記事では本日発表されたラインナップを振り返ると共に、見どころを紹介していきたい。

第1弾で17組発表

発表されたアーティストは、ケンドリック・ラマー、N.E.R.D、SKRILLEX、CHVRCHES、VAMPIRE WEEKEND、ジャック・ジョンソン、MGMT、YEARS & YEARS、ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS、カーラ・トーマス、GREENSKY BLUEGRASS、HOTHOUSE FLOWERS、ジェイムス・ベイ、ODESZA、SUPERORGANISM、TUNE-YARDS、WESTERN CARAVANの17組。

なお昨年の第1弾発表ではAphex Twin、Bjork、The xxら23組、2016年はRED HOT CHILI PEPPERS、SIGUR ROS、DISCLOSUREら21組が発表されていた。2015年はFOO FIGHTERS、MUSE、椎名林檎ら9組とやや少ない第1弾発表だった。

ケンドリック・ラマーが5年ぶりに日本でライブ

ケンドリック・ラマー
ケンドリック・ラマー

アルバム『Damn』で米ビルボードの年間チャート1位を獲得したケンドリック・ラマー。『第60回グラミー賞』では7部門にノミネートし、「最優秀ラップアルバム賞」「最優秀ラップパフォーマンス賞」を受賞。名実共にアメリカを代表するアーティストの1人となった。

ケンドリックが日本でライブを行なうのは『FUJI ROCK FESTIVAL '13』以来。ヘッドライナーでの出演が期待される。

ファレル率いるN.E.R.Dは、フジ初出演

N.E.R.D
N.E.R.D

ファレル・ウィリアムスとチャド・ヒューゴによる伝説的なプロデュースチーム・The Neptunesを母体とするN.E.R.D。昨年末には、じつに7年ぶりのオリジナルアルバムとなった『No_One Ever Really Dies』をリリースした。

『フジロック』には今回が初出演。ファレル・ウィリアムスのソロ名義では『SUMMER SONIC 2015』に出演していたが、『フジロック』は初。

SKRILLEXも5年ぶりに登場

SKRILLEX
SKRILLEX

ダンスミュージック界のスーパースター・SKRILLEX。『フジロック』への出演はホワイトステージでヘッドライナーを務めた2013年以来となる。積極的にコラボレーションも試みており、最近はケンドリック・ラマー“Humble”のリミックスも話題になった。ケンドリックが来日する今年の『フジロック』では、どんなステージングを見せるのか注目だ。

今年は新作も?VAMPIRE WEEKEND再始動

2010年と2013年に『フジロック』に出演したVAMPIRE WEEKEND。今年は5年ぶりのニューアルバムのリリースも予想されており、バンドとしても久々にライブ活動を再開。8月末から開催されるイギリスのフェス『End of the Road Festival』でヘッドライナーを務めることも先日アナウンスされた。

「天才」ANDERSON .PAAKが自身のバンドを率いて登場

ANDERSON .PAAK
ANDERSON .PAAK

2015年にリリースされたDr. Dreのアルバム『Compton』に大フィーチャーされたことで脚光を浴びたラッパーでシンガーのANDERSON .PAAK。2016年には初来日を果たした。The Free Nationalsでは、ANDERSON .PAAKがドラムとボーカルを担当。『フジロック』の舞台でどんな化学反応を起こすのか楽しみだ。

『サマソニ』にはBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPER

1月17日に発表された『SUMMER SONIC 2018』『SONICMANIA 2018』の第1弾ラインナップでは、BECK、ノエル・ギャラガー、MY BLOODY VALENTINEといった『フジロック』常連のアーティストたちの出演がアナウンスされたことで話題を集めた。

さらにCHANCE THE RAPPERが『サマソニ』で初来日。『フジロック』でのケンドリック・ラマーのステージと合わせて、今年の日本の音楽界における最大のトピックの1つになりそうだ。2月1日の第2弾発表ではNINE INCH NAILS、St. Vincent、QUEENS OF THE STONE AGE、トム・ミッシュら20組が追加された。日本の音楽フェス界の「両横綱」とも言える『フジロック』と『サマソニ』。現時点では甲乙つけがたい魅力的なラインナップと言えるだろう。

Page 1

イベント情報

『FUJI ROCK FESTIVAL '18』

2018年7月27日(金)~7月29日(日)
会場:新潟県 湯沢町 苗場スキー場br> 出演:
ケンドリック・ラマー
N.E.R.D
SKRILLEX
CHVRCHES
VAMPIRE WEEKEND
ジャック・ジョンソン
MGMT
YEARS & YEARS
ANDERSON .PAAK & THE FREE NATIONALS
カーラ・トーマス
GREENSKY BLUEGRASS
HOTHOUSE FLOWERS
ジェイムス・ベイ
ODESZA
SUPERORGANISM
TUNE-YARDS
WESTERN CARAVAN
and more
料金:3日通し券45,000円 2日券36,000円 1日券20,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い