特集 PR

葛飾北斎、引っ越しの数93回。奇行と創造が一体の画狂人生90年

葛飾北斎、引っ越しの数93回。奇行と創造が一体の画狂人生90年

すみだ北斎美術館
テキスト
中村志保
撮影:豊島望 編集:木村直大

(メイン画像:葛飾北斎「冨嶽三十六景 山下白雨」すみだ北斎美術館蔵)

90年の生涯で93度の引越し

江戸時代に一世を風靡した絵師、葛飾北斎(1760-1849年)。『冨嶽三十六景』や『北斎漫画』を代表とする浮世絵は、遙か海を超え、ゴッホやゴーギャンら絵画の巨匠にも多大な影響を与えた。その功績は北斎の没後150年以上を経てもなお評価は高く、1998年には米国の『LIFE』誌が企画した「この1000年間に偉大な業績をあげた世界の人物100人」に、日本人で唯一選出されたほど。

葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』すみだ北斎美術館蔵
葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』すみだ北斎美術館蔵

ところがこの浮世絵師、「奇行の人」としても有名であったことをご存知だろうか。江戸時代の平均寿命が50歳ともいわれる中、その90年という長い終年にも驚くが、3万点もの作品を残し、弟子・孫弟子の数は200人以上。93度も転居を繰り返し、雅号を変えること約30回。もうこれだけで奇人っぷりが十分伝わるようにも思えるが、数々の逸話から見えてきたのは、意外なる北斎の多彩な顔。画家、漫画家であり、プロダクトデザイナーにしてプロデューサー。さらには薬剤師!? 単なる「浮世絵師」ではないのである。

そんな北斎の一風変わった生涯を作品と共に堪能できるのが、すみだ北斎美術館だ。学芸員の五味和之さんはこう話す。

五味:北斎は墨田(現在の両国)に生まれ、生涯に引っ越すこと93回。というのも、絵を描くことばかりの日々を過ごすこの絵師は、自炊などするわけもなく、惣菜や饅頭(北斎は大の甘党!)を買い込んでは包み紙やらゴミをポイッと傍に捨て置く。当然、部屋は汚れ散らかる一方で、「うむ、臭いな」と我慢できなくなると新居を探し始めるんです。

すみだ北斎美術館に展示されている北斎の人形。右側の老人が北斎、左が娘でやはり絵師の応為。2人とも掃除は一切せず、奥に饅頭の籠が散乱している様子まで再現されている
すみだ北斎美術館に展示されている北斎の人形。右側の老人が北斎、左が娘でやはり絵師の応為。2人とも掃除は一切せず、奥に饅頭の籠が散乱している様子まで再現されている

五味和之(すみだ北斎美術館学芸員)
五味和之(すみだ北斎美術館学芸員)

他流派を学び破門になるも、なぜか出世

幼少期から絵を描くことが好きだったという北斎は、19歳で勝川春章(1726-93年)に入門し、その1年後、「勝川春朗」の雅号でデビューを飾る。

五味:この時期は、いわゆる私たちが知る北斎の絵とは違って、先生の描いた通りになぞっているのが特徴。「勝川一門の絵」といった感じですね。この弟子時代に、ある人物から看板を描いてほしいと依頼を受けた北斎は、得意になって描いたんだそう。ところが兄弟子に、未熟だ、と看板を破り捨てられてしまう。北斎は非常に悔しい思いをして、絶対に巧くなるぞと誓うんです。のちに、あの先輩に馬鹿にされたからこそ頑張れた、と記しています。

勝川春朗『四代目岩井半四郎かしく』すみだ北斎美術館蔵 勝川一門にいた頃に北斎が描いた絵
勝川春朗『四代目岩井半四郎かしく』すみだ北斎美術館蔵 / 勝川一門にいた頃に北斎が描いた絵

こうして日々修業を積み、10年ほどが経った。北斎の心に沸々と湧いてきた感情は、こうだ。「絵は好きである。だが勝川派の絵が好きなわけではない」。そこで他流派を学びに出かけた北斎、師匠にバレて破門となってしまう。

五味:当時、他流派を学ぶのはタブーなこと。普通は破門、つまりクビになったら絵師としての人生は終わりです。でも不思議なことに北斎は出世していく。俵屋宗達(生没年不詳)や尾形光琳(1658-1716年)らが作り上げた「琳派」に移り、雅号を「俵屋宗理」と改め、指導する立場になりました。

生涯に雅号をコロコロと変えた北斎。その節目は、心持ちの変化や新しい画法を会得する節目とリンクするが、これも異例である。

五味:普通だったら、名前を覚えてもらうのに必死になるもの。でも北斎は執着しない。そこが凡人ではないですね。

長身、うりざね顔、富士額、を特徴とした「宗理美人」と呼ばれる俵屋宗理こと北斎の美人画は、時流に乗って大ブームを巻き起こす。だがまた「宗理」の名を別の門人に譲り、北斎は琳派から離れてしまう。45歳の時のこと、ここに「葛飾北斎」が誕生するのだ。

葛飾北斎『巳待』すみだ北斎美術館蔵
葛飾北斎『巳待』すみだ北斎美術館蔵 / 特集「葛飾北斎の浮世絵にみる、江戸の美人とファッション事情」を読む

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

美術館情報

東京都 両国 すみだ北斎美術館
常設展

時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般400円 高校生、大学生、専門学生、65歳以上300円
※中学生以下、身体障がい者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像