特集 PR

モデル業だけじゃものたりない。菅野結以の仕事とプライベート

モデル業だけじゃものたりない。菅野結以の仕事とプライベート

ボーズ合同会社
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

マルチな活動を見せる菅野結以。その行動指針を探る

ファッションモデルとしてだけでなく、自身のアパレルブランド「Crayme,」のプロデュースやラジオのパーソナリティー、DJなど様々な分野で才能を発揮し、20代女性を中心に絶大な人気を誇る菅野結以。国内外の音楽シーンにも造詣が深い彼女は、その熱い「音楽愛」によって多くのミュージシャンからも一目を置かれている存在である。

そんな彼女の働き方に対する考えや、ライフスタイルに迫るべく取材を敢行。5月30日に代官山& STYLE RESTAURANTにて開催された、BOSEのウェアラブルスピーカー「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」の体験イベント『BOSE SOUNDWEAR NIGHT』へ足を運び、会場に設置された3つのテーマ「WORKING」「LIVING」「COOKING」にちなんで話を聞いた。

菅野結以
菅野結以

『BOSE SOUNDWEAR NIGHT』の様子。約40名のインフルエンサーが集った
『BOSE SOUNDWEAR NIGHT』の様子。約40名のインフルエンサーが集った

「モデル」にとどまらない、多岐にわたる活動をしているのはなぜ?

「『本業はなに?』って訊かれるのが一番困るんです」と話す菅野結以。好きなことが決して多いタイプではないが、好きなものへの熱量はその分高くなり、「せっかくならその偏った趣味を、全部仕事にしよう」と夢を掲げた。

菅野:小さい頃から、学校のルールやルーティーンに疑問があって。「この退屈な時間はもったいないな、もっと自由でいたい」と思っていたんです。義務教育が終わったら、毎日違う時間に、違う場所へ行き、違う人と会う仕事をしよう。そう決めたのが小4のときで、そのとおりの人生を送っていますね。

そんな彼女のインスピレーションの源は、やはり音楽や映画だという。

菅野:ライブは定期的に行くようにしています。ラジオ番組のパーソナリティーをやっていて、常にアーティストと会って紹介をする立場にいるので、「今の現場」「アーティストの今のモード」を知っておきたい。もちろんライブは楽しみつつ、感じたことをメモったりしています。

服のデザインを考えるときは、「他のブランドを見ない」がマイルール。自分でアパレルブランドを始めたきっかけが好きなブランドがなかったからということもあり、服以外のところからインスパイアされることが多いです。たとえばレコードのアートワークだったり、映画のワンシーンだったり。街を歩いていて、「あの木の影、デザインに落とし込めそうだな」と思って写真に撮り、それを加工してグラフィックにしてみることもあります。日々の暮らしがインスピレーションの源ですね。

首にかけるだけで音が聴こえる「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」なら、こうやって人と話しながら普通に音楽が聴けるからとても快適です。デザインの打ち合わせを長時間やっているときに、無音だとテンションが上がらないから音楽をかけるんですけど、そういう場面でも使えそう。家でデザインを考えたり、集中して作業したりしているときも便利ですね。

BOSE「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」
BOSE「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」(サイトを見る

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『BOSE SOUNDWEAR NIGHT』

2018年5月30日(水)
会場:東京都 代官山 & STYLE RESTAURANT - TENOHA 代官山

商品情報

BOSE「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」
BOSE「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」

深みのあるクリアなサウンドと快適な装着感を実現するウェアラブルスピーカー。「SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER」なら、周囲の音と同じように音楽や通話を聴き取ることができます。抜群の臨場感を再現しつつ、音漏れを抑えるテクノロジーを搭載。自然でクリアな音声で通話したり、SiriやGoogleアシスタントにアクセスしたりできます。最長12時間連続再生可能。

価格:34,560円(税込)

プロフィール

菅野結以(かんの ゆい)

1987年10月6日生まれ。AB型。『LARME』(徳間書店)専属モデル。「Crayme,」「baby+A」ディレクター&デザイナー。TOKYO FM『RADIO DRAGON-NEXT-』(毎週木曜26:00~)、@FM『LiveFans』(毎週日曜25:00~)のパーソナリティーを務める。写真集『Halation』(ワニブックス)を2017年11月6日に発売した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る