コラム

ピカソ「青の時代」の代表作『海辺の母子像』下層部に新聞紙の貼付を発見

ピカソ「青の時代」の代表作『海辺の母子像』下層部に新聞紙の貼付を発見

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)

パブロ・ピカソの「青の時代」の代表作である『海辺の母子像』について新たな事実が判明した。

『海辺の母子像』を所蔵する神奈川・箱根のポーラ美術館と、アメリカのワシントン・ナショナル・ギャラリー、カナダのアートギャラリー・オブ・オンタリオとの共同調査によって、作品の下層部に新聞紙の貼付が発見された。

この調査は対象物の成分に関する情報を非破壊・非接触で取得できるハイパースペクトルイメージングスキャナーを用いて行なわれ、『海辺の母子像』の下層部にフランス語の新聞記事の反転した画像が得られた。画像からは「I'Automobile(自動車)」、「président(会長)」という単語が判読でき、フランス国立図書館の電子図書館「ガリカ」にてさらに調査をしたところ、ピカソの愛読紙であったフランスの日刊紙「ル・ジュルナル」の1902年1月18日号の新聞記事と解析画像の文字列が一致したという。

パブロ・ピカソ『海辺の母子像』1902年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館蔵 ©2018 - Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)
パブロ・ピカソ『海辺の母子像』1902年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館蔵 ©2018 - Succession Pablo Picasso - BCF(JAPAN)

新聞から判明した「1902年1月18日」の日付の持つ意味

「1902年1月18日」という日付はピカソ研究者にとって大きな意味を持つ。ピカソは「青の時代」(1901年~1904年)にパリからバルセロナに移動しているが、ピカソがバルセロナに移ったとされる時期と重なるからだ。

左:「ル・ジュルナル」紙(1902年1月18日号、 3頁)Source gallica.bnf.fr / BnF、右:赤外線ハイパースペクトル擬似色彩による新聞紙の文字の画像(反転画像)©John Delaney, National Gallery of Art, Washington
左:「ル・ジュルナル」紙(1902年1月18日号、 3頁)Source gallica.bnf.fr / BnF、右:赤外線ハイパースペクトル擬似色彩による新聞紙の文字の画像(反転画像)©John Delaney, National Gallery of Art, Washington

『海辺の母子像』の下層の絵画が、ピカソがパリにいた頃のスタイルで描かれていることから、同作はピカソがバルセロナに移る際に携えた数点の作品のうちの1点と考えられるという。またこの新聞の発見によって、同作の制作時期が1902年1月18日以降であることが確定された。

新聞紙が貼り付けられた理由については明確になっていないが、作品を描く際もしくはそれ以前に別の構図を描くために新聞紙を用いて下層の絵を覆った可能性が考えられている。

下層部に隠れた女性像の詳細な情報や、逆さに描かれたサインも

さらに今回の調査では、以前の『海辺の母子像』に関する調査で判明した、下層に隠れた絵画についてのより詳細な情報を得ることにも成功。

『海辺の母子像』X線透過画像 撮影:東京文化財研究所 Radiograph of Mother and Child by the Sea, photographed by National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo
『海辺の母子像』X線透過画像 撮影:東京文化財研究所 Radiograph of Mother and Child by the Sea, photographed by National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo

2005年のX線透過写真などの調査では、『海辺の母子像』の下層部に椅子に座る女性像の絵画が存在することが発見されていた。今回の調査ではスプーンの入ったアブサントのグラスや座る女性の姿を再確認したほか、以前の調査では確認できなかった女性が座る椅子の一部などが可視化された。

『海辺の母子像』(部分)近赤外線ハイパースペクトル主成分分析擬似色彩画像 ©John Delaney, National Gallery of Art, Washington
『海辺の母子像』(部分)近赤外線ハイパースペクトル主成分分析擬似色彩画像 ©John Delaney, National Gallery of Art, Washington

『海辺の母子像』透過X線画像と赤外線ハイパースペクトル主成分分析画像の合成画像 ©Institute for Cultural Properties, Tokyo / John Delaney, National Gallery of Art, Washington
『海辺の母子像』透過X線画像と赤外線ハイパースペクトル主成分分析画像の合成画像 ©Institute for Cultural Properties, Tokyo / John Delaney, National Gallery of Art, Washington

また『海辺の母子像』の右上の角に上下逆さに描かれたピカソのサインも確認された。2005年の調査で存在が明らかになった女性像と、『海辺の母子像』は上下が同じで、このサインだけ上下が異なることから、2005年の調査でも今回の調査でも判別できていない、もう1つの絵画が存在する可能性が推察されている。

2018年 ポーラ美術館での『海辺の母子像』調査風景
2018年 ポーラ美術館での『海辺の母子像』調査風景

『海辺の母子像』はポーラ美術館で8月中旬まで展示予定

ワシントン・ナショナル・ギャラリーのシニアイメージングサイエンティストであるジョン・デラニー博士と、ポーラ美術館は今後も共同研究を継続し、研究結果を発表していくとしている。

『海辺の母子像』はポーラ美術館で8月中旬まで展示予定。その後、9月18日から2019年1月6日までフランス・パリのオルセー美術館で開催される『ピカソ:青の時代とバラ色の時代』に出品される。

ピカソ「青の時代」の作品に関する科学調査の紹介映像。『海辺の母子像』調査担当のジョン・デラニー(ワシントン・ナショナル・ギャラリー、シニアイメージングサイエンティスト)が解説
Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される