特集 PR

ドレイク、サニーデイ、callmeらの「プレイリスト」を使う新表現

ドレイク、サニーデイ、callmeらの「プレイリスト」を使う新表現

callme『Please callme! -20152018-』
テキスト
柴那典
編集:矢島由佳子
2018/07/05

ストリーミングの普及によって起きる「マーケティングの変化」よりも大事なことがある

Spotify、Apple Music、LINE MUSICなど、日本でもいよいよストリーミングが普及のフェーズに入りつつある音楽シーン。そこで起こっているのは、単なる音楽業界のビジネスモデルの変化だけではない。音楽の届け方やパッケージングのあり方が再構築されてきている。「プレイリスト文化」の勃興が起こっている。

特にSpotifyでは、数多くのプレイリストが公開され、次々と更新されている。よくあるジャンルやカテゴリーに基づくセレクトだけではない。「集中したいとき」や「ドライブしているとき」などリスナーの状況に合わせたもの。アルゴリズムを用い、ユーザーの好みの楽曲をリコメンドするもの。メディアと連携し、チェックすべき新曲を紹介したり特集ごとにセレクトしたもの。もしくは様々なユーザーが自発的に作っているオススメ曲の一覧。それら全てがリスナーにとっての新しい音楽との出会いのきっかけになる。多くの識者が「曲を広めていくためには、プレイリストがこれまで以上に大事な役割を担う」と声を揃える。

でも、それはあくまで、マーケティングやプロモーションの話。言ってしまえば、そこまで大事なことじゃない。もっと重要なのは、それによってアーティストの表現がどう変わっていくのか。それによって、音楽自体の内実にどんな可能性が生まれるか、だ。

ドレイクが昨年発表した、重要な試みを振り返る

よく言われるように、誰もが好きな曲をピックアップして並べることができるプレイリスト文化の勃興によって「アルバムというフォーマットは解体され、意味を失う」のだろうか。

筆者は、その答えはノーだと思っている。むしろ、今起こっているのは「アルバムの再定義」だ。アーティストにとっても、自分自身の楽曲集を「アルバム」として届けるのか、「プレイリスト」として届けるのか、その選択が可能になっている。新しい音楽の届け方の可能性が生まれている。

たとえばドレイクは2017年3月に新作『More Life』を「アルバム」ではなく「プレイリスト」として発表した。プロデューサーのNineteen85は「Drakeは常に周りに目を向けているんだ。常に周りが音楽的に何をやっているかをアンテナを張っていて、新しい音楽やアーティストを世界に紹介する気持ちが強いんだ。そういう意味で『プレイリスト』と呼んでいる」(Playatuner記事より)と説明した。

おそらく当時は「アルバムじゃなくてプレイリスト」と言われても「?」と思う人がほとんどだっただろう。筆者もそうだった。しかしそこから1年と少しが経ち、Nineteen85が語っていた内容が少しずつ腑に落ちるようになってきている。ドレイクが意図した「アルバム」と「プレイリスト」の区別、両者の違いに少しずつリアリティが生まれてきている。

ドレイク『More Life』(Apple Musicはこちらから

ドレイクの意図した「プレイリスト」とは、Nineteen85が言うように「新しい音楽やアーティストを世に紹介するためにコンパイルした」ものだ。他者を紹介し、ポップミュージックの文脈を提示する。そこに自分の音楽を交わらせる。『More Life』はジャンルも地域もバラバラな音楽性の曲が集まり、多くの気鋭のアーティストがフィーチャリングされ、アフリカなど様々な地域で起こっている新しいポップミュージックの潮流が参照されていた。

これに対しての「アルバム」とは「自分の作品性を構築し提示するためにコンパイルした」もの。すなわち、楽曲の連なりによってアーティスト自身が発信するひとつのまとまった世界観やテーマ、ストーリーを表現した、従来だったら「コンセプトアルバム」と言われていた類のものだ。そこにおいては曲数の多さや分数の長さはあまり関係しない。カニエ・ウェストが新作『ye』を7曲入りの「アルバム」として発表したのもその象徴と言っていいだろう。つまり、そこにはクローズドな「アルバム」とオープンな「プレイリスト」という対称性がある。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

『Please callme! -20152018-』
callme
『Please callme! -20152018-』

2018年7月4日(水)配信
※イベント会場限定盤は2018年7月18日(水)より発売
1. Confession
2. In my dream
3. I’m alone
4. Way I am
5. Hello No Buddy
6. Precious
7. Sing along
8. My affection
9. All I need
10. It’s own way
11. Hello No Buddy(Aiobahn remix)
12. I’m alone(有機酸 remix)
13. In my dream(Chocoholic remix)

  • AppleMusicで聴く
  • プロフィール

    callme
    callme(こーるみー)

    RUUNA、MIMORI、KOUMIの3人組ガールズポップユニット。作詞作曲、ダンス振付、英語など、それぞれの得意分野を活かし楽曲やパフォーマンスをセルフプロデュースするクリエイティブユニットとして活躍。リーダーのRUUNA、ダンスを得意とするKOUMI、作曲を得意とするMIMORIの3人が一体となったクオリティーの高いダンスと、鬼才トラックメーカーRumb(残響レコードからアルバムをリリース)とコラボレーションする楽曲の創造性溢れるパフォーマンスが魅力。海外からの注目も高く、2018年7月8日にはフランスで行われる『Japan Expo』への出演が決定している。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

    何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

    1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

      東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

    2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

      常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

    3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

      異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

    4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

      在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

    5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

      お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

    6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

      シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

    7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

      カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

    8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

      「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

    9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

      「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

    10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

      ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで