コラム

ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く

ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く

テキスト
後藤美波

韓国の名匠ホン・サンスの監督作が4作連続で公開されている。

男女のままならない恋愛模様を独特の演出法と会話劇で描くホン・サンス作品。韓国国内だけでなく日本でも熱心なファンを多く生み出し、カンヌ、ベルリン、ヴェネチアの三大映画祭にたびたび招待されるなど、ヨーロッパでも高い評価を獲得している。

1996年のデビュー以来、22年で22作品を発表する多作ぶりで知られるホン・サンスだが、日本では加瀬亮が主演した2014年公開の『自由が丘で』以来、久しく作品が劇場公開されておらず、イベント上映などの限られた機会のみとなっていた。それだけにこのたびの4作品一挙上映に歓喜したファンも少なくないのでないだろうか。

上映されているのは、『正しい日 間違えた日』『それから』『夜の浜辺でひとり』、そして7月14日から公開される『クレアのカメラ』――いずれも妻子あるホン・サンスとの不倫関係を公にしているキム・ミニを主演に迎えた作品で、2人は今年の『ベルリン国際映画祭』フォーラム部門に出品された最新作『Grass(原題)』(日本未公開)でもタッグを組んでいる。

新作1作品を劇場公開するだけでなく、なぜ過去作も含むホン・サンス×キム・ミニのタッグ作4作品をまとめて日本で連続公開することになったのか。CINRA.NETでは4作品の配給・宣伝を担うクレストインターナショナルにインタビューを敢行。買い付けを担当した同社代表取締役・渡辺恵美子氏と宣伝担当の鏑木知都世氏に、今回の4作品連続上映に込めた思いや裏話を訊いた。

「これは事件だと確信した。やるなら4本まとめてやらないと意味がない」

ことの始まりは昨年の『第70回カンヌ国際映画祭』にさかのぼる。同映画祭に出品されていた『クレアのカメラ』『それから』の2作品を観賞したことがきっかけだったという。『クレアのカメラ』はコンペティション部門、『それから』はアウト・オブ・コンペティションに出品されていた。

渡辺恵美子(株式会社クレストインターナショナル代表取締役):正直言って、ホン・サンス作品はそんなに多くは見ていなかったのですが、この2作はとても新鮮に映りました。なによりキム・ミニがとても魅力的だと思ったんです。当時はすでにホン・サンスとキム・ミニの不倫関係は公になっていましたが、ふたりは映画監督と女優としても出会うべくして出会った、それは幸せな出会いだと思えました。

そこで、ふたりが初めて組んだ作品『正しい日 間違えた日』、そしてキム・ミニをベルリンの主演女優賞に輝かせた『夜の浜辺でひとり』も観てみたら、やはりこれは事件だと確信しました。

『クレアのカメラ』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
『クレアのカメラ』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

『それから』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
『それから』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

キム・ミニというミューズに出会ったホン・サンス

ホン・サンスの日本劇場未公開作品には、2016年の『あなた自身とあなたのこと』もあるが、この作品にはキム・ミニは出演していない。キム・ミニが出演している4作品を見て「やるなら4本まとめてやらないと意味がない」と思ったという渡辺氏は、ホン・サンスは日本にも熱狂的なファンがいる映画作家であることを知っていたが、自身の会社で配給するのであればこれまでとは異なる角度でアプローチしたいと考えた。

渡辺:弊社が配給するならこれまでのホン・サンスのイメージから離れてキム・ミニとの新たなステージに入ったホン・サンスを打ち出してみたいと思ったのです。ある意味“新装開店”ですね。これまでの一部の熱狂的なファンだけのものという印象を変えたいとも思いました。この4作品はホン・サンスを初めて見る人にとっては新鮮で素直に面白いと思ってもらえるのではないかと。

ホン・サンスの映画は男女の機微を描いてばかりいますが、ホン・サンスがこの4本を追うごとに、更にその核心に入り、衒いなく男女の機微を超えた人間の真実を見せた気がしたのです。それは紛れもなくキム・ミニという存在があるからでしょう。ミューズというのはこういうことか!と。スゴイことですよね。じゃあ、4本すべて配給しようと。

往年の映画監督×女優の名コンビの系譜を感じさせる『それから』

どこか情けない女好きの男性キャラクターが女性と出会って酒を飲み、酔っぱらい、語り合う、というのがホン・サンス映画の多くに共通する展開だ。起用する俳優も常連俳優が多いが、キム・ミニとの出会いはそんなホン・サンス作品にどのような変化をもたらしたのだろうか。

4作品の製作順は『正しい日 間違えた日』(2015年)、『夜の浜辺でひとり』(2017年)、『クレアのカメラ』(2017年)、『それから』(2017年)。各作品の違いや見どころを訊いてみた。

渡辺:ホン・サンス×キム・ミニの4作目となる『それから』は、キム・ミニというミューズを得て、ホン・サンスが成熟に到達した傑作といえます。主人公は情けない男で、全編に漂うそこはかとないユーモアというのはこれまでと同じですが、実生活のスキャンダルを経て、ホン・サンスが更に達観した視点に立ったような気がします。

キム・ミニとホン・サンスの関係が報道されたのは2016年のことで、2人は翌年の3月に実生活で恋愛関係にあることを認めた。2015年の作品『正しい日 間違えた日』の撮影をきっかけに出会って恋に落ちたキム・ミニとホン・サンス。2人の関係は韓国内で大バッシングを受けるも、『夜の浜辺でひとり』『クレアのカメラ』と次々に作品を撮り続けた。

『それから』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
『それから』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

『それから』ではキム・ミニ演じる出版社勤めの主人公が社長の不倫騒動に巻き込まれていく様が描かれる。

渡辺:これまでもロベルト・ロッセリーニとイングリッド・バーグマン、ゴダールとアンナ・カリーナ、小津安二郎と原節子と語り継がれる映画監督と女優の名コンビが数々の名作を世に送り出してきましたが、『それから』にはホン・サンスとキム・ミニもその系譜に連なるのではないかと思わせる名作の風格があります。特に、雪が降るシーンのキム・ミニの美しさは圧巻です。映画の至福です。是非スクリーンで堪能してほしいです。

『それから』予告編

ベルリン主演女優賞の『夜の浜辺でひとり』、初タッグ作『正しい日 間違えた日』、イザベル・ユペール出演の『クレアのカメラ』

ドイツ・ハンブルクと韓国・カンヌンという2つの海岸都市を舞台にした『夜の浜辺でひとり』では、キム・ミニが不倫スキャンダルによってキャリアを捨ててドイツに逃げてきた女優を演じている。

渡辺:『夜の浜辺でひとり』は、なんといってもキム・ミニの圧倒的な存在感です。キム・ミニは、本作で韓国人俳優初となる『ベルリン国際映画祭』の主演女優賞に輝きました。恋もキャリアも失って、ひとり遠い異国に逃げるヒロインの心情がひしひしとスクリーンから伝わってきて、特に女性には強い共感を得られる作品だと思います。

『夜の浜辺でひとり』予告編

ホン・サンスとキム・ミニの初タッグ作となる『正しい日 間違えた日』は、運命的に出会った男女がタイミングの違いによって異なる結末を迎えるまでの2つのケースを、映画の前半と後半の2つの展開で見せる。

渡辺:ホン・サンスとキム・ミニが出逢った記念碑的作品『正しい日 間違えた日』は、新感覚ラブストーリーです。これは『夜の浜辺でひとり』とは違うキム・ミニの小悪魔的可愛さにノックアウトされてください(笑)。ヒロインと恋に落ちる映画監督を演じるチョン・ジェヨンも、こんなにもチャーミングにダメ男を演じられるのは他にはいないと思わせます。恋が始まりそうで始まらない、または恋のはじまりの瞬間を目撃する楽しさに溢れた一作です。

『正しい日 間違えた日』予告編

7月14日から公開される『クレアのカメラ』は、2016年の『第69回カンヌ国際映画祭』開催時にカンヌで撮影が行なわれた。イザベル・ユペールは『エル ELLE』、キム・ミニ『お嬢さん』がそれぞれコンペティション部門に出品されていたため、カンヌを訪れており、その機会を利用したわずか数日の撮影で生まれた作品だ。

渡辺:『クレアのカメラ』は、フランスの至宝イザベル・ユペールが出演し、キム・ミニと息ピッタリのコラボレーションを見せてくれます。ユペールはポラロイドカメラを片手に、カンヌ映画祭に観光にやってくる音楽教師を演じていますが、その不思議なオーラがたまらなく面白いです。

ホン・サンスとユペールの二度目の作品になりますが、ふたりの相性の良さは抜群です。ここにもホン・サンスの人間観察の目がいきていると思います。

『クレアのカメラ』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
『クレアのカメラ』 ©2017 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

「人間ドラマの傑作『それから』、女性讃歌の決定版『夜の浜辺でひとり』、新感覚ラブストーリー『正しい日 間違えた日』、フランスの大女優ユペールとキム・ミニのライトコメディ『クレアのカメラ』」と4作品を分類する渡辺氏。「あまりホン・サンス作品だと気負わず、気分に合った作品どれか1作品でも観てほしいなと思います」と語る。

スキャンダルから生まれた視点の変化。ヒロインの描き方にも

4作品のうち、唯一『正しい日 間違えた日』だけがスキャンダル発覚前に撮影された作品だ。発覚前と発覚後でも変化は見られるのだろうか。

渡辺:ホン・サンスは人間観察の達人で、これまでもその観察眼を映画に生かしてきたと思いますが、『正しい日 間違えた日』以降は客観からより主観に入ったと言えるのではないでしょうか。スキャンダルこそがその変化を生んだわけですよね。ホン・サンスのスゴイところは、その渦中にありながら、主観的な視点と客観的な視点の両方を持ち合わせて映画に昇華していく。その主観と客観の対比が『クレアのカメラ』につながっていたのではないかと思います。

『それから』のテーマは「人生はままならぬ」。スキャンダルを通して「人生ままならないな~」と思ったのかもしれませんね(笑)。そんなことが伺えます。けれど、そうした人生すべてを肯定し、世界は美しいと思うようになったんだなと分かるシーンが『それから』にはあります。なんだか謙虚さを感じてしまいますよね。

『正しい日 間違えた日』 ©2015 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.
『正しい日 間違えた日』 ©2015 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

また渡辺氏はヒロインの描き方の違いも指摘する。

渡辺:これまでのホン・サンス映画では、女性はあくまでも男の欲望の対象が多かったと思うのですが、『正しい日 間違えた日』以降は、女性がヒロインとしてきちんと立っています。映画が女性に寄り添って、女性の気持をきちんと理解していると感じます。愛は人を謙虚にするとホン・サンス自身もインタビューで語っていますが、まさにその通りですよね。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『それから』

ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開中

監督・脚本:ホン・サンス
出演:
クォン・ヘヒョ
キム・ミニ
キム・セビョク
チョ・ユニ
上映時間:91分
配給:クレストインターナショナル

『夜の浜辺でひとり』

ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開中

監督・脚本:ホン・サンス
出演:
キム・ミニ
ソ・ヨンファ
クォン・ヘヒョ
チョン・ジェヨン
ソン・ソンミ
ムン・ソングン
上映時間:101分
配給:クレストインターナショナル

『正しい日 間違えた日』

ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開中

監督・脚本:ホン・サンス 
出演:
キム・ミニ
チョン・ジェヨン
コ・アソン
チェ・ファジョン
ソ・ヨンファ
ユン・ヨジョン
上映時間:121分
配給:クレストインターナショナル

『クレアのカメラ』

2018年7月14日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

監督・脚本:ホン・サンス
出演:
キム・ミニ
イザベル・ユペール
チャン・ミヒ
チョン・ジニョン
ユン・ヒソン
イ・ワンミン
カン・テウ
マーク・ペランソン
シャヒア・ファーミー
上映時間:69分
配給:クレストインターナショナル

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く