コラム

Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く

Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く

佐伯享介(CINRA.NET編集部)

Amazon.co.jpが音楽ライブの無料ストリーミング配信をスタート。Amazon.co.jpにとって初の取り組みとなる今回は、『ULTRA JAPAN 2018』を生中継する。『ULTRA JAPAN 2018』は本日9月15日から17日まで開催される、日本最大級のEDMフェスだ。アマゾンジャパン音楽事業部の担当者に狙いを訊いた。

なぜAmazonがライブ配信? 「来訪者の方全員に平等に楽しんでいただく機会を提供したい」

アマゾンジャパン音楽事業部ではフィジカルの音楽パッケージを販売。フィジカル販売は近年市場が縮小傾向にあり、音楽のサブスクリプションサービスもAmazonによるPrime Musicをはじめ、Spotify、Apple Musicなど、群雄割拠の時代だ。そんな中、アマゾンジャパンの担当者が「唯一市場を伸ばしている分野」として挙げたのが「フェス」である。事実、ぴあ総研の調査結果によると2017年の音楽フェス市場規模は前年比13.7%増の283億円で、動員数は前年比9.7%増の283万人となっている。

ダウンロードミュージックで個人で音楽を楽しむことが当たり前になった今、あえて会場に出向いて体感する、周りの人たちと一体となり、喜びや楽しみを共有するニーズが増えているように思います。でも、行きたくても行けない、行く勇気がない、きっかけがない等という方も多いでしょう。特に今回の『ULTRA JAPAN』は20歳未満は参加不可という年齢規制もあるため(イベント会場で酒類が提供される理由から)当然そういう方がいらっしゃいます。そこで来訪者の方全員に平等に楽しんでいただく機会を提供したい、と考え、今回の「ライブストリーミング配信」を提供することにいたしました。
『ULTRA JAPAN 2017』会場風景
『ULTRA JAPAN 2017』会場風景

Amazonが提案する新鮮なフェス体験。各種サービスもアピール

Amazon.co.jpでは特設サイトを用意。Amazon.comが運営するライブストリーミングサービス「Twitch」と共同で配信を行なう。特設サイトではAfrojackやZedd、ニーナ・クラヴィッツ、アーミン・ヴァン・ブーレン、Axwell Λ Ingrosso、DJ Snakeといった出演アーティストをピックアップしているほか、『ULTRA JAPAN 2018』を予習できるプレイリストや、歴代のコンピレーションアルバムへのリンクを設置。

ユニークなのは、アルコール類とエナジードリンクの商品ページや、商品を1時間で届けるPrime Nowへのリンクを設けていることだ。家でライブ中継を楽しみながら、ドリンクを飲んでフェス気分を味わうことができる。Amazonのサービスを活用したフェスの楽しみ方の提案は、とても新鮮だ。

『ULTRA JAPAN 2018』主な出演者ラインナップ
『ULTRA JAPAN 2018』主な出演者ラインナップ

今回の配信の楽しみ方についてアマゾンジャパンの担当者は、『ULTRA JAPAN』を初めて知って興味を持った人にスマートフォンなどでも気軽に視聴してもらい、友人や家族と「FireTV」で見てもらう、そしてフェスを楽しむことをシェアし、「来年は行ってみよう」というアクションに繋がることを期待しているという。また、都合が悪く会場に行けなかった人にもフェスを楽しんでほしいという想いもあるとのこと。

『ULTRA JAPAN 2017』会場風景
『ULTRA JAPAN 2017』会場風景

今後もライブ配信を予定。「新しいライフスタイルを提案したい」

ライブイベントのオフィシャル配信は今後も検討しており、これからの展開については、「具体的にはお伝えできない」としつつも、野外フェスなどを配信したいとお答えいただいた。音楽以外のイベント配信については「検討します」とのこと。

最後にアマゾンジャパンの担当者は、今回の取り組みついて以下のようにまとめた。

AmazonはECサイト(通販)ではありますが、お客様に新しいライフスタイルをご提案したいと考えております。 音楽事業部では、CDを売るだけではなく、さらに「体感する」「一緒に楽しむ」「発見」を提供できるような新しいエンターテイメントを創出できればと考えています。

Amazon.co.jpという巨大なサービスがライブ配信に乗り出したインパクトは大きい。今後の展開に期待したい。

『ULTRA JAPAN』は今年で5周年。世界各地で開催されている『ULTRA』はライブ配信に積極的で、『ULTRA JAPAN』はAmazon.co.jp、Twitchのほか、YouTube、LINE LIVEなどでも配信される予定だ。

Page 1

イベント情報

『ULTRA JAPAN 2018』

2018年9月15日(土)~9月17日(月・祝)
会場:東京都 お台場 TOKYO ODAIBA ULTRA PARK
出演:
9月15日出演
Axwell Λ Ingrosso
Galantis
オリバー・ヘルデンス
ジョナス・ブルー
John Digweed B2B Nicole Moudaber
Popof
Butch
9月16日出演
DJ Snake
アーミン・ヴァン・ブーレン
スティーヴ・アンジェロ
ニッキー・ロメロ
スヴェン・フェイト
Jackmaster
Nastia
9月17日出演
Zedd
Afrojack
ニーナ・クラヴィッツ
Tchami×Malaa: No Redemption
カール・クレイグ
Cash Cas
Eats Everything
REGIONAL SUPPORT
and more
料金:3日券42,000円 2日券29,000円 1日券15,000円 VIP1日券30,000円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業