コラム

竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)

竹内結子が女性を救う「異色のリーガルヒロイン」に

フジテレビ系「木曜劇場」の新ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』が、1月10日からスタートする。映画化もされた『ストロベリーナイト』以来、約7年ぶりにフジテレビ系の連続ドラマで主演を果たす竹内結子が弁護士を演じるリーガルドラマだ。

リーガルドラマは、昨年も『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』や『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』が高い視聴率を記録し、「月9」でも『SUITS/スーツ』が放送されるなど安定した人気を誇るジャンルである。ただし『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』で竹内演じる主人公・氷見江の主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。彼女は危機管理専門の弁護士で、これまでに社会的窮地に陥ったクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターなのだ。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』予告編

氷見は情報操作の技術に長けたスピンドクター。「危機にある女性の最後の砦」という信念を持つ。『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』では女性を救うためなら手段を選ばず、逆境にも屈しない氷見が、政治、芸能、スポーツなど様々な業界のスキャンダルに対峙し、逃げ場を失った女性たちを救うべく奔走する様が描かれる。

フジテレビ編成部の加藤達也は、番組の放送発表時に次のようなコメントを寄せている。原作ものではないオリジナルストーリーで描かれる「異色のリーガルヒロイン像」に期待が募る。

「平成という時代が終わり、新しい時代が始まろうとするタイミングに、竹内さん演じる氷見江といった登場人物たちがとにかくキラキラして、自由で、楽しそうで、シャレていて、大胆で、ユーモアがあり、痛快に世の中と渡り合って、女性を救っていく。新しい時代を表すような、かっこいい女性たちの姿を描きたいと思いました。人生には大なり小なりさまざまなトラブルが降りかかると思います。そんな、どこか閉塞感や生きにくさを感じる女性の背中を押して行くような、明るく楽しく、人生を肯定していくドラマにしていきたいと思います」

水川あさみ、バカリズムら法律事務所の同僚たちもクセ者揃い

氷見と共に依頼に立ち向かう法律事務所の面々にも個性的なキャラクターが揃う。

水川あさみ演じる与田知恵は氷見の右腕的な存在で、氷見と同じく危機管理を専門にする弁護士。本作のキャラクター監修も務めるバカリズムは、仕事は部下に丸投げする無責任な上司でありながら時に周囲をハッとさせる鋭い言葉を放つ副所長の鈴木太郎役を演じる。

さらに危機管理を専門にする駆け出しの弁護士・藤枝修二役に中川大志、事務所に事務員として勤務する一方で高度なハッキング技術を持ち、時には氷見に協力する謎多き人物・真野聖子役に斉藤由貴がキャスティングされている。

水川あさみはキャスト発表時に「いわゆる弁護士ドラマの裁判シーンやお堅い台詞などは出てこない新しいタイプのドラマだと思います。それぞれの人物像もユニークで、役者陣も個性的なので、本番はキャラがぶつかり合ったりしています(笑)」と述べている。竹内結子、水川あさみ、中川大志、バカリズム、斉藤由貴のチーム5人の掛け合いも見どころの1つとなる。

演出は星野源やPerfumeのPV手掛ける関和亮。山岸聖太も参加

本作のメイン演出を手掛けるのは関和亮監督。これまでにPerfume、星野源、乃木坂46、ASIAN KUNG-FU GENERATION、サカナクションなど数多くのミュージシャンのPVを手掛けており、本作で初めてプライム帯の連続ドラマの演出を務める。

関監督は2015年に放送されたスペシャルドラマ『かもしれない女優たち』でも竹内結子とタッグを組んでいる。『かもしれない女優たち』の脚本はバカリズムが手掛けており、こちらも再タッグとなる。斬新なアイデアで見る者を驚かせてきた関監督の映像世界に注目したい。

関和亮が監督を務めた星野源“アイデア”PV。“恋”などのPVも手掛けている

Perfume“TOKYO GIRL”PV。関和亮はPerfumeの多数のPVで監督を務めている

さらに演出陣には関監督と同様に多くの音楽PVを手掛けてきた山岸聖太も名を連ねる。星野源、KANA-BOON、乃木坂46などのPVで知られる山岸監督は昨年12月に放送終了したテレビ東京のドラマ『忘却のサチコ』でも演出を担当した。

主題歌はYUKIの新曲。ソイルの劇伴が華を添える

また映像スタッフだけでなく、音楽もおさえておきたい。主題歌を歌うのはYUKI。連続ドラマの主題歌は2013年の『スターマン・この星の恋』以来となり、新曲で物語を彩る。

主題歌を歌うYUKI
主題歌を歌うYUKI

劇伴にはSOIL&"PIMP"SESSIONSが参加。関監督からの指名を受けて起用されたという彼らは、メインテーマを含む7曲をドラマのために書き下ろした。SOIL&"PIMP"SESSIONSがこれまでに劇伴を手掛けた作品としては、『連続ドラマW ふたがしら』『ハロー張りネズミ』などがあるが、本作の音楽は「女性を主人公にした現代劇」であることを意識して制作されたという。

SOIL&PIMPSESSIONSはメインテーマを含む7曲を書き下ろし
SOIL&PIMPSESSIONSはメインテーマを含む7曲を書き下ろし

そしてオープニングテーマは昨年から本格的に音楽活動をスタートした新人シンガーソングライターのmiletによる“inside you”。同曲は3月にリリースされる彼女のデビューEPの表題曲になっている。miletはフジテレビ系で1月14日から放送されるドラマ『JOKER×FACE』でもメインテーマとエンディングテーマを担当する。

新人シンガーソングライターのmiletがオープニングテーマに起用
新人シンガーソングライターのmiletがオープニングテーマに起用

ドラマファンだけでなく音楽ファンにとっても見どころの多い『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』。放送は1月10日22:00からスタートする。15分拡大での放送となる第1話は、国民的アイドルグループにまつわるトラブルが題材となり、馬場ふみか、中村ゆりか、秋山ゆずき、伊原六花がアイドルグループのメンバー役でゲスト出演する。

Page 1

番組情報

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

2019年1月10日(木)から毎週木曜22:00~フジテレビ系で放送
脚本:倉光泰子、三浦駿斗
演出:関和亮、横尾初喜、山岸聖太、戸塚寛人
主題歌:YUKI
オープニングテーマ:milet
音楽:SOIL&"PIMP"SESSIONS
出演:
竹内結子
水川あさみ
中川大志
泉里香
バカリズム
斉藤由貴
ほか

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会