コラム

『リトル・マーメイド』主演に黒人俳優起用で賛否。背景や意義を考察する

『リトル・マーメイド』主演に黒人俳優起用で賛否。背景や意義を考察する

テキスト
小野寺系
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)
メイン画像:実写版『リトル・マーメイド』でアリエル役にキャスティングされたハリー・ベイリー(ディズニー・オフィシャルファンクラブのウェブサイトより)

最近、映画作品における黒人女性のキャスティングについて物議を醸すケースが立て続けに起きた。2019年の『グラミー賞』新人賞にもノミネートされた歌手ハリー・ベイリーが、実写版『リトル・マーメイド』で主役の人魚アリエルを演じるという話題と、『007』シリーズ次回作で、007のコードネームを名乗る人物の役を、英国人俳優のラシャーナ・リンチが演じるのではという噂である。

このようなキャスティングには、どのような意図があるのだろうか。ここでは、そのような決定に至る様々な背景や実例を紹介しながら、それらをどう受け止めるのかについて考えていきたい。

「ディズニー第二次黄金期」の起点となった『リトル・マーメイド』の実写版キャスティングに賛否

近年、ディズニーの実写製作を担当する「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」では、過去のディズニー長編アニメーション作品を基にした実写リメイク作品を次々に製作している。最近、満を持して新しく実写リメイクの製作が発表されたのは、ちょうど公開から30周年を迎えた『リトル・マーメイド』(1989年)である。この作品は、もともとウォルト・ディズニーの死後、低迷していたディズニーアニメーションが復活する原動力となり、「ディズニー第二次黄金期」の起点となった長編アニメーションだ。

多くのファンに期待されていた企画だったが、白人のように見えるアリエルの役にアフリカ系アメリカ人の歌手ハリー・ベイリーが選ばれたことが発表されると、ネット上で賛否の声が巻き起こった。SNSでは、その決定に賞賛の声が挙がる一方で、“#NotMyAriel”(私のアリエルじゃない)というハッシュタグが作られ、不満をつづる多くの人々のメッセージが拡散されていった。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズはなぜこのような選択をしたのだろうか。

ハリー・ベイリーと姉のクロイとのR&Bユニット「Chloe x Halle」のTwitterより

「おとぎ話」の古い価値観と、進歩的な価値観がせめぎ合うディズニー映画

その複雑な背景には、『リトル・マーメイド』も属する「ディズニープリンセス」と呼ばれる王族などの女性キャラクターが登場する作品群がもたらす事情が影響しているものと思われる。

「ディズニー第二次黄金期」の人気に大きく貢献したのは『美女と野獣』(1991年)のベルや、『アラジン』(1992年)のジャスミンなど、プリンセスの魅力に負うところも大きい。この流れは「ディズニールネサンス」とも呼ばれるように、ディズニーの長編アニメーションの原点となる『白雪姫』(1937年)から続く、古いおとぎ話の世界観をベースとした価値観である。

とはいえ、王族のような特権的な階級の人物を主人公、もしくはそのパートナーとして描き、「Ever After…(そして永遠に……)」で結ばれるラストを迎える物語というのは、現代においては保守的な内容だといえよう。ディズニーの近年の作品は、『ズートピア』(2016年)に代表されるように現代風で進歩的な価値観を描くことが増えてきてもいるが、同時に、このような古い価値観が下支えしている部分もあるのだ。

2013年公開の『アナと雪の女王』。日本では興行収入約255億円、観客動員約2000万人を記録 ©Disney
2013年公開の『アナと雪の女王』。日本では興行収入約255億円、観客動員約2000万人を記録 ©Disney

そのことを最も分かりやすく表しているのが、『アナと雪の女王』(2013年)であろう。そこでは、王族の物語を描きつつ、同時にその細部では従来のおとぎ話の定型を批判するような内容をとり入れてもいる。そう、保守的な価値観と進歩的な価値観。これら二つがせめぎあっているのがディズニー映画なのだ。

ディズニー映画のリメイクに求められる、社会的な進歩性

このような対立構造が存在するなか、アニメーション版『リトル・マーメイド』は、人魚と人間という、種を超えた恋愛を描くという意味での進歩性が存在するものの、女性の側が一方的にリスクをとることになる展開や、一方が自分の世界から離れなければならないという構図が、婚姻制度における古い側面を追認しかねないような危うさが存在するのもたしかである。

これをただ実写化するというのは、現在のディズニー映画のバランスではあり得ない。実写版『アラジン』(2019年)において、女性の権利を強調したシーンを追加したように、再映画化に意義を与えるには、元の作品の要素に、社会的な進歩性を加えるということが必須になるのである。アリエルを白人以外の俳優に演じさせるという発想は、その試みの一部であるはずだ。都合のいいことに、人魚は架空の存在であり、その肌が何色であるかについては、とくに歴史的な裏付けを用意することはなく、ディズニー公式サイトの紹介においても、「アリエルは、海の王国を治めるトリトン王の末娘で、美しい容姿と歌声を持ち、好奇心や冒険心にあふれています」と記されているだけで、とくに人種の指定があるわけではない。

『リトル・マーメイド』のアリエルはディズニープリンセスのなかでも高い人気を誇る

白人の主人公をアフリカ系の主人公に変更した過去の実例は、過去のディズニー作品に存在する。アニメーション『プリンセスと魔法のキス』(2009年)では、原作の設定を変更、舞台を1920年代のニューオリンズとし、主人公の人種もアフリカ系となった。それによって、初めてディズニープリンセスにアフリカ系の人種が加わることになったのだ。それはアメリカのアフリカ系の子どもたちにとって大きな意味があったはずである。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている