コラム

『リトル・マーメイド』主演に黒人俳優起用で賛否。背景や意義を考察する

『リトル・マーメイド』主演に黒人俳優起用で賛否。背景や意義を考察する

テキスト
小野寺系
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)
メイン画像:実写版『リトル・マーメイド』でアリエル役にキャスティングされたハリー・ベイリー(ディズニー・オフィシャルファンクラブのウェブサイトより)

最近、映画作品における黒人女性のキャスティングについて物議を醸すケースが立て続けに起きた。2019年の『グラミー賞』新人賞にもノミネートされた歌手ハリー・ベイリーが、実写版『リトル・マーメイド』で主役の人魚アリエルを演じるという話題と、『007』シリーズ次回作で、007のコードネームを名乗る人物の役を、英国人俳優のラシャーナ・リンチが演じるのではという噂である。

このようなキャスティングには、どのような意図があるのだろうか。ここでは、そのような決定に至る様々な背景や実例を紹介しながら、それらをどう受け止めるのかについて考えていきたい。

「ディズニー第二次黄金期」の起点となった『リトル・マーメイド』の実写版キャスティングに賛否

近年、ディズニーの実写製作を担当する「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」では、過去のディズニー長編アニメーション作品を基にした実写リメイク作品を次々に製作している。最近、満を持して新しく実写リメイクの製作が発表されたのは、ちょうど公開から30周年を迎えた『リトル・マーメイド』(1989年)である。この作品は、もともとウォルト・ディズニーの死後、低迷していたディズニーアニメーションが復活する原動力となり、「ディズニー第二次黄金期」の起点となった長編アニメーションだ。

多くのファンに期待されていた企画だったが、白人のように見えるアリエルの役にアフリカ系アメリカ人の歌手ハリー・ベイリーが選ばれたことが発表されると、ネット上で賛否の声が巻き起こった。SNSでは、その決定に賞賛の声が挙がる一方で、“#NotMyAriel”(私のアリエルじゃない)というハッシュタグが作られ、不満をつづる多くの人々のメッセージが拡散されていった。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズはなぜこのような選択をしたのだろうか。

ハリー・ベイリーと姉のクロイとのR&Bユニット「Chloe x Halle」のTwitterより

「おとぎ話」の古い価値観と、進歩的な価値観がせめぎ合うディズニー映画

その複雑な背景には、『リトル・マーメイド』も属する「ディズニープリンセス」と呼ばれる王族などの女性キャラクターが登場する作品群がもたらす事情が影響しているものと思われる。

「ディズニー第二次黄金期」の人気に大きく貢献したのは『美女と野獣』(1991年)のベルや、『アラジン』(1992年)のジャスミンなど、プリンセスの魅力に負うところも大きい。この流れは「ディズニールネサンス」とも呼ばれるように、ディズニーの長編アニメーションの原点となる『白雪姫』(1937年)から続く、古いおとぎ話の世界観をベースとした価値観である。

とはいえ、王族のような特権的な階級の人物を主人公、もしくはそのパートナーとして描き、「Ever After…(そして永遠に……)」で結ばれるラストを迎える物語というのは、現代においては保守的な内容だといえよう。ディズニーの近年の作品は、『ズートピア』(2016年)に代表されるように現代風で進歩的な価値観を描くことが増えてきてもいるが、同時に、このような古い価値観が下支えしている部分もあるのだ。

2013年公開の『アナと雪の女王』。日本では興行収入約255億円、観客動員約2000万人を記録 ©Disney
2013年公開の『アナと雪の女王』。日本では興行収入約255億円、観客動員約2000万人を記録 ©Disney

そのことを最も分かりやすく表しているのが、『アナと雪の女王』(2013年)であろう。そこでは、王族の物語を描きつつ、同時にその細部では従来のおとぎ話の定型を批判するような内容をとり入れてもいる。そう、保守的な価値観と進歩的な価値観。これら二つがせめぎあっているのがディズニー映画なのだ。

ディズニー映画のリメイクに求められる、社会的な進歩性

このような対立構造が存在するなか、アニメーション版『リトル・マーメイド』は、人魚と人間という、種を超えた恋愛を描くという意味での進歩性が存在するものの、女性の側が一方的にリスクをとることになる展開や、一方が自分の世界から離れなければならないという構図が、婚姻制度における古い側面を追認しかねないような危うさが存在するのもたしかである。

これをただ実写化するというのは、現在のディズニー映画のバランスではあり得ない。実写版『アラジン』(2019年)において、女性の権利を強調したシーンを追加したように、再映画化に意義を与えるには、元の作品の要素に、社会的な進歩性を加えるということが必須になるのである。アリエルを白人以外の俳優に演じさせるという発想は、その試みの一部であるはずだ。都合のいいことに、人魚は架空の存在であり、その肌が何色であるかについては、とくに歴史的な裏付けを用意することはなく、ディズニー公式サイトの紹介においても、「アリエルは、海の王国を治めるトリトン王の末娘で、美しい容姿と歌声を持ち、好奇心や冒険心にあふれています」と記されているだけで、とくに人種の指定があるわけではない。

『リトル・マーメイド』のアリエルはディズニープリンセスのなかでも高い人気を誇る

白人の主人公をアフリカ系の主人公に変更した過去の実例は、過去のディズニー作品に存在する。アニメーション『プリンセスと魔法のキス』(2009年)では、原作の設定を変更、舞台を1920年代のニューオリンズとし、主人公の人種もアフリカ系となった。それによって、初めてディズニープリンセスにアフリカ系の人種が加わることになったのだ。それはアメリカのアフリカ系の子どもたちにとって大きな意味があったはずである。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る