コラム

『ダークナイト』ジョーカーの純粋さが問う善悪と正義の危うさ

『ダークナイト』ジョーカーの純粋さが問う善悪と正義の危うさ

テキスト
小野寺系
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)
(メイン画像:『ダークナイト』 ©Warner Bros. Entertainment Inc.)

「純粋なカオス」であろうとするジョーカーの圧倒的存在感

いくつも存在するバットマン映画のなかで、人気の高いクリストファー・ノーラン監督による『ダークナイト』三部作。その中でさらに圧倒的に評価されている作品といえば、宿敵ジョーカーとバットマンの戦いが描かれる、2008年公開の2作目『ダークナイト』である。

本作が支持を集める最大の理由は、ジョーカーの圧倒的な存在感にあるといえよう。映画やテレビドラマ、アニメやゲーム作品において、ジャック・ニコルソンやマーク・ハミルなど、様々な俳優がジョーカー役を演じているが、ヒース・レジャー版は、裂けた口や乱雑で剥げかけたメイク、振り乱した髪の毛、疲弊しているように見えながら切迫した態度でいることなど、その鬼気迫る印象は、コミック風の悪役キャラクターを演じているというより、生(なま)の人間のリアリティを感じさせる。くわえて、ヒース・レジャーが映画の完成を待たずして急死した事実も、この役柄にさらなる影を落としているといえるだろう。

本作でジョーカーは、自身が語るように純粋なカオス(混沌)であろうとしている。命をかけてまでバットマンや警察、果てはマフィアなどの善悪全方位をおちょくり、苦心して手に入れた札束の山を躊躇なく燃やしてしまう。決まった目的がないからこそ、その神出鬼没な行動は読みがたく、バットマンや警察は常に先手をとられ、ついには最悪の事態が起きてしまう……。

クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』は9月28日にフジテレビ「土曜プレミアム」で地上波放送予定

9.11以降、ブッシュ政権下のアメリカの「正義」を問う

内容を追っていくと、ジョーカーには目的がないとはいえ、実はテーマのなかでは「人々の真の姿を暴き出す」という役割があるということが、次第に分かってくる。本作には、ゴッサム・シティを守るふたりの正義のヒーローが登場する。クリスチャン・ベール演じるバットマンと、アーロン・エッカート演じるハービー・デント地方検事だ。高潔な姿勢によって悪を駆逐しようと奮闘するデントの姿を見て、正義とはいいながら不法な自警活動によって悪と戦っていたバットマンは引退を考えるようになる。

だがジョーカーの出現は、このふたりの「正義」を危ういものにしていく。街を救うはずのバットマンは他国まで出向いて戦闘を行ない、密かに街の全域に住む人々を最新のレーダーで監視するという違法な手段に出るし、ハービー・デントもまた、事件関係者を私的に尋問し、銃を向けて脅すという、おそろしい行動に出てしまう。

映画『ダークナイト』予告編

これは、製作当時のアメリカの状況を映し出す風刺でもある。9.11テロ事件以降、アメリカ政府は他国に軍事攻撃を行ない、CIAがテロ容疑者を拷問したという疑惑が持たれたり、軍の兵士が捕虜を虐待する事件が起こった。そして、ブッシュ政権下で国民のメールや電話などを監視するというのも、実際に起こったことである。だから本作は、そんなアメリカの狂態をバットマンやハービー・デントというかたちに置き換えて描いた、アメリカの是非を問う映画として見ることもできる。

ジョーカーはたしかに狂っているのに違いない。だが、コウモリのコスチュームに身を包み、夜な夜な悪人を成敗していくバットマンもまた、正常である保証はない。そしてここで新たに出現するのは、ものごとのふたつの面を象徴するような、狂気にさいなまれていったキャラクターであるハービー・デントだ。市民にとってもバットマンにとっても「正義」の象徴であった人間が、個人的な理由によりその行動を変えていく光景は、人々の善悪の判断基準に本質的な問いを投げかける。正義か悪か、正常か異常か。アメリカの「正義」がそうであるように、それは見る人物の立場や角度によって異なってしまうものだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

番組情報

『土曜プレミアム・映画「ダークナイト」』

2019年9月28日(土)21:00〜23:30にフジテレビ系で放送
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン
原案:クリストファー・ノーラン、デヴィッド・S・ゴイヤー
出演:
クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
ヒース・レジャー
ゲイリー・オールドマン
アーロン・エッカート
マギー・ギレンホール
モーガン・フリーマン

作品情報

『ジョーカー』

2019年10月4日(金)から全国公開
監督:トッド・フィリップス
脚本:トッド・フィリップス、スコット・シルバー
出演:
ホアキン・フェニックス
ロバート・デ・ニーロ
ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開