コラム

韓国映画のヒットの変遷。『シュリ』から『パラサイト』まで

韓国映画のヒットの変遷。『シュリ』から『パラサイト』まで

テキスト
西森路代
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

昨年ポン・ジュノ監督の『パラサイト』が『カンヌ国際映画祭』のパルムドールを受賞し、続いて今年2月に発表された『アカデミー賞』で作品賞を含む4部門を受賞した。そのことで、韓国映画が言語の壁を超えて世界で認められるに至った背景に注目が集まった。

そんなとき、よく見かけたのは「韓国は国内市場が小さいから、海外に観客を求めているのだ」という主張である。果たしてそれは本当なのだろうか。本稿では、1997年のIMF危機(韓国通貨危機)以降の映画の中で、韓国国内で500万人以上(韓国の人口の約10分の1にあたる)の動員を記録した作品を中心に、韓国における国産ヒット映画の変遷を見ていきたい(以降、動員数は1万人以下切り捨て表示とする)。

(メイン画像:『パラサイト』 ©2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED)

『シュリ』のヒット。『猟奇的な彼女』や『友へ チング』などが生まれた2000年前後

多額の製作費がかけられたブロックバスター級の韓国映画でまず思い出すのは、韓国の情報部員と北朝鮮の工作員の男女の悲恋を描いた1999年の作品『シュリ』だろう。韓国で600万人を動員し、日本でも18億円の興行収入を記録した。その後も、サスペンススリラー『カル』(1999年)やソン・ガンホ出演、パク・チャヌク監督の『JSA』(2001年)などが次々と制作され、多くの観客数を動員。このときのスター俳優と言えば、ハン・ソッキュやイ・ヨンエ、キム・ユンジン、イ・ビョンホンなどであった。

現在、韓国では総人口の5分の1にあたる1000万人を動員する映画が年に数本生まれているが、2000年前後は状況が違った。さきほどの『シュリ』は600万人。これは当時としては異例の大ヒットで、その後、『猟奇的な彼女』(2001年)、『友へ チング』(2001年)、『シルミド』(2003年)、そして『パラサイト』のポン・ジュノ監督作『殺人の追憶』(2003年)など1000万人には届かずとも500万人クラスのヒット作が出てくるようになった。

クァク・ジェヨン監督『猟奇的な彼女』(2001年)

ポン・ジュノ監督『殺人の追憶』(2003年)

2004年前後、韓流ブームとの関わり。『私の頭の中の消しゴム』は日本で大ヒット

2004年前後から中国や日本では韓流ブームが盛り上がるが、意外なことに、韓国国内の映画の人気と韓流ブームは直結していたとは言いがたい。韓国映画にもブームとリンクした韓流スターの人気を見込んだ作品も多くはなるが、韓国国内での大ヒット作品はなかなか生まれにくかった。この頃は500万人以上のヒット作も、『家門の危機』(2005年)や『マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ』(2005年)などのシリーズもの、『カンナさん大成功です!』(2006年)などの日本の原作ものが数本という状態であった。2006年に公開されたポン・ジュノ監督の『グエムル-漢江の怪物-』は1000万人以上の動員を記録しているものの、こうした映画が多かったわけではない。当時の韓国映画には、大きなヒットには至らない良作がある一方で、流行りの韓流ドラマの世界観で作られた映画も多く、それが必ずしも国内でヒットに結びつくわけではなかった。

また、当時「韓流スター」として国外で人気を博した俳優が出演したもので、チャン・ドンゴンやウォンビンの出演した『ブラザーフッド』(2004年)、イ・ジュンギ主演の『王の男』(2005年)など1000万人を超える大ヒット作もあるにはあったが、その他の韓流スターが国内でヒット作を生み出せるかというとなかなか難しかった。例えば、当時大人気のペ・ヨンジュンが主演を務めた『スキャンダル』(2003年)は韓国国内ではまずまずのヒットとなったが、『四月の雪』(2005年)はホ・ジノ監督らしいラブストーリーながら韓国国内では苦戦した。もっとも、『四月の雪』は日本では韓国以上の動員を記録したため、日本の観客に向けて作った企画と見れば成功と言えるだろう。

ペ・ヨンジュン主演『スキャンダル』、2018年に日本公開されたデジタルリマスター版ビジュアル ©2003 BOM FILM PRODUCTION CO,. LTD. ALL RIGHTS RESEVED.
ペ・ヨンジュン主演『スキャンダル』、2018年に日本公開されたデジタルリマスター版ビジュアル ©2003 BOM FILM PRODUCTION CO,. LTD. ALL RIGHTS RESEVED.

この『四月の雪』は、『私の頭の中の消しゴム』(2004年)に抜かれるまで、日本における韓国映画の歴代興行収入ランキング1位を誇っていた(これがさらに今年『パラサイト』に抜かれることになる)。『私の頭の中の消しゴム』は、韓国国内では当時としては年間上位のヒット作ではあるが、200万人台の動員にとどまっていた。『四月の雪』や『私の頭の中の消しゴム』のように、韓国よりも日本市場に受ける作品が存在していたのは、韓流ブームの当時ならではの現象だろう。

実は韓国では恋愛映画のヒット作は少ない。K-POPを中心とした第二次韓流ブームの2010年前後には、アイドルの人気を見込んだ作品やラブコメなども作られていたが、大ヒットするというところまではいかず、「韓流」の人気に依存した映画は次第に少なくなっていく。もっとも、K-POPスターは現在、人気を当て込んでキャスティングされるのではなく、その役にふさわしいからという理由で韓国映画には欠かせない存在となっている実情もあることを加えておきたい。

『私の頭の中の消しゴム』。日本で公開された韓国映画としては、『パラサイト』に抜かれるまで長らく歴代興行収入1位だった

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』