特集 PR

King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

King Gnu常田が語る、ロマンと人生観 妻夫木聡が「大人」を問う

サッポロ生ビール黒ラベルCM
テキスト
天野史彬
編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

「音楽をこの時代にやっているということは、ロマンを追っていなきゃできない」――King Gnu常田大希がサッポロ生ビール黒ラベルのCMに登場

サッポロ生ビール黒ラベルのCMシリーズ「大人エレベーター」。2010年にスタートし今年10周年を迎えるこのCMは、「大人を旅する不思議なエレベーター」に乗り込んだ俳優・妻夫木聡が、各階で自分の生き方を持つ大人たちと出会い、対話する人気シリーズ。エレベーターの階数は登場する人物の年齢を表しているが、今回、その「大人エレベーター」の27階に、King Gnuやmillennium paradeなどで活動する音楽家の常田大希が登場、妻夫木からの問いに常田が答えた全10パターンのCMの放送がスタートすることとなった。

妻夫木聡が常田大希に、「たった1曲で人生は変わると思いますか?」と問う。サッポロ生ビール黒ラベルCM『「大人エレベーター」 27歳 たった1曲で篇』を見る(サイトを見る

常田大希(つねた だいき)<br>あらゆるカルチャーを呑み込む若き日本人アーティスト。ロックバンド・King Gnu、主宰プロジェクト・millennium parade、クリエイティブブレーベル「PERIMETRON」などでの活動で知られる。2019年1月にKing Gnuのメジャーデビューアルバム『Sympa』をリリースし、同年末には『第70回NHK紅白歌合戦』に出場。2020年1月には2ndアルバム『CEREMONY』をリリースした。
常田大希(つねた だいき)
あらゆるカルチャーを呑み込む若き日本人アーティスト。ロックバンド・King Gnu、主宰プロジェクト・millennium parade、クリエイティブブレーベル「PERIMETRON」などでの活動で知られる。2019年1月にKing Gnuのメジャーデビューアルバム『Sympa』をリリースし、同年末には『第70回NHK紅白歌合戦』に出場。2020年1月には2ndアルバム『CEREMONY』をリリースした。

このCMを見て、「常田大希は、どんな場所に行っても、常田大希なのだなあ」と、まず思った。どこか無骨な、それでいて上品さも帯びた佇まい。相手の顔を見るときの、目を細める仕草。瞬間的に見せる、恥ずかしそうな笑顔。本人は喋ることを得意とは思っていなさそうだが、それゆえか、じっくりと吟味して言葉を選び、置いていくような喋り口調。ぼそぼそとした口調でもあるが、選び取られた言葉は明瞭で、ストンと、耳に入ってくる。

常田大希

私は2度ほど取材の現場で対面したことがあるだけだが、私自身が実際に体感したことのある、常田大希が纏う静けさ、穏やかな物腰、その固有の色気のようなものは、なにも変わらず、このCMからもダイレクトに伝わってくる。

テレビだろうがなんだろうが、どこにいても、この男は、この男。ただただ、リアル。この10本のCMから浮かび上がってくるのは、無駄な装飾のない、ひとりの男としての常田大希の姿だ。このCMがテレビで流れるたびに、彼の言葉を聞こうと、いろんな家庭の、いろんなお茶の間にいる人々が耳を澄ます様子が目に浮かぶ。

常田大希

常田:音楽をこの時代にやっているということは、ロマンを追っていなきゃできない。

妻夫木との対話においてそう語る常田大希は、「熱狂を奏でる音楽家」とCMのなかで語られている。もっともな表現だと思う。

サッポロ生ビール黒ラベルCM『「大人エレベーター」 27歳 自分では最高篇』を見る(サイトを見る

2018年、“Flash!!!”と“Prayer X”が世に出る頃に私が初めて常田に単独インタビューをしたとき、彼はこんなふうに語った。

常田:King Gnuに関しては、「ポップスを作る」ということに特化していると思います。社会との結びつき、時代とのリンク……そういうものがないと、ポップミュージックは意味をなさないし、面白くないと思うので。(中略)10代の頃は、もっと崇高なものを目指していたんです。時代とは関係のない、普遍的な美しさやかっこよさを目指すタイプの人間だった。でも、考えを突き詰めていって思ったのは、結局、時代性を纏ってない音楽が大衆的な熱狂を生むのは不可能なんだ、ということだったんですよね。
(「King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内」より)
Page 1
次へ

オンエア情報

サッポロ生ビール黒ラベルCM「大人エレベーター」第35弾

2020年3月28日(土)より放映

プロフィール

常田大希(つねた だいき)

あらゆるカルチャーを呑み込む若き日本人アーティスト。ロックバンド・King Gnu、主宰プロジェクト・millennium parade、クリエイティブレーベル「PERIMETRON」などでの活動で知られる。東京藝術大学にて西洋音楽を学んだのちに、アメリカで行われている『SXSW2017』や、『FUJI ROCK FESTIVAL』『GREENROOM FESTIVAL』『Mutek』など国内外多数のフェスに出演し頭角を現わす。映画やドラマの音楽監督、adidas、New Balance×Chari Co、Beams、Numéro×Emporio Armaniなどへのファッションフィルムの楽曲提供、アメリカ版『Pokemon』、『血界戦線』といったアニメーション作品への参加など、活動は多岐に渡る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催