コラム

中国版プデュ『青春有你2』が問う、「ガールズグループ」の枠組み

中国版プデュ『青春有你2』が問う、「ガールズグループ」の枠組み

テキスト
松本友也
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

さながら異能バトル? 中国版『プデュ』に感じたカルチャーショック

「これは本当に自分の知っている『PRODUCE 101』(プデュ)シリーズなのか?」というのが、今年3月にスタートした中国のアイドルサバイバルオーディション番組『青春有你2』の第1話、恒例のレベル分けテストを見始めたときの率直な感想だ。

本家韓国の『プデュ』シリーズにはつきものだったシリアスな緊張感が会場から一切感じられず、『フリースタイルダンジョン』ばりに野次と歓声と笑い声が飛び交う様子に思わず面食らってしまった。

自分の知っている『プデュ』のレベル分けテストは、集まった100人超の訓練生が事務所ごとに披露するパフォーマンスをメンターがチェックし、AからFまでのレベルに振り分けていく、番組の最初の関門だ。また訓練生は自分たち自身も観客となり、他の訓練生がメンターに容赦なくジャッジを下される様子を固唾を呑んで見守る。見ているこちらも緊張で胃が痛くなるようなステージのはずなのだ。

しかし『青春有你2』のレベル分けテストはというと、まずパフォーマンスが自由すぎる上に、全力で観客を沸かせにきている。中国舞踊にゴリゴリのラップ、ギターの弾き語りにレトロ歌謡──完全に少年漫画の異能バトルトーナメントの様相を呈しているうえ、どれもアイドルを目指す者たちによる「一芸」のレベルじゃないほどにスキルフルなのだ。

レトロなサウンドにユーモラスなパフォーマンスでメンターや他の訓練生を沸かす

それを見守る客席の訓練生たちも、オーディエンスとしてひたすらに盛り上がる。審査する側のメンターさえも、良いステージを披露した訓練生に対し「他にもなにか見せてもらえる?」と催促し、客席に向かって「誰か彼女に挑戦する人いないの?」と煽ってみせる。あまりの自由奔放ぶりにカルチャーショックを感じ、一人では抱えきれなくなりそうになってK-POPファンの友人に「今すぐ見てくれ」と連絡してしまったほどだった。

『青春有你2』は2020年3月から5月まで中国の大手動画サイト「iQIYI」で配信された。日本からもアプリで視聴可能
『青春有你2』は2020年3月から5月まで中国の大手動画サイト「iQIYI」で配信された。日本からもアプリで視聴可能

ステージへの渇望から、多様なスタイルがオーディションに集う

もともとこの番組を見始めたきっかけは、事前の参加者一覧でパンツスタイルにショートカットのボーイッシュな訓練生や、さらにはマニッシュなベリーショート、アフロヘアーの訓練生まで参加しているのを知り、興味を惹かれたからだった。そのときは本当に失礼ながら、それらのスタイルの訓練生は一種の「キャラ付け」だと勝手に思い込んでいた。

しかし実際には、彼女たちはその見かけ上の個性だけではない、確かなバックグラウンドや実力をもっていて、自分なりの確信をもって自身のスタイルを選択していた。そこでようやく、『青春有你2』は歴代『プデュ』シリーズにおいても本当にチャレンジングな試みなのかもしれないと気付いた。

参加者全員で踊るテーマソング“Yes! OK!”。制服風の衣装だがパンツスタイルの者もスカートの者もいる

と同時に疑問に思ったのは、なぜそんな多様なバックグラウンドを持つ訓練生が、わざわざ「ガールズグループ」のオーディションに参加しているのかということだ。

筆者はこれまで、ほとんど中国のアイドルシーンについて知らなかった。訓練生たちのコメントや、書籍などで調べた情報を総合する限り、その背景には、韓国ほどには成熟しきっていない中国のアイドル市場特有の事情があるらしい。中国において、多数のアイドルが所属する大きな芸能事務所が誕生したのはここ10年ほどのこと。K-POPのシステムを踏襲したアイドルが登場したのもここ数年ほどのことだという(小山ひとみ『中国新世代 チャイナ・ニュージェネレーション』、スモール出版、2019年)。

前作『青春有你』からデビューしたボーイズグループUNINE

アイドルに憧れる若者や、歌やダンスでステージに立ちたい若者の多さと比べて、表舞台に上がれる機会が十分でない状況がある。だからこそ、さまざまなジャンルで活動してきた若者が異分野である「ガールズグループ」のオーディションに集まってくるという事情があるのかもしれない。

「デビューできるかどうかに関係なく、このオーディションでパフォーマンスをすれば多くの人に見てもらえる」と訓練生は語る。彼女たちにとって、『青春有你2』はデビューを賭けた闘いである以前に、やっと勝ち取った「表舞台」なのである。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』