コラム

中国版プデュ『青春有你2』が問う、「ガールズグループ」の枠組み

中国版プデュ『青春有你2』が問う、「ガールズグループ」の枠組み

テキスト
松本友也
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

さながら異能バトル? 中国版『プデュ』に感じたカルチャーショック

「これは本当に自分の知っている『PRODUCE 101』(プデュ)シリーズなのか?」というのが、今年3月にスタートした中国のアイドルサバイバルオーディション番組『青春有你2』の第1話、恒例のレベル分けテストを見始めたときの率直な感想だ。

本家韓国の『プデュ』シリーズにはつきものだったシリアスな緊張感が会場から一切感じられず、『フリースタイルダンジョン』ばりに野次と歓声と笑い声が飛び交う様子に思わず面食らってしまった。

自分の知っている『プデュ』のレベル分けテストは、集まった100人超の訓練生が事務所ごとに披露するパフォーマンスをメンターがチェックし、AからFまでのレベルに振り分けていく、番組の最初の関門だ。また訓練生は自分たち自身も観客となり、他の訓練生がメンターに容赦なくジャッジを下される様子を固唾を呑んで見守る。見ているこちらも緊張で胃が痛くなるようなステージのはずなのだ。

しかし『青春有你2』のレベル分けテストはというと、まずパフォーマンスが自由すぎる上に、全力で観客を沸かせにきている。中国舞踊にゴリゴリのラップ、ギターの弾き語りにレトロ歌謡──完全に少年漫画の異能バトルトーナメントの様相を呈しているうえ、どれもアイドルを目指す者たちによる「一芸」のレベルじゃないほどにスキルフルなのだ。

レトロなサウンドにユーモラスなパフォーマンスでメンターや他の訓練生を沸かす

それを見守る客席の訓練生たちも、オーディエンスとしてひたすらに盛り上がる。審査する側のメンターさえも、良いステージを披露した訓練生に対し「他にもなにか見せてもらえる?」と催促し、客席に向かって「誰か彼女に挑戦する人いないの?」と煽ってみせる。あまりの自由奔放ぶりにカルチャーショックを感じ、一人では抱えきれなくなりそうになってK-POPファンの友人に「今すぐ見てくれ」と連絡してしまったほどだった。

『青春有你2』は2020年3月から5月まで中国の大手動画サイト「iQIYI」で配信された。日本からもアプリで視聴可能
『青春有你2』は2020年3月から5月まで中国の大手動画サイト「iQIYI」で配信された。日本からもアプリで視聴可能

ステージへの渇望から、多様なスタイルがオーディションに集う

もともとこの番組を見始めたきっかけは、事前の参加者一覧でパンツスタイルにショートカットのボーイッシュな訓練生や、さらにはマニッシュなベリーショート、アフロヘアーの訓練生まで参加しているのを知り、興味を惹かれたからだった。そのときは本当に失礼ながら、それらのスタイルの訓練生は一種の「キャラ付け」だと勝手に思い込んでいた。

しかし実際には、彼女たちはその見かけ上の個性だけではない、確かなバックグラウンドや実力をもっていて、自分なりの確信をもって自身のスタイルを選択していた。そこでようやく、『青春有你2』は歴代『プデュ』シリーズにおいても本当にチャレンジングな試みなのかもしれないと気付いた。

参加者全員で踊るテーマソング“Yes! OK!”。制服風の衣装だがパンツスタイルの者もスカートの者もいる

と同時に疑問に思ったのは、なぜそんな多様なバックグラウンドを持つ訓練生が、わざわざ「ガールズグループ」のオーディションに参加しているのかということだ。

筆者はこれまで、ほとんど中国のアイドルシーンについて知らなかった。訓練生たちのコメントや、書籍などで調べた情報を総合する限り、その背景には、韓国ほどには成熟しきっていない中国のアイドル市場特有の事情があるらしい。中国において、多数のアイドルが所属する大きな芸能事務所が誕生したのはここ10年ほどのこと。K-POPのシステムを踏襲したアイドルが登場したのもここ数年ほどのことだという(小山ひとみ『中国新世代 チャイナ・ニュージェネレーション』、スモール出版、2019年)。

前作『青春有你』からデビューしたボーイズグループUNINE

アイドルに憧れる若者や、歌やダンスでステージに立ちたい若者の多さと比べて、表舞台に上がれる機会が十分でない状況がある。だからこそ、さまざまなジャンルで活動してきた若者が異分野である「ガールズグループ」のオーディションに集まってくるという事情があるのかもしれない。

「デビューできるかどうかに関係なく、このオーディションでパフォーマンスをすれば多くの人に見てもらえる」と訓練生は語る。彼女たちにとって、『青春有你2』はデビューを賭けた闘いである以前に、やっと勝ち取った「表舞台」なのである。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる