コラム

『TENET』考察。「知っている / 知らない」は等しく孤立への道

『TENET』考察。「知っている / 知らない」は等しく孤立への道

テキスト
島貫泰介
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

クリストファー・ノーランの作品には、人間が孤立してしまうことへの屈折した美学がある。

例えば『メメント』(2000年)では、10分しか記憶を保てない男が、過去の自分の行動を忘れてしまっているがために永久に満たされない妻殺しの犯人への復讐に衝き動かされ続ける。あるいは『インターステラー』(2014年)では、人類滅亡を打開する策を見つけるべく外宇宙へと旅立つ父と、地球でその帰還を待つ娘のドラマを軸とするが、冒頭で起きた超常現象がじつは量子世界に辿り着いた父からのメッセージだと判明する。それによって滅亡は免れたものの、再会した娘は父よりも遥かに年老いてしまっている。『TENET』同様のスパイ映画である『インセプション』(2010年)にしても、多重構造の夢の世界から帰還した主人公が本当に現実の世界に戻って来れたのかを曖昧にしたまま終わる。

こうしたノーランの孤立へのオブセッションは物語にのみ見られるわけではない。『メメント』『インセプション』あるいはDCコミックを映画化した「ダークナイト」三部作(2005~2012年)でも、主人公は犯罪や自警といった非合法・インフォーマルな活動に関わっている。あるいは現代文明が崩壊しつつある『インターステラー』や、第二次世界大戦という例外状態を舞台とする『ダンケルク』(2017年)のように、一般的な法や倫理から個人や世界全体が疎外され孤立した状況を一貫して彼は題材にし続けてきたのだ。

※本記事は映画本編の内容に関する記述を含みます。あらかじめご了承下さい。

© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

未来と現実。「知る」ことと「知らない」ことは何を意味するのか。ノーランが描き続ける「虚無」への憧れ

では、コロナ禍を経てようやく公開された『TENET』(2020年)はどうだろうか。CIAエージェントの名もなき男「主人公(The Protagonist)」は、プルトニウム回収作戦を偽装した「テスト」によって社会的に抹殺されることで、時間の順行と逆行を巡る物語に関わることになる。幽霊的存在となった彼が加わる「TENET」は遥か未来で結成された秘密組織だというが、「What happened is what happened(起きたことは、起きたこと)」=過去も未来もすべてはあらかじめ決定されていて変化しない、変化したようであってもそう見えるだけ……という運命論的な時間の仕組みを名もなき男が理解していくと、この映画内で描かれたシナリオ自体が、じつは未来の自分が描いたものであることが明かされる。

「いま」「ここ」の渦中にある名もなき男は、「知らない」ことによって驚きや興奮を得られるが、いずれすべてを「知って」しまうことになる未来の自分自身にとっては、この視覚面・音響面の両方で過剰にめまぐるしく、複雑きわまりない『TENET』の物語ですら、ほとんど静止した、ひどく退屈なものに見えるだろう。

『メメント』の主人公が「無知」であり続けることで内向きに孤立していくとすれば、『TENET』の名もなき男は「知る」ことで外に向かって孤立している。名もなき男が母子を遠くから寂しげに見送るラストシーンは、彼がこれから先もあらゆる事象から疎外され、孤立し続けるであろうことを冷酷に示唆する。

映画『TENET テネット』予告

それは名もなき男に先んじて時間の仕組みを知ってしまった悪役セイターの狂気じみた世界への絶望・諦念にも通じている。「知る」ことも「知らない」ことも、等しく孤立することである以上、そのバランスが保たれるギリギリの境界線上で正気を保ちつつ、いずれ訪れる自分と世界の死を待つ。劇中で何度も自分の脈拍を確認し、決定的に逸脱(孤立)しないことに執着するセイターは、名もなき男にやがて訪れる虚無的な未来の姿なのかもしれない。

しかし、そのような屈折した人間性や人生のありようこそ、ノーランが惹かれ続けてきたものだ。『ダンケルク』における極限状況としての戦争。『ダークナイト』(2008年)や『ダークナイト・ライジング』(2012年)で描かれた人間性の臨界。『インターステラー』における文明の終焉、そして『インセプション』や『TENET』における、崩壊し無意味化する時間。彼が多様な終末ばかりを描いてきたのは決して偶然ではないはずだ。

© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『TENET テネット』
『TENET テネット』

2020年9月18日(金)から全国公開中

監督・脚本:クリストファー・ノーラン
出演:
ジョン・デイビッド・ワシントン
ロバート・パティンソン
エリザベス・デビッキ
ディンプル・カパディア
アーロン・テイラー=ジョンソン
クレマンス・ポエジー
マイケル・ケイン
ケネス・ブラナー
配給:ワーナー・ブラザース映画

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催