コラム

『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

テキスト
黒田隆憲
原雅明
リードテキスト・編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

(メイン画像:『暗やみの色』オープニング映像より(演出:西郡勲))

「見えるもの、見えないもの」をコンセプトにしたプラネタリウム作品『暗やみの色』。2005年に初上映がなされた本作は、音楽を担当したレイ・ハラカミの没後10年を機に、2021年6月末からリバイバル上映が日本科学未来館で行われている(上映は7月25日まで)。

7月3日、四度目となる今回の上映にあたって、『暗やみの色』に当時書き下ろしの詩『闇は光の母』を提供した谷川俊太郎、作品のナレーションと詩の朗読を担当したクラムボンの原田郁子、企画プロデューサーである森田菜絵によるトークセッションが実施された。そこで谷川俊太郎は以下のように語った。

「一緒に仕事をする仲間が次々と消えていく……それが心もとない。でもいなくなった人は、普通にその場にいてくれる人よりも存在が濃くなるところがある」(谷川俊太郎)
トークイベント『「暗やみの色」から生まれることば』より

『暗やみの色』のコンセプト、私たちがレイ・ハラカミという稀代の音楽家を失って10年の時が経つこと、そして谷川俊太郎という詩人の生きてきた時間……さまざまなことをひっくるめたこの言葉を前に、私はいま自分が『暗やみの色』という作品に向き合ったことの意味を考えさせられた。少しばかりの時間が過ぎたが、未だ答えは見つからない。

「見えるもの」と「見えないもの」……2021年を生きる私たちに、この作品はどんなものを見せようとしているのだろう。

DOMMUNEの宇川直宏の言葉を借りるなら−−Google Earthが世界中の路地裏を可視化したように、あるいはTwitterが見知らぬ隣人のひとりごとをネット空間に浮かび上がらせたように、2005年当時と比べて、2021年のいま、「目に見えるもの」は確実に増えている。一方で「目に見えない」ものはどうだろうか。

「社会生活の中では、歳を取るほど『見えないモノ、理解出来ないモノ=存在しないモノ』という価値観でしか生きていけない、と勝手に思わされるフシがどうしてもあるわけで、実際にその方が楽だったりする」(レイ・ハラカミ)
『「暗やみの色」公式ガイドブック』(2006年)より

レイ・ハラカミは『暗やみの色』というプラネタリウム作品に対して当時このような言葉を残していた。たとえばダークマターは未だに目には見えないし、人の心の痛みや愛のようなものだって、肉眼で捉えることができるようになったわけではない。「目に見えない」という事実のみで存在そのものを否定することはできなし、ハラカミが指摘するような「見えないモノ、理解出来ないモノ=存在しないモノ」としてしまう世界を生きるということは、とても恐ろしいことのような気がする。

それに目に見えないものの存在を最初から否定してしまう生き方はなんだか味気ない。音楽だって、朗読される詩だって、肉眼では捉えることはできない。しかしそのエネルギーは空気の振動以上の何かをはらみ、確実に「存在」している。そうした目に見えない何かによって、私たちの生は支えられ、(矛盾したような表現だが)彩られているのかもしれない。

ずいぶん前置きが長くなってしまったが、本稿は2005年と2021年に『暗やみの色』を鑑賞した黒田隆憲によるコラムと、レイ・ハラカミ『暗やみの色』におけるアンビエント性というテーマで原雅明が執筆したテキストによって構成されている。

この序文の締めに「2021年の鑑賞者が『暗やみの色』に触れて社会生活や日常生活に持ち帰れる感覚があるとしたら、どんなものだと思いますか?」という編集部からの質問に対する森田菜絵の回答を引用し、2人のテキストに繋げたいと思う。

「2021年現在の社会は、『闇は光の母』の詩が書かれた当時より、さらに闇が深く、複雑になっているという言い方もできると思います。そういう社会状況のなかで、宇宙や科学技術のロマンを感じられるような体験がどういう意味をもつのか……そんなに楽観的なまま受け取れないという方もきっといるでしょう。

ただあえて言えば、ハラカミさんが当時『この世界を見限ってしまうのか、希望を持つかは、結局その人次第なのですから。生きてれば、こんなにロマンの溢れる仕事に参加出来たりする事もあるのだな、と改めて思えました』と書いてくださったように、誰かにとっては新しい支えになるかもしれないと期待しています」(森田菜絵)

森田菜絵へのメールインタビューより

Page 1
次へ

イベント情報

『リバイバル上映「暗やみの色」』

2021年6月26日(土)~7月25日(日)
会場:東京都 お台場 日本科学未来館 6階 ドームシアター

定員:各回61名
料金:一般940円、18歳以下310円、未就学児100円
※6月26日(土)~7月4日(日)は土日のみ16:30より上映
※7月10日(土)~12日(月)と7月14日(水)~25日(日)は毎日16:30より上映
※要事前予約

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察